我が子が不登校になったら
取り入れたい家庭教師

自分の子どもが不登校になってしまったら、学力の低下が心配になってしまいます。学力の低下が気になっても、家庭教師を利用すれば、勉強についていくことはできます。家庭教師を選ぶメリットや、家庭教師の比較方法を紹介します。

不登校になってしまう理由

・一人での行動に不安がある
不安により不登校になってしまうのは、小学校入学時に多く見られています。不登校になる子どもの特徴は、家庭から離れて一人で学校に行くのに不安を感じており、家庭では問題なく過ごすことができます。親からの愛情を受けようとするタイプで、普段から甘えてくるしぐさが見られます。

・良い子を演じるのが疲れた
親から過度な期待を持たれている場合や、真面目で何でも完璧にこなそうとする子は、良い子を演じるのに疲れてしまうことがあります。不登校になるきっかけは、腹痛や頭痛など身体症状です。真面目で学校を休むことは悪いと感じており、家に閉じこもるケースが多くなっています。

・発達に問題がある
身体や発達に問題があると、周りの子についていくことができず、不登校になるタイプがあります。また問題はなくても、苦手な科目をこなすことができず、学校に行けなくなる子もいます。不安感が強く、人とのコミュニケーションが苦手です。

親ができる対策

・子どもを褒める
不登校になる傾向がある子どもは、自己肯定感が低いといわれています。親からの圧力が強いケースや、いつもダメ出しされる環境だと、子どもは自己肯定感が育ちません。日常的なちょっとしたことでも、親は子どもを褒めるようにしましょう。

・子どもを叱り過ぎない
やんちゃな子どもだとついつい叱ってしまいがちです。しかし毎日のように叱られてきた子どもは、周りの人間を信用しなくなります。多少やんちゃであっても、子どもに危害が及ばないときは、多めに見る気持ちが必要です。

・プラス思考で接する
親がいつもマイナス思考でいると、子どもにも影響します。親子で会話をするときは、プラス思考で接するようにしましょう。何かをやったらダメと言うのではなく、何かをしたほうがいいと、プラス思考で話しかけるのがおすすめです。

学力低下についての問題

・勉強だけをやらせるのはNG
不登校になる子どもに多いのが、親が勉強だけをやらせようとするケースです。子どもも親の期待に応えようと頑張りますが、途中で挫折を味わうと、不登校になるケースがあります。

・学力低下から不登校になるケースも
学校にいれば嫌でも周りと競争しなければならず、学力の低下が不登校になるきっかけとなることがあります。学力の低下が不登校の原因であれば、家庭教師などで苦手教科を克服する対策をしましょう。学校だとみんなに合わせて進んでいきますが、家庭教師ながら個別対応が可能です。

・遅れは取り戻せる
不登校になり学力が低下すると、親も子どもも焦りの気持ちが出てしまいます。しかし本人がやる気さえあれば、いつでも遅れを取り戻すことは可能です。学校、塾、家庭教師などを活用しながら、勉強の遅れを取り戻しておきましょう。

不登校専門の家庭教師について

・メンタル面のサポートあり
不登校専門の家庭教師は、子どものメンタルサポートが得られます。親に相談できないことでも、年齢が近い家庭教師に相談できることもあるでしょう。何か悩みを抱えている子どもは、専門的なサポートが得られる家庭教師の利用がおすすめです。

・不登校でも勉強できる
家庭教師は講師が自宅まで来てくれるため、不登校でも対応できます。精神的な理由で外に出られなくても、専門の家庭教師なら外出は不要です。勉強は慣れている自分の部屋でできて、少しずつ自信を取り戻していけます。

・社会性を身につけられる
家庭教師との勉強なら、人との関りも学ぶことができます。親と異なり他人だからこそ、学ぶこともあるでしょう。不登校で学校に行けなくても、家庭教師との関りで社会性が学べます。

家庭教師の選び方

・費用が明確
不登校専門の家庭教師を選ぶ場合は、費用が明確に提示されているところを選びましょう。月謝制を採用していれば、いつでも辞めたいときに辞められます。月々の費用の支払いだけでよく、高額な教材の購入がないところがおすすめです。

・不登校の理解がある
不登校の理解がある家庭教師であれば、子どもの気持ちに寄り添えます。中には自分も不登校を経験した家庭教師がいるところもあります。学力のサポートも重要ですが、精神的な助けが得られるところを選びましょう。

・親へのサポートがある
不登校の子どもを持つ親も不安を抱えています。家庭教師のサービスで、親へのサポートも得られれば、不安なことをいつでも相談できます。
不登校で家庭教師を選ぶなら、下記リンクで比較してみてください。

まとめ

子どもが不登校になってしまえば、どう対処していいのかわからないでしょう。
心や学力の問題も出てくるため、専門的なサポートが得られる機関の利用がおすすめです。
中でも家庭教師は、不登校対応のところがあり、活用しやすいでしょう。