資金繰りが間に合わない時はどうすればいい?

「資金繰りが間に合わない時に何をすればいいの?」と疑問を抱えている経営者はいませんか?

私も次の仕入れが迫っているのにも関わらず、資金が不足してどうしようもない状態になったケースがありました。

資金繰りを解消するにあたり、銀行からの融資は一般的な対処法ですよね。

しかし、銀行などの金融機関はいざ融資を受けようと思った時に、確実に融資を受けられないというデメリットがあります。

私も以前に資金繰りが間に合いそうにない時に銀行融資を申し込みましたが、その時は売り上げ不足で審査に通りませんでした。

そこで、「もう今さら銀行に駆け込んでも間に合わない…」という時は、ファクタリングサービスを使って資金調達をしてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングは企業が持っている売掛金を現金に換える資金調達法で、利子や利息を支払ってお金を借り入れる融資とは大きく異なります。

本来であれば売掛金は売り上げとして計上されるものの、売り上げ発生タイミングと資金発生タイミングにタイムラグが生じて資金が手に入るまでに時間がかかります。

ファクタリングを利用すれば会社が売掛債権を買い取ってくれますので、早急に資金獲得ができるわけです。

即日入金に対応しているファクタリング会社も増えていますので、私も資金難に陥った時に積極的に利用しました。

「資金繰りが間に合わない時にどのファクタリング会社を利用すれば良いの?」と悩んでいる方には、日本中小企業金融サポート機構がおすすめです。

次のような流れで簡単に利用できますよ。

  1. 日本中小企業金融サポート機構の公式サイトにアクセスし、会社名や担当者名をフォームに入力して無料査定を申し込む
  2. ファクタリングに必要な書類を用意し、ポストに入れると本査定に入る
  3. 最短30分で審査結果が出て、問題なければ電子契約書が送られてくる
  4. 買取が完了すると即日で資金が口座に入金される

銀行からの借り入れよりも圧倒的に早く資金調達ができますので、私は融資よりもファクタリングの方が便利だと思いました。

「入金からのサイクルが長くて困っている」「繋ぎ融資を検討している」という会社に役立つ資金調達サービスですね。

銀行の融資は手続きが煩雑で資金調達までに長い時間がかかりますので、資金繰りが間に合いそうにない時はファクタリングを有効活用してみてください。