ドラッグストアの薬剤師求人特集
給料や待遇、他の薬剤師求人との違いやおすすめ求人など

薬剤師の仕事には病院・クリニック、調剤薬局、ドラッグストアがあり、それぞれが異なる業務となっており、どこに勤めたたら正解なのか分からない方も多いでしょうか。

そんな中、今回は薬剤師に人気のドラッグストアについて細かくご紹介いたします!

ドラッグストアの薬剤師の仕事内容とは?

ドラッグストアの薬剤師の仕事は、医療用に準じた「要指導医薬品」や「第一類医薬品」といった服薬に注意が必要な医薬品について、来店したお客様に薬の説明や服薬指導をおこないます。

しかし実際の業務は、医薬品以外の取り扱い商品の販売・管理が大きなウェイトを占めます。

ドラッグストアの店舗では、一般医薬品(以下、OTC)だけでなく、日用品や健康食品・サプリメント・化粧品など、生活に関するあらゆる商品を扱っています。

そのため、「レジ打ち」「お客様対応」などをおこないますので、接客業としての仕事の要素が強くなります。

また、商品の陳列、レイアウト作成などの業務も含まれるため、業務は多岐にわたります。

ドラッグストアの薬剤師の給料・待遇

ドラッグストアは一般的に病院、調剤薬局に比べて給料が高いと言われています。

もちろん、会社、地域などによって異なりますが、転職サイトの求人を見ると一般薬剤師の給与は30~40万円、年収では450~600万円という案件が多く見られます。

福利厚生に関しては、ドラッグストアの運営元は大企業であることが多く、人材確保のためにも福利厚生を手厚くしている傾向にあります。

たとえば、産休育休制度が充実している職場が多くあります。

ほかにも、社員割引、介護休暇、長期休暇制度、住宅手当、借り上げ社宅などが用意されていたり、退職金の積立がある職場であれば、長く働きたい人におすすめです。

ただし、待遇面は企業ごとに差があるため、十分に確認しておくことが必要です。

他の薬剤師の職場と比べて給料は高い?待遇は良い?

ドラッグストアで働く薬剤師は、病院や調剤薬局で働く薬剤師と比較して年収が高いです。

平均年収を比較してみましょう。

【業種別】薬剤師の平均年収を比較

5大都市を有する都道府県(北海道・東京・大阪・愛知・福岡)と、その他エリアに分けて調査を行ったところ、ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は都市部エリアで542.2万円、その他エリアで556.3万円でした。都市部エリアよりその他エリアの方が高年収なのは、病院や薬局の少ない地域では薬剤師の需要が高くなるからです。


平均年収額
ドラッグストア 都市部エリア:542.2万円
その他エリア:556.3万円
調剤薬局 都市部エリア:507.1万円
その他エリア:522.1万円
病院 都市部エリア:467.2万円
その他エリア:490.8万円
企業(製薬会社、医薬品卸、治験関連) 都市部エリア:504.8万円
その他エリア:532万円
病院 都市部エリア:467.2万円
その他エリア:490.8万円
調剤薬局、病院、企業に勤める薬剤師の年収と比較したとき、ドラッグストアで働く薬剤師はより年収が高いことがわかります。

年収が高い理由として、ドラッグストアの薬剤師は調剤業務以外にも様々な業務を担うこと、夜間や土日にも営業する店舗が多く勤務時間が長くなりやすいことなどが挙げられます。

ドラッグストアの求人動向

ドラッグストア業界では、多くの転職エージェントが明確に薬剤師の売り手市場と感じているようです。

売り手市場の理由としては、調剤併設型や24時間調剤対応の店舗拡大に対して、薬剤師の人材確保が追い付いていないということがあげられます。

ただし、OTC業務については薬剤師の需要が減っています。

かつてはOTC業務のほか「レジ打ちや品出しなどの資格外業務はやりたくない」とドラッグストア業界を敬遠する薬剤師の声もありましたが、近年では調剤業務および第1類医薬品の販売という有資格者としての需要が高まっています。

薬剤師の売り手市場が続くドラッグストア業界では、年収を含む条件交渉がスムーズに進みやすく、好条件を追求したい薬剤師にとって有力な選択肢となりそうです。

ドラッグストアの求人数は薬剤師業界で多い?少ない?

ヤクマッチのWEBから検索可能な登録求人件数は、大手のマイナビ薬剤師や薬キャリ薬剤師とほぼ同等の50000件台でした。

取り扱っている数は多いに越したことはありません。

ヤクマッチ求人数の内訳

薬剤師の総求人件数 56,952件
調剤薬局の求人件数 39,751件
病院・クリニックの求人件数 1,280件
ドラッグストア(OTCのみ) 8,071件
ドラッグストア(OTC兼調剤併設)求人件数 7,850件
病院・クリニックの求人件数 1,280件

コロナによってドラッグストアの求人数は減った?転職市場への影響は?

