なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

パパ・ママのための子ども写真教室

「今しかない子どもの表情を写真におさめたい。」
Family Photo Clubは、そんなパパ・ママのための子ども写真教室です。
子ども写真の撮影技術を学べば、
子育てがもっと楽しく幸せになりますよ。

イキイキとした写真を残すことは
その子が歓迎されてこの世に産まれてきたこと、
愛情をもって育てられてきた証になります。

Family Photo Clubとは

「幸せな子供の成長」がテーマの子ども写真教室

愛おしいわが子の今しかない表情を写真に撮りたいと思いませんか?
Family Photo Clubは、幸せな子どもの成長を願うパパのためのオンライン写真教室です。
日本トップクラスの実績を誇る写真専門学校で指導経験のあるプロカメラマンが、子どもの人生を美しく彩る幸せな子ども写真の撮り方を伝授します!
ぜひ一度受講してみませんか?

カメラのある子育てはこんなに幸せ!

美しい人生に美しい写真体験を。

豊かな表現力でお子様の思い出をより美しく残せます

一眼レフで撮影
スマートフォンで撮影
スマートフォンで撮影

近年スマートフォンのカメラ機能が向上し、いつでも気軽に撮影ができるようになりました。 とはいえ、スマートフォンに内蔵されたイメージセンサ(撮像素子)のサイズは一眼レフカメラの数十分の一程度と小さく、カメラ同等の画質や表現力を実現することは、実は技術的にも、コスト的もとても難しいのが現状です。

また、スマートフォンは一眼レフカメラのようにカメラに入ってくる光の量を調整やシャッタースピードを自在に操作することができないため、どうしても写真表現力が限定されてしまいます。

愛しいお子さんの今しかない可愛い表情をより美しく、イキイキと表現したいのであれば、一眼レフカメラに挑戦してみましょう。

Family Photo Clubなら、カメラ・レンズの選定の仕方、多様なフォトテックニック、季節やライフイベントに応じたフォトアイデアなど子ども写真撮影に特化した独自プログラムで、カメラ初心者の方でもお子様の素敵な写真が撮れるようになりますよ。

フォトスタジオで撮れない特別な思い出を残すことができます

自宅撮影
フォトスタジオ撮影
フォトスタジオ撮影

百日祝いや七五三には、ファーマルにフォトスタジオでプロカメラマンに撮影してもらう方も多いですよね。

でも、一眼レフカメラで上手に撮影するコツさえ覚えてしまえば、フォトスタジオでは撮れない自由な発想の写真を撮ることだってできますよ。

例えば、普段使っているオモチャや着ている服などを一緒に撮影すれば、お子様が大きくなっても、「あっ!この子よくこのオモチャで遊んでいたな!」 なんて思い出すことができます。

そんな色褪せない日々の思い出をリアルで美しく残したいのであれば、Family Photo Clubに参加してみませんか?

Family Photo Clubは、一眼レフカメラでの多様なフォトテックニックに加えて、季節や百日祝い、七五三、入園・入学、卒業式などライフイベントごとに豊富なフォトアイデアや撮影テクニックをご紹介しています。また、メンバー限定のコミュニティサイトで、他のメンバーの方の写真を観ることができるので、構図や写真アイデアの参考になります。

いつも愛情をもって子どもに接しているパパ・ママだからこそ撮れる特別な写真を残してみましょう!

お子様に愛情をもって育てられてきた証を残すことができます

たくさん撮った写真をクラウドで保存したり、SNSにアップしたり、写真の楽しみ方は様々ありますが、せっかく一眼レフカメラできれいな撮影する技術を学んだら、お気に入りの写真をピックアップして、フォトブックを作成するのも楽しいですね。

Family Photo Clubでは、撮影した写真の簡単なレタッチやフォトブックの作成を学ぶことができます。

フォトブックは、お子様が大きくなった時に、自分がいかに歓迎されて産まれてきたか、いかに愛情をもって育てられてきたかが伝わる最高のギフトになります。

Family Photo Club

子ども写真に特化した独自のレッスンプログラム

レッスンの内容

レッスン 概要
一眼レフカメラの使い方と適正露出

「今日からカメラはしまわない」をスローガンに一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを日常的に使うための姿勢作りを身につけます。
しまっても小さなカメラバックに入れて常にリビングに置いておきましょう。
子育てをしながらの日常生活の中で一眼レフカメラなど大きなカメラを取り出して撮影することは実に重労働です。
スマートフォンのカメラも使いつつ、本域のシーンでは一眼レフカメラで撮るというスタイルを身につけます。
実技もすこしやりましょう。
適正露出(適正な明るさ)で撮ってみよう。いわゆる「テキ」というやつです。

前後をぼかして撮ってみましょう。

f 値 (絞り)という数字をいじってみましょう。
ここでは必然的にシャッタースピードとISO感度という話も出てきてしまいますが、とりあえずf 値(絞り)のことだけに集中しましょう。

ブラして撮ってみましょう。 走る子どもを追いかけて背景が流れる様な写真を撮ってみよう。
リビング編

実践です。ここからはテイクフォトです。
目の前で繰り広げられる子どもの世界を「テイク」いただきましょう。
姿勢は低く低く。。。
昼、夜、窓際など時間と場所の取り方の違いも学びます。

ブラして撮ってみましょう。 走る子どもを追いかけて背景が流れる様な写真を撮ってみよう。

講師紹介

松崎伸治
Photographer

名古屋ビジュアルアーツ写真学科講師
子ども写真国際コンクール金賞受賞(2006年)他、国内外の数々のコンクールで上位入賞。 
「子ども写真の神」と言われている。

福原みどり
Assistant
名古屋ビジュアルアーツ写真学科卒業後、世界的なフォトグラファー松崎伸治のアシスタントをしながら、2020年ママフォト大賞優勝。ベストキッズ入賞者の写真を多く手掛ける。
福原みどり
Assistant
名古屋ビジュアルアーツ写真学科卒業後、世界的なフォトグラファー松崎伸治のアシスタントをしながら、2020年ママフォト大賞優勝。ベストキッズ入賞者の写真を多く手掛ける。

レッスン料金

各回 6,500円(税込み)

参加者の声

「幸せな子どもの成長」をうれしい声をたくさんいただいています。

カメラが子どもとのお出掛けに誘ってくれる
清里様(福井県)

全くの初心者でしたが、Family Photo Clubでカメラの撮影技術を学び、他のメンバーの方の写真を観るうちに、「次はこんな場所で、こんな写真が撮ってあげたい。」という思いが出てきて、休日に子どもと出掛ける機会が増えました。まるでカメラがお出掛けに誘ってくれるようです。

Family Photo Clubで学んでからは、毎年1冊のフォトアルバムを作っています。

子どもと一緒にいろいろな思い出を共有することができて、子ども写真始めて本当に良かったと実感しています。

郡山様(岐阜県)

子ども写真の魅力は、その時の子どもの様子を1枚に残せること。後で見返した時、「あの頃、こんなことがあったね」と家族の思い出を語り合える楽しさがあります。 日常のふとした瞬間を撮影することで、子どもの成長記録にもなりますよ。

郡山様(岐阜県)

子ども写真の魅力は、その時の子どもの様子を1枚に残せること。後で見返した時、「あの頃、こんなことがあったね」と家族の思い出を語り合える楽しさがあります。 日常のふとした瞬間を撮影することで、子どもの成長記録にもなりますよ。