はじめまして。
越智秀樹と申します。

私は、PHP研究所という会社で営業を10年、編集を15年行ってまいりました。多くの皆様のご協力のもと、同社で私が編集として関わらせていただいた書籍は400冊以上、累計発行部数は1,000万部を超えることができました。
 

おかげさまで独立した現在も、実績のある著者さんをメインに書籍企画の立案や編集の仕事をさせていただいております。


しかし、ここ最近「私も本を出したい!」という新人著者さんからの問い合わせが多くなりました。


「どうすれば本を出せますか?」「高額な出版塾・セミナーに通ったのに本が出なくて困っています」「処女作は出せたもののあとが続かなくて……」
こうした質問や相談を実に多くいただきます。


確かに出版業界は閉鎖的な一面があり、「どうすれば本を出せるのか?」という方法は外の方から見ると実にわかりづらい。また、出版企画採用に至るプロセスも各社バラバラで、A社の採用基準とB社の採用基準は全く異なります。

一方、著者の側も「仕事につながる本を作りたいのか」「ベストセラーを狙うのか」「ロングセラーを出したいのか」で全くアプローチが変わることを理解しておく必要があります。そこを理解しないでやみくもに企画を持ち込んでも、なかなか採用には至りません。また出版社各社、それぞれ強みが違います。どこの出版社にどんな企画でアタックするか、戦略を練って提案しないと、1冊出しただけで終わり、となりかねません。


ただ、私個人としては、新人著者さんに本当に必要なのは企画書でも原稿でもなく「運命の編集担当者とどう出会うか?」だと考えております。なぜなら、フィギュアスケートのコーチの如く著者さんの人となりや考え方を深く理解した上で企画を練ってくれる編集者をもつことで、長く出版し続けられる著者になることが可能だからです。長く活躍できる著者になるということは、ベストセラー、ロングセラーを出せる可能性が高まるということになります。



もしあなたが「私も出版したい!」「すでに何冊か本を出しているけど、もっと読者に届く本を作りたい!」とお考えでしたら、ぜひ一度、私の出版に対する考え方やその内容についてのレポートをご一読ください。私の経験から言えることは全てこの中に詰めこんだつもりです。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 
ベストセラー作家になれる人
なれない人の決定的な違い

運命の編集者に出会って 
幸せな著者になるための5つの秘訣
 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

私がなぜこのレポートを書いたのか? それには3つの理由があります。
 
1つ目は、出版業界の現状を変えたいという強い思いからです。出版業界は年々売り上げが減少しています(業界の現状についてはレポートをご覧ください)。にも拘わらず同じ著者の本、類似企画、どこかで見たデザインばかりが横行しています。私もそうした本をたくさん出版してきましたし、今もつくっています。そうでないと企画やデザインに対して会社の決裁がおりないからです。
しかし、出版業界を変えるには新陳代謝が必要です。つまり新しい著者が出てきてヒットを飛ばすことが、今ほど待たれていることはありません。ぜひこの記事を読んでいるあなたが出版界のスターとなってください。

2つ目は、一人でも多くの新人著者さんに希望を与えたいと思ったからです。
日本では毎年約6万冊の新刊が出ています。1日平均165冊もの新刊が出ている計算になります。これだけ本が出ていますと「自分の書くことなんて大したことない」「他の人が書いていることと違いが出せない」といって、多くの人が出版をあきらめています。それがもったいない。
本を出すにあたって、既存本との違いを打ち出すことは確かに必要です。しかし、これだけ情報があふれる現代において誰もしらない情報ばかりを書くことができるでしょうか。私はそう思いません。どうすればいいのか。ぜひレポートを読んでみてください。(3つ目は書籍画像の下に続きます)




3つ目は、「本を出したければ、まず編集者を攻略せよ」という強いメッセージを発信したかったからです。本を出版するには100%編集者が必要です。編集者のいない本などありえません。「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ではありませんが、編集者の行動特性ややっていること、その役割を知って、編集者にあわせた提案をすることが一番の早道です。どんなに立派な企画書・原稿を書いたところで、あなたの考えや原稿を理解してくれる編集者がいなければ100%本になることはありません。編集者とはどんな生き物なのかをレポートにまとめてあります。参考にしてみてください。


以上、3つの理由から私はレポートを書きました。
ぜひご一読いただき、私に興味を持たれた方はLINE@にご登録ください。

皆様にお目にかかれる日を楽しみにしております^^
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 
ベストセラー作家になれる人
なれない人の決定的な違い

運命の編集者に出会って 
幸せな著者になるための5つの秘訣
 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

まとめた内容を公開します。

  • 売れ続けて幸せな著者、本が売れても不幸な著者とは?

  • なぜ出版塾や出版プロデューサーに頼んでも、本が出ないのか?

  • ベストセラー作家になれる人の共通点とは

  • 出版で気をつけておくべきこと、9割の人が知らない出版業界の落とし穴

  • 出版したいと思ったら何からすればいいのか?

  • なぜ出版塾や出版プロデューサーに頼んでも、本が出ないのか?

推薦・お客様の声

越智さんほどの実績と経験があれば、出版コンサルティングの世界でも素晴らしい実績を挙げられることでしょう!!

著書累計110万部超 ベストセラー作家
医療法人社団いのうえ歯科医院理事長
井上裕之様

越智さんのお陰様で5人が著者デビューしました。そんな越智さんが出版コンサルティングを始められるのですから、絶対成功間違いない!

潮凪洋介様
ライフワーク・クリエイト協会理事長。
著書66 冊・累計165 万部。
「国民1人に1 つの“社外ライフワーク(パラレルワーク)”を」をテーマに活動中。

著者を目指すあなたへ。人生はどんな人と出会うかで、あなたの人生は大きく変わります。著者としての人生も、初めにどんな編集者と出会えるかで、当然大きく変わります。
私は一著者として、そしてひとりのビジネスパーソンとして、越智さんを心から推薦させていただきます。

永松茂久 (ながまつ・しげひさ)様
株式会社人財育成JAPAN代表取締役。永松塾主宰。

著書に『影響力』『心の壁の壊し方』『男の条件』『人生に迷ったら知覧に行け』『成功の条件』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセ ラーズ)、『図解 斎藤一人の人を動かす』『図解 言葉は現実化する』『図解 うまくいく人だけがやっている38の習慣』(PHP研究所)などがあり、累計で100万部を突破している。

越智さんに出会って3ヶ月で出版が決まりました!

藤麻美子様
丹田呼吸法セラピー協会代表

以上となります。
私の経験がお役に立てれば幸いです。
またあなたの出版が読者にとって、素晴らしいものになりますように。