ロト7的中対策驚くほど 単純な 戦術

出てきた数字のバランスに配慮する

当選番号を 選出する 方法 で 最も 必要なのがバランスです。
11・12・13・14・15・16・17 のように 数字 が7つ 連続して出現 したり、
20・21・22・23・24・25・26みたいに20番台の数字に
当選番号全部が特定の場所にまとまったり するのは「バランスが悪い」 ということです。
このような バランス の悪い 選ぶ 方法 は 何故ダメ のかというと、
そのような傾向 で 当選番号が 決まらない からです。
これまでロト7が 数多く結果発表されてきた中で
当選番号が が7つ続いて出現したり、7つの 当選番号すべてが 同じ 十の位に そろったことはないです。
統計的に考察して 当選番号5つ6つ 連続して出現 したり、
同じ 十の位に6つ 固まるように
買い目が 似たような番号ばかりにしないで、 バランスを 見ておく 必要があります。

しょっちゅう抽出される数字に配慮する

ここのところ頻繁に 出現する 数字 は 次も出現することが多いです。
toitte 最近 頻繁に 出ている数字 だけ が 出ているわけでは ありません。
最近 出現していない当選番号も 1つ程度は 出現する ことになります。
しょっちゅう出現する のみ買い目に 入れる のもバランスが悪いです。
最低でも 1つは あまり出ない データの 当選番号も買い目に 入れる 必要があるのです。

低い数字と高い数字は大事

当選番号を 低い数字(1から18)と高い数字(19から37) に 分ける 手法 です。
ロト7ではバランスが 大事 ですので、 1・2・3・5・6・9・12 のように
7つすべてが 低い当選番号だけ で 高い当選番号が 1つもない という
数字全部が特定の位置に偏ったり は 適切ではありません。
少なくても2つ程度は 低い数字・高い数字 を 加える ようにして下さい。
1・3・19・22・23・25・35 のように 低い数字(2つ)と高い数字(5つ) を 入れます。

数字の偶数と奇数を考えてみる

低い数字・高い数字 と 方法 は 同じ です。
全部 奇数のように 数字 が 同じような番号ばかりにしない ようにするわけです。
少なくても2つぐらい は 偶数・奇数を 加える
6・12・21・23・26・32・33 のように 偶数(3つ)と奇数(4つ)を 混ぜます。

ここのところの 数字 に 奇数が たくさんある と、
それは 奇数に偏っている という状態になります。
この場合もバランスが 悪いです。
この場合だと、 バランスを リカバリーするために 偶数が 出現することが多いです。
次回抽選でも は 偶数が 出現することが多いと 見ています。
チャートで いうところの「逆張り」 に相当します。
過去5回の数字 のうち奇数が21回、偶数が8回なら、
奇数が偶数の倍以上 出現する という状況になります。
過去5回で倍以上 出現する 回数が 異なれば、 その状況は 「偏っている」 という状態になります。
その場合は 逆に偶数を ターゲットにして下さい。

数字の合計とは?

7つの数字 の 合計数字にも 偏った 傾向 が はっきりとします。
平均値は統計的に 133で、 その前後の 当選番号が 数多くあると言えます。
9割以上は 80から180まで のゾーンにおさまります。
なるべく 合計数字は95~170に おさめる必要があります。
さらに、 合計数字には 下記のような データが 見られます。
☆前の 合計数字から 上下する 数字 は 60以下
☆合計数字が2回 連続して 増加することになれば、 次回抽選 は 減る
☆合計数字が2回 連続して 減少することになれば、 次回 は 上がる
合計数字だけでも とても買い目を 絞り込めます。
合計数字の データから かけ離れている組み合わせ は 買い目から 削除 して下さい。

当選番号の一の位と十の位を考察する

数字 が 6・18・22・25・27・32・34の場合、一の位は6・8・2・5・7・2・4十の位は0・1・2・2・2・3・3です。
当選番号が 1ケタの 場合、 十の位は0 とします。
当選番号の 一の位と十の位にも データが 確認できます。

一の位
一の位は5種類以上の 当選番号が 出ることが多い です。
非常に出現しやすい のは 6種類です。
1つ2つ数字 が 重複して いる ケースが 多いです。

十の位
十の位0~3が 全部 出ている確率 は 10%もありません。
つまり、 90%以上はは いずれかが 出ていない という状況になります。
30番台が 2つないのは 当然のこと (30~37の8個だけ) ですが、 十の位も 出ていない 場合 も けっこうあります。
十の位が0、 つまり、 1ケタの 数字 は 1から9で9個というわけで、
十の位が1・2(10・20番台)の 当選番号より 出ていない 可能性が 高くなります。
10番台・20番台は1 回に 3つ 出現する ケースも よくあります。
さらに、1ケタは 数字 の1番目で 出現する 場合 が よくあります。
もうすぐ高い当選番号が 1番目に 出現しそうと 感じたら、 1ケタの 当選番号は すべて除外 可能です。

当選間隔を考えてみる

当選間隔は 特定の の 数字 が 今回から前回の 当選まで さかのぼった時の間隔です。
10回以内に 出現 する 可能性が 約82%、 15回以内に 出現 する 確率 が 約91%です。
つまり、 1回 当選したら 短期間に 当選する 当選番号が 多いです。
出にくい 当選番号は たやすくは出現していないことになります。
当選間隔の短い 数字 ほど 当選確率 は 高くなります。
当選間隔の短い 当選番号が 数多く出現 するのは 当然ですが、
当選間隔の長い 当選番号を 1つ2つ 追加することも 大事 です。
ロト7では 当選間隔の 傾向 の他でも、
あまり出現しない データにある 数字 でも 1つ2つ 当選することが しょっちゅうあります。

ボーナス数字を考察する

ボーナス数字に直接 関連性があるのは 2等と6等 しかないです。
さらに、 ボーナス数字が抽選されるのは 最後実行されますので、
敗者復活 のイメージが 強い です。
つまり、 ボーナス数字を ターゲットにするメリット ほぼないのです。
ですが、ボーナス数字には次回 から後への ヒント が あるのです。
ボーナス数字は本数字と 同じく出ることが多い 範囲出ていることがよくあります。
真っ白の ゾーン にあるボーナス数字だけが いきなり 出現する ほぼないのです。
次回~3回後 程度までは ボーナス数字 に近い 当選番号を 狙って下さい。

キャリーオーバーを考察する

1等当選 者 が いない など 当選金が 余った 場合 は その当選金が 次回に繰り越されます。
これが キャリーオーバーです。
65%程度の確率 で キャリーオーバーが 出ます。
キャリーオーバーが 出ている場合 だけ ロト7を 買うのも いいでしょう。
キャリーオーバーは1等当選金の最大金額が 上がる だけです から
3等・4等あたりをコツコツ ターゲットにするなら、 キャリーオーバーが 発生しても支障ありません。