なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

戸建ての浴室を相場内の費用でリフォームできました

浴室が古くなって壁や天井の所々にカビが繁殖し始めたり、浴室の木のドアが腐り始めてきました。

そこで、タウンライフリームで無料見積りを取ったうえで、思い切って浴室リフォームを施すことにしました。

ドアの交換から壁や天井の張替え、バスタブや床のタイルの交換など、全面的なリフォームになりました。

その間は浴室が使えなくなりますが、自宅には浴室が二つあったので、もう一つのほうを工事中は利用しました。

自宅は戸建てで、リフォーム期間は2週間程度だったと思います。

費用は100万円程度で済ますことができました。

戸建ての浴室リフォームの相場は、だいたい50~200万円ほどですので、相場の範囲の金額でリフォームすることができました。

現在はカビが繁殖することなく、美しい状態で使用できています。

マンション・戸建の浴室リフォームの費用相場

浴室リフォームの価格帯は、50万円~150万円が最も多いです。これは、リフォームにかかる費用の目安です。費用はあくまでも目安であり、欲しい商品や現在の家の状態、リフォームの要望によって大きく変わります。

リフォーム会社に実際の家を見てもらい、提案や見積もりを出してもらいましょう。グラフに表示されている費用は、商品代金と工事代金の合計です。

工事費は、設置工事、配管工事、壁工事、床工事、撤去・廃棄工事などの合計金額の目安です。最高価格帯は、実際のリフォーム費用の参考になります。

掲載されている事例と同じ工事をご依頼いただいた場合は、実際のリフォーム会社が現地調査の上、お見積りをご提示いたします。

なお、同じ作業を行う場合、表示されている価格よりも見積価格が高くなる場合があります。同じ工事でも、表示されている価格より高くなる場合がありますのでご注意ください。

お風呂リフォームの費用相場を事例別に紹介

戸建住宅では、バスルームが広く、それに応じてバスタブのサイズも大きくなります。戸建住宅では、バスルームのスペースが狭く、バスタブのサイズも小さくなることが多いので、コストが安くなります。

リノコの浴室リフォームでは、ユニットバスと工事費がセットになっています。浴槽自体の価格は、一般的に10万?30万円台です。

しかし、近年はコーティング技術が進化しており、入浴後に浴槽を水洗いし、風通しを良くしておけば、カビや黒ずみが発生しにくくなっています。

浴室は在来工法の浴室からユニットバスに改修したので、オプションで浴室暖房乾燥機や手すりを付けました。

また、新しいバスルームには、小さな泡で効率よく体を温める「酸素美泡湯」や、傷がつきにくい「スゴピカ浴槽」を採用しています。

当初、私たちが最も注目したのは、取り外して水洗いできる換気扇「ファンタッチ」でしたが、オフローラには他にも、使ってみないと気づかないような気の利いた機能がたくさんあることがわかりました。

TOTOのユニットバスで人気なのは、床に断熱クッションが入っている「ほっカラリ床」です。TOTOといえば、トイレのイメージが強いですが、水回りの商品すべてにおいて優れていますね。

浴室リフォームの費用目安、いくらで何ができる?

総費用には、機器、材料、設置のほか、その他の費用、一般的な下地処理、解体、廃棄などが含まれます。

シャワーヘッドを節水型に交換する場合や、シャワー混合栓を交換する場合の費用の一例です。浴室暖房乾燥機をお風呂・部屋に設置する場合の費用の一例です。

在来工法の浴室で浴槽のみを交換した場合の費用の一例です。古い住宅では、給湯器がお風呂と並んで部屋に設置されていることが多く、その分お風呂が狭くなってしまいます。

この例では、給湯器を壁掛け式のものに交換し、空いたスペースに広いお風呂を設置した場合の費用を示しています。

新しい給湯器が12万円、お風呂が10万円、工事費が18万円ほどかかります。また、ユニットバスと一緒に給湯器や給排水管も交換する場合は、さらに20~30万円ほどかかるようです。

ユニットバスの主な価格帯は50~100万円、工事費は40~100万円となっていますが、選ぶユニットバスのグレードや工事内容によって費用は大きく変わります。

タイル張りの浴室を解体してみると、シロアリの被害が出ていました。