新型コロナウイルスの影響は景気面にも及んでおり、職種や業態によっては失業や倒産が出始めているのも事実です。

薬局においても軽疾患患者様の来局が減り、特に花粉症患者様が多かった薬局においては売り上げの目減りが大きいと言われております。

薬局に限らず企業の経営状態が悪化するともろに影響を受けるのは雇用情勢になります。

売り上げが立たないなら経費として人件費を削る、という考えにならざるを得ない状況にあります。

例に漏れず新型コロナウイルスの影響を受けて薬剤師の転職市場も大きく変化しております。

今回は直近で大きく変化した薬剤師転職市場について3つに分けてお伝えしたいと思います。

パート求人の減少傾向

特に子育て世代に人気のある日中だけのパート求人は充足傾向でなかなか見つかりにくくなっています。

またフルパート求人も減少傾向にあります。

フルパートならば正社員になってしっかり勤務してほしい、と考える企業が多いように見受けられます。

“夕方~、土日曜祭日も出勤可” であれば、平均より高時給での募集は続いています。

派遣も減少傾向

コロナの影響で“処方箋枚数がかなり減っている” “パートさんの出勤時間を減らしている”というような状態で派遣募集を休止される企業様が多くなっています。

コロナの終息時期は予想ができませんので、派遣求人はしばらく先まで不安定な状態が続くと考えられます。

正社員は慎重姿勢

大手企業は新卒採用で各店とも充足傾向、中小企業では採用に慎重になっている傾向がみられます。

採用担当者に話を聞くと以前は急に人がいなくなった時のために人員を少し多めに確保しておこうと考える場面もありましたが、コロナの影響で利益が減っているので、今は“退職者が出た時のみ採用する“”面接を決める時も応募してくる方のスキルをしっかり見極める”とのお話で正社員の求人も増加する要因は見られません。

また、以前のような破格な高額求人は一定の地方を除き出にくくなっています。

以上、新型コロナウイルスの影響も含めた直近の薬剤師転職市場についてまとめてみました。キーポイントは下記4点になります。

  • コロナの影響で医療業界全体が赤字傾向
  • 薬剤師の転職事情は厳しくなっている
  • 転職するときは、条件重視<スキル重視
  • 将来を見据えて考える “コミュニケーション能力“ “在宅経験”を鍛えよう

今後、暫くの間は不景気が続くと予想されます。先にもお伝えした通り、経営状態の悪化は雇用に直接的に影響します。

必要とされる薬剤師になれるか、不要と思われる薬剤師になってしまうかは、皆さんが今市場が求めているスキルを身につけられているかが大切です。

良いドラッグストア求人を探すなら、転職エージェント活用がおすすめ!

ヤクマッチ

薬剤師は誰でもできる仕事ではなく、国家資格を取得した限られた方のみ働ける仕事です。

そのため、ヤクマッチは現場を良く知る方にサポートを受けたい方、豊富な情報提供を受けたい方、これまでの不満を解消し希望を叶える転職をしたい方におすすめの転職サイトです。

◆ヤクマッチを利用するメリット

  • 薬剤師免許を持つスタッフによる手厚いサポート
  • 薬局、現場薬剤師、実務実習生の立場からの細やかな情報提供が受けられる

◆ヤクマッチを利用するデメリット

  • なし

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は「年収の条件が良い職場で働きたい」「なるべく早く転職活動を終えたい」と考えている人におすすめの転職サイトです。

◆リクナビ薬剤師を利用するメリット

  • 好条件の求人が多いため、条件の良い職場への転職がしやすい
  • 短期での転職を可能にするサポート体制が整っている
  • 大手企業とのつながりが強く、転職に有利

◆リクナビ薬剤師を利用するデメリット

  • 派遣の求人がない
  • コンサルタントからの電話が多い

転職エージェントをフル活用すれば良いドラッグストア求人は見つかる!

どの職場でも、薬剤師の求人ニーズはあります。しかし、人気の高い求人や理想的な条件で転職することは、決して簡単なことではありません。

そこで薬剤師の転職をサポートするのが、転職エージェントです。転職エージェントを利用する薬剤師は、ここ数年で増加傾向にあるからです。

転職エージェントを利用するメリットは、2つあります。まず、キャリアアップや収入アップなど、自分が求める求人をマッチングするサービス、そして、転職活動の手続きが無料で行えるサービスです。

転職エージェントを活用することで、効率的な転職活動を成功させることが出来ます。

このような転職エージェントの利用ニーズの高まりに応じて、薬剤師に特化した求人サイトも増えているため、ドラッグストアの薬剤師の求人動向に注視しながら活動してみてください!