飲食店におすすめしたいPOSシステムについて

飲食店の中には個人経営もありますが、全国展開など幅広く行っているところもあります。今回は店舗数の多い飲食店におすすめしたいPOSシステムについて紹介していきます。導入検討をしている人は参考にしてみてください。

POSシステムの機能について

POSシステムと言われても、馴染みがない人にとってはどんなシステムか想像しづらいですよね。こちらではPOSシステムの機能について見ていきましょう。

・レジ会計機能

料金支払いの場合、現金だけではなくクレジットカード払いの人もいます。現金支払いの場合はキャッシュドロアとの連動、クレジットカードの場合はカードリーダーとの連動、レシートを渡すためのプリンターとの連動などお客様がどんな支払いスタイルを選んでも対応できるようにしているのです。

・売上集計

売上集計は人の手で行わなくても、POSシステム導入をしていれば自動的に集計されます。そのため、以前は閉店後に計算作業に頭を悩ませていた人も確認するだけで構いません。

・勤怠管理機能

従業員の出勤や退勤はタイムカードなどを使っているところも多いでしょう。POSシステムを導入することによって出退勤だけではなく休憩の記録も行えるので勤務情報が分かりやすいのです。それだけではなく給与計算も自動算出できるので手間が省けます。

POSシステム導入のメリット

POSシステムにはさまざまな機能がありますが、導入することによってどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

・回転率向上

POSシステムはさまざまなスタイルのものがあるため、店内の雰囲気を崩すことなく設置することができます。それだけではなく、POSを持ち歩くことでスムーズな注文取りなどが実現可能で、回転率向上にも役立ちます。

・ミスの軽減

POSシステムを導入することで、注文のミスなどを防ぐ効果が期待されています。人が混雑している時などは注文ミスなどもありえます。しかし、POSによって注文漏れやミス、配膳ミスを防ぐ効果があると言われているのです。

・売り上げ管理などをサポートしてくれる

POSシステムは売り上げ管理などをリアルタイムで分析できるものが多いです。それだけではなく在庫や伝票管理の自動管理機能もあるので、売り上げ管理の手間やコスト削減にも繋がります。

POSシステムで重視したいポイント

POSシステムと言っても、さまざまなものがあるため選ぶ際には頭を悩ませるでしょう。こちらではPOSシステムを選ぶ際に注目したいポイントについて見ていきましょう。

・マーケティング能力

売り上げ管理などから混雑時間帯、暇な時間帯や曜日などを割り出すことができます。店の状況に応じて注文を多くする、控えるなどができるのでマーケティング能力が高いものを選ぶといいでしょう。

・使いやすさ

どれだけ高性能なPOSシステムでも使い方が分かりにくかったら意味がありません。特に機会が苦手な人にも分かりやすい仕様のものをおすすめしたいです。近年は特に使いやすさを重視したシステムもあるので、各システムの使いやすさを比較してみましょう。使いやすいシステムであれば、スムーズな注文受けなどで回転率向上にも繋がります。

・情報の共有力

店舗数が多い飲食店の場合、各店舗の情報共有も重要となります。人気商品、不人気商品の瞬時に把握できる共有力の高いものがおすすめです。

飲食店におすすめしたいPOSシステム

こちらでは使い勝手の良いPOSシステムについて見ていきましょう。まだシステム未導入の店舗はぜひ検討してみてください。

・ポス・キューブ

飲食店に必要な機能が揃ったオールインワンタイプのPOSシステムです。飲食店に特化した設計となっていて、使いやすさ、分かりやすさを重視しているため新人でも画面を見ただけで使い方が分かる仕様となっています。

・ネットレジ

飲食店だけではなく、小売店全般向けのPOSシステムです。料理や飲み物ごとにワンタッチ入力できるタッチキー搭載が特徴的と言えます。誰でも使える「分かりやすさ」に定評があるので、機械が苦手な人にもおすすめされているシステムです。

・エアレジ

エアレジは無料ダウンロードできるPOSレジアプリです。スマートフォンやタブレットでも利用できて、無料で使用できるという嬉しいタイプです。有料版と比較すると機能が制限されている部分もありますが、POSシステムを体験してみたい、試しに使ってみたい人におすすめです。

飲食店のPOSシステム導入事例などについても知りたい人は、こちらのサイトもご覧ください。

飲食店のPOSシステムについて詳しく知りたい人はこちらをチェック

まとめ

飲食店にとって、回転率向上、スムーズさなどは収入に関わります。そのため機能性の高さだけにこだわるのではなく、スタッフが使いやすいかどうかも見極める必要があります。インターネットでは各システムの特徴や使い勝手に関する口コミなども見られるので、そういったものを比較してから決めるのもいいかもしれませんね。