女性が
自分らしく生きるための
コミュニティ
”Le petit parfait”

フランスが生んだ女性哲学者
ボーヴォワールを読みながら

あなたらしい
自分を見つけてみませんか?



Le ptit parfaitとは?
ル・プティ・パルフェとは、エゴイスティックな自分らしさではなくて
「身の丈にあった自分らしさ」のことを意味します。
毎月1回、合計5回行われる会を通してそれぞれの自分らしさを見つけて行きます。

最終回にはグッと本来性を取り戻したあなたが待っています。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール

1908年パリに生まれる。ブルジョワの家庭に生まれる。
1922年カトリック信者であったが、信仰を捨てる。1929年哲学の大学教授資格試験に合格。ソロボンヌ大学で知り合ったジャン=ポール・サルトルと2年間の契約結婚をする
サルトと共に教員をしながら作家活動をする。作品の内容は自分や、母のことを元にその時代の女性に耐えられた環境、権利など問題提起となるものであった。1949年『第二の性』のなかで有名な言葉を残す。「人は女に生まれるのではなく、女になるのだ」この本はアメリカで起こるウーマンリブのきっかけとなったと言っても過言ではない。彼女は常に自分の幸せに向かって生きる試みをしていた。まだまだ女性の地位、権利が低かった戦前、戦後の中「女性」がどうしていくと自分の幸せを自らの手で掴み取れるのかの提案を哲学者、作家として社会に提示してくれた人である。

ファシリテーター



大竹稽
教育者・哲学者。『超訳モンテーニュ』編訳者。 1970年愛知県生まれ 旭丘高校から東京大学理科三類に入学。五年後、医学に疑問を感じ退学する。その後、大手予備校で授業をしながら作文指導塾を始める。三十代後半で、ある避け得ない問題に直面し、再度、東大大学院に入学する。そこでフランス思想を研究した。専門テーマは、モンテーニュ、パスカル、実存の哲学者たち、構造主義の思想家たち。大学院退学後は建長寺・妙心寺などの禅僧と共に「お寺での哲学教室」や「お寺での作文教室」を開いている。

編著書
『超訳モンテーニュ』
『読書感想文書き方ドリル(2014年から毎年)』
など
杉本ゆみ
作家、出版プロデューサー ジュエリーコーディネイター 東京都大田区生まれ 大学卒業後、テレビ局勤務を経て結婚退社、二児の母に。 妊娠を機にベネッセの「たまごクラブ」、出産後は「ひよこクラブ」のママ記者として執筆。 マタニティライフ、子育てに関する記事を、約2年間20冊に執筆。 無料レポートサイトで恋愛論を書きまくり、人気ランキングの1~5位を独占したことから、文章が得意だったことを思い出す。 子供の不登校・引きこもりを機に、気軽に出版できそうな電子書籍で一冊の本を出版、アマゾンキンドルの家庭医学部門で1位を獲得。 人との出会い、人間観察が好きなことから、人の思いや体験を一冊の本に仕上げることへ魅力を感じ、電子書籍コンサルタントとして独立。 手がけてきた書籍は、イタリアン料理のシェフ、フォトグラファー、人材派遣会社の重役、カウンセラー、ビジネスマン、専業主婦など。 著者が言いたいことの裏、奥底に眠っている別の気持ちを引き出すことを得意とする。 紙とは違う読書体験を世の中に広めていきたい。
長谷川ゆき
英会話講師・フランス式ライフコンサルタント
熊本生まれ 中1小3男子ママ
中学1年生フワンソワーズ・サガン『悲しみよこんちは』仏文学に興味をもち、高校でフェミニズムを知る。短大の2年間はフェミニスト、哲学について研究に没頭。短期フランス留学中は大好きだったサガンを読む。2004年 フランス語専攻の短大を卒業。母との関係やいじめなどから、生きることがずっと苦しかった日々を救ったものはフランス哲学、女性の生き方でっあった。何をほんとうにしたいの?と真剣に考え直し、2007年より英会話講師として活動開始2015年よりコーチング開始その後、自宅英語教室運営をしながら、大人の女性へ向けて、「自分を生きること」「自分ビジネスに本気取り組む」に向けての講座を展開中。

日仏女性研究学会の運営員、六本木ヒルズ、中学校等での講演活動も行っている。

著書『輝くその日のために-C’est ma vie 』





長谷川ゆき
英会話講師・フランス式ライフコンサルタント
熊本生まれ 中1小3男子ママ
中学1年生フワンソワーズ・サガン『悲しみよこんちは』仏文学に興味をもち、高校でフェミニズムを知る。短大の2年間はフェミニスト、哲学について研究に没頭。短期フランス留学中は大好きだったサガンを読む。2004年 フランス語専攻の短大を卒業。母との関係やいじめなどから、生きることがずっと苦しかった日々を救ったものはフランス哲学、女性の生き方でっあった。何をほんとうにしたいの?と真剣に考え直し、2007年より英会話講師として活動開始2015年よりコーチング開始その後、自宅英語教室運営をしながら、大人の女性へ向けて、「自分を生きること」「自分ビジネスに本気取り組む」に向けての講座を展開中。

日仏女性研究学会の運営員、六本木ヒルズ、中学校等での講演活動も行っている。

著書『輝くその日のために-C’est ma vie 』






スケジュール


  1. 2/9  (日) 
  2. 3/8  (日) 
  3. 4/5  (日) 
  4. 5/10(日) 
  5. 6/14(日) 

    全5回
    時間はいずれも2時から4時

参加費


5回分 10000円
5回で1つのブログラムが完結となるので、5回通しでの参加がおすすめです。

各回ごとの参加も可能です。
1回2000円

キャンセルポリシー

会場

金地院
東京タワー正面

日比谷線神谷駅より徒歩8分