休眠預金の助成金がほしい人、集まれ!!

休眠預金獲得に向けた
インパクト評価ワークショップ

開催趣旨

休眠預金を活用して助成などを行う「資金分配団体」が
10月にも決まり、助成金の募集も間もなく開始されます。
しかし「休眠預金に申請できるのか?」「インパクト評価ができるかどうかが心配」などの不安を抱えるNPOも多いと思います。


そこで今回のセミナーでは、休眠預金が求めるインパクト評価の内容を分かりやすく解説するとともに、インパクト評価に欠かせない「ロジックモデル」作りのワークなどを交え、
休眠預金への応募、獲得を考える団体の皆様をサポートします。
日時
2019年10月21日(月曜日)
午後2時~午後4時
場所

SIR神楽坂オフィス 

〒162-0850 東京都新宿区天神町68 滝沢68ビル5階(東西線神楽坂矢来町口から徒歩4分)http://goo.gl/maps/iAv2F

定員
先着5団体(1団体複数名可)
講師
熊澤 拓(SIR代表パートナー)

料金
2000円
場所

SIR神楽坂オフィス 

〒162-0850 東京都新宿区天神町68 滝沢68ビル5階(東西線神楽坂矢来町口から徒歩4分)http://goo.gl/maps/iAv2F

【主なプログラム】

・イントロダクション
・解説「休眠預金が求めるインパクト評価の概要とポイント」
・「質問に答えてロジックモデルを作ろう」

・質疑応答

【講師プロフィール】

熊沢拓(株式会社ソーシャルインパクト・ リサーチ 代表パートナー)

慶応大学大学院修士課程修了
早稲田大学大学院博士課程
日本合同ファイナンス(JAFCO)
ソフトバンクインターネットファンド ファンドマネジャー
ウィットキャピタル ITセクターアナリスト
HSBC銀行 投資銀行部門 アソシエイトダイレクター
三菱UFJキャピタル アナリスト

【アドバイザー】
森山 明宏(ユーリカ株式会社 代表)

特定非営利活動法人人間中心設計推進機構理事、UXデザイナー、認定HCD専門家。 国立信州大学理学部物理学科卒。 家電メーカーで商品企画、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立。 社会活動を支援する市民にとって最も重要なUX(ユーザー体験)である「共感」「成功期待感」を軸にした「共感ビジネスモデル」「成功ロジックモデル」でNPO団体を支援する。

お申し込みフォーム