Forest in Okhotsk

オホーツクの山林を所有しませんか?

 大自然が好きで、地球環境に関心のある方にお勧めしたいです。
 私は道東生まれで、仕事の関係で東京に住んでいます。私も定年を過ぎて現地に行く機会も減り管理が難しくなってきたので、興味のある方にお譲りしたいと考えております。
 私は現在もメーカー勤務のため、メール等でご連絡いただければ改めてこちらから連絡させていただきます。

対象エリアは3つのエリア(A,B,C)に分かれていて、全て北見市にあります。山林なので市街地にあるわけではないですが、市街地から自転車でも行ける距離にあります。エリアの面積と特徴は
A.美園エリア(小):1.5Ha 雑木林で南側からは国道39号線が見えます。北側は小川が流れています。
B.美薗エリア(大):21.6Ha 雑木林で北斜面になり、道道にアクセスできます。面積が大きいです。一位の木が自生しており、20数年前に移植した一位の木が本州の自宅の庭で育っています。一部、植林したトド松があります。
C.本澤エリア:3.3Ha 10年ほど前に植林したカラ松がほとんどです。森林組合に植林・間伐をお願いしたエリアで、一応の管理は行ってきました。伐採までには30年程度かかります。

・A,Bのエリアの植生は広葉樹なので、薪ストーブ用の燃料は十分に確保できます。白樺やイタヤ楓も自生しています。
・春はアイヌネギ、蕨、ウド、ふきなどの食用山草が取れ、秋はコクワや山葡萄がとれます。
・環境汚染されていない地域なので、貴重な動植物もいます。(環境保護にご協力ください。)
・国道と山で遮断されるエリアはヒーリングエリアで川のせせらぎ、野鳥のさえずりが心地よい癒しのエリアです。

購入する上での条件

1.日本国籍であること。
2.10年間は転売しないこと。
3.国、道、市などの条例等を遵守し、環境保全を心がけること。
4.北見広域森林組合に加入すること。
※数万円の加入金は必要ですが、年間管理費は不要です。私も加入しています。
※組合では森林保全のため植林、製材事業を行っており、利益は組合員に還元されます。
※木の伐採は所有者の自由ですが、大規模な場合は森林組合と協議の上、進めるようお願いします。燃料用の薪程度であれば連絡不要です。自分でやりたい場合は組合を通さず自主間伐などもできますが、組合を通すと多くの場合、補助が受けられます。
※所有者と連絡がつかない山林もあると聞いていますので、将来的にそのようなことにならないようにご協力願います。

A.美園エリア(小)

小川
 北側を流れる小川です。春は川のせせらぎと小鳥のさえずりに癒されます。
※河川の所管は国になると思われますので、造成等は基本出来ません。正確には所管官庁へ確認が必要です。
水生生物
 絶滅危惧種になりました。そっとしておきましょう。
山草
春はエゾエンゴサクがあちらこちらに見られます。
南側から見る
 南側から山林を見たところです。この辺りまでキタキツネやエゾシカがきます。国道39号線からは500m程度離れていますが、山林まで道路がつながっています。
福寿草

山わさび
 乱獲で少なくなりましたが、今でも見られます。英語名はホースラディッシュで、開拓時代に欧米人が持ち込んだものと思われます。
南側から見る
 南側から山林を見たところです。この辺りまでキタキツネやエゾシカがきます。国道39号線からは500m程度離れていますが、山林まで道路がつながっています。

B.美薗エリア(大)

北側道路から見たところ
道道の北見~本澤線にアクセスしています。
植生
雑木林ですが、分水嶺(山の頂上)付近に50年ほど前に植林したトド松があります。一位の木やホオノ木もあります。秋はコクワの実なども取れます。面積が21.6Ha程あるので1日で全体を見ることは難しいです。
北側道路から見たところ
道道の北見~本澤線にアクセスしています。

C.本澤エリア

北側道路から見たところ
切出し道路が道道に接続しています。
途中で採石場を通ります。
植生
10年ほど前にカラ松を植林しています。わずかにトド松があります。面積は3.3Ha程度あります。
直下に湧水源があります。1年を通して約4℃です。(水質分析結果あります。)
※湧水については国の所管になる可能性がありますので、造成等の可否は所管官庁への確認が必要です。
北側道路から見たところ
切出し道路が道道に接続しています。
途中で採石場を通ります。

地質図
土地分類図(昭和53年 国土庁土地局)から抜粋しました。

地質図(1)
 個人的な見解ですが、網走支庁は全国的に見て地震が少ない地域と思いますが、地質図をみるとあちらこちらに断層があります。
 結局、日本に安全な場所はないということでしょうか。。ただし、原発からは最も離れた地域と思います。(一番近い泊原発から350km程度離れています。)
地質図(2)
 地質図を見ると遠い昔の出来事に思いをはせてみるのも面白いです。
 知床半島は火山活動ででき、阿寒には火山があります。
 冬はアムール川の水が流氷となりオホーツク海に流れてきます。
地質図(3)
 対象エリアを付箋紙で示しました。
地質図(4)
 地質は安山岩や凝灰岩などの火山性岩石となっています。近隣に採石場がいくつかあります。
 山に接する畑は高台になっており、縄文人が使っていたと思われる黒曜石の矢じりなどが出てきます。
地質図(4)
 地質は安山岩や凝灰岩などの火山性岩石となっています。近隣に採石場がいくつかあります。
 山に接する畑は高台になっており、縄文人が使っていたと思われる黒曜石の矢じりなどが出てきます。

近隣の観光スポット

 海が近いので魚介類が新鮮でおいしく、しかも安いです。寒暖の差が大きいので農作物も糖度が高く、お勧めです。

お問い合わせはこちらから

kitsui@s9.dion.ne.jp
Kitsui (キツイ)

北海道北見市市街地


▼お車でお越しの方
・東京方面から
xxxxxxx
▼公共交通機関をご利用の方
xxxx
・JR北見駅から
xxx