美容師がつらい時
おすすめの転職先

華やかな仕事で憧れる人も多い美容師ですが、実は現場ではつらいと思っている人も少なくありません。そこで美容師がつらいと思っている人向けに有利な転職情報をご紹介します。

美容師が大変と言われる理由

・接客スキルまで求められる

髪をカットする、ヘアスタイルを整えるなど技術的な仕事だけでなく、その間に客とコミュニケーションをとる接客業のようなスキルまで必要とされるのが美容師です。客によって会話をしない人、積極的に楽しみたい人とさまざまですが、タイプが分からずどうにか会話を続けようとして逆に嫌がられることもあるでしょう。

・給料が安い

出勤している間は賃金が出るものの、技術を磨くための練習時間には給料の出ないことも少なくありません。練習はスキルアップのため必要なことですが、店側の指示で練習時間を決められている場合には仕事と変わらず給料の割りに拘束時間が長いと感じることもあります。

・休日が取りづらい

利用客の多い土日祝は美容院を開けることが多く、美容師も休むことは難しくなります。もし家族を持った時に土日祝で出かけよう、子供の学校で行事があるといった時にも休みをもらいづらいでしょう。

経歴が役に立つ転職先

・美容業界での営業担当

美容の知識と初対面の人とも話ができる経験を生かして、化粧品メーカーなどの営業担当に転職しても良いです。営業でも相手が法人であったり個人の消費者であったりとさまざまなので、自分がやりがいや働きやすさを感じる会社を選びましょう。

また美容業界に限らず、身だしなみや人に対する気遣いを行ってきた美容師の場合、営業職であればどの業界でもチャレンジできる可能性があります。

・美容機器ディーラー

これまで美容師として施術で使ってきた機器などの知識を生かして、美容院などへ卸すディーラーに転職することもひとつの方法です。実際に使った経験があることは商品を紹介する時の強みになり、売上が高ければ給料アップにも反映すると期待できます。

・ホテルマン

美容とは直接関係がないように見えますが、細かい気配りと親しみやすい雰囲気が必要であることは美容師と似ています。そのため丁寧な仕事や相手のことをきちんと考えて働くことを大切にしたい人には向いているでしょう。

接客が好きな人に特におすすめの仕事

・エステサロンなど施術者

マンツーマンでの施術に慣れておりさらに美容の知識も豊富な美容師が転職しやすい仕事にエステサロンがあります。そこで施術方法を学びエステティシャンとして働くことで、美容師の時よりも給料や待遇のアップを期待できるでしょう。また美容師の経歴は美容に詳しいことのアピールとなり、利用客からも喜ばれれば人気を集めた結果、給料に反映されるかもしれません。

・ショップ店員

人との会話に苦がなく楽しいと思える場合は、アパレル系のショップ店員がおすすめです。自分のすすめたアイテムが喜ばれることで仕事のやりがいも感じられるでしょう。また、仕事ぶりによって店員から店長やバイヤーへ昇格するチャンスもあります。

美容師からの転職成功例

・エステサロンへ

個人経営の美容院で副店長まで昇格したものの、給料はなかなか上がらず拘束時間も長い上に休みが少ないのでつらいと感じやめようと考えていました。そんな時、ネットで見つけたエステサロンの求人に試しに応募してみたところ、採用してもらえたため転職しました。そのサロンは働きに見合った昇格と昇給をどんどんしてくれたので、転職3年目には以前の年収の3倍を達成しました。

・ショップ店員へ

もともと服が好きだったこともあり、やりがいを求めて美容師からアパレル系のショップ店員へ転職しました。立ち仕事が多いことは美容師の頃とあまり変わりませんが勤務時間の融通が利くようになり、助かっています。それに今までのファッションやメイクの知識も役に立ち、続けて勉強しているのですぐに仕事に慣れました。職場の先輩も話しやすい人が多く困っていた時はすぐにサポートしてくれたので、働きやすい環境に感謝しています。

・営業職へ

土日祝の休みが欲しかったので休みの条件が合った営業に転職をしました。まず初めにこちらの仕事の方が給料が高く、それだけでもやりがいを感じました。それに以前はボーナスのない美容院ですが今度は年2回出るので、休日も給与も満足で余裕のある生活が手に入りました。

まとめ

もし美容師をしていてつらいと感じることがあれば、転職を検討しておいてはいかがでしょうか。実際美容師時代の経験やスキル、自分の好きなことを生かして転職を成功させている人がいます。そのためには今どんな不満があってどのように変わって欲しいと思うかを考えましょう。しかしできるだけ早く別の仕事を見つけたい場合はご紹介した情報を参考に、自分に合った職場を探してみてください。