「現代広告の心理技術101」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「現代広告の心理技術101」
を見てみる
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


反応を取る広告を作るための本


広告の目的は人に行動させること


この本を読めば、広告をより効果的にするため、
以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。



それがわかれば、次のことが可能になる。


1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。


著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから
人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、

それを相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニックにまとめました。


この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。





もしあなたが、


売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「現代広告の心理技術101」
を見てみる
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。



メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、


ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで


文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。



というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。



そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「現代広告の心理技術101」
を見てみる
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