バイク事故の被害者の方へ

相手方との窓口を弁護士に代わり、
被害者御本人やご家族のお気持ちに寄り添い
サポートすることにより
ご家族としっかり向き合う時間を
確保することができます

今すぐ電話相談

042-513-4970

こんなお悩みありませんか?

相手方と話をするのが苦痛

バイク事故の相手方や、相手方保険会社と、慣れない補償の話をするのが非常にストレス。この精神的苦痛を何とかしたいというご相談を多くいただきます。

過失割合に納得がいかない

バイクは機動性や運転の自由度が高いがゆえに、典型的な過失割合の前例に当てはめにくくなかなか過失割合で折り合いがつかないことがあります。

日常生活上の支障、損失が大きい

バイク事故は身体が守られている車の事故よりも身体に重篤な後遺障害が残り日常生活上の支障が生じることが多いですが、後遺障害等級が適正に認定されないことにより、適正な賠償が受けられないケースも散見されます。

大切な家族を亡くした、後遺障害を負ってしまった

バイク事故により大切な家族がお亡くなりになった、または後遺障害を負って事故前と同じ生活ができなくなってしまった、というご相談を多く頂いています。

弁護士に相談すると

弁護士が窓口に

弁護士が相手方との窓口になることによって、相手方とのやり取りによるストレスや精神的苦痛から解放されます。

納得いく過失割合に

刑事記録や過去の判例などから、納得のいく過失割合を導き出し、相手方との示談交渉を代理します。

適正な後遺障害等級認定

弁護士がチェックを行うので、過不足なく手続きが行われ、適正な後遺障害等級の認定を受けることができ、結果として適正な賠償を受けることができます。

家族と向き合う時間に

相手方との窓口を弁護士に代わり、弁護士が被害者御本人やご家族のお気持ちに寄り添いサポートすることにより、ご家族としっかり向き合う時間を確保することができます。

ご依頼のメリット

事故当初から解決までフルサポート

事故直後から症状固定、後遺障害等級認定から示談交渉、訴訟に至るまで、交通事故案件の解決事例が豊富な弁護士がフルサポートします。

適正な損害賠償

弁護士がきっちりと交渉しますので、納得のいく適正な損害賠償を受けることができ、結果として、少しでも前向きに事故を捉えることができるようになります。

訴訟を見越した解決

示談交渉のみで解決すればいいのですが、訴訟に至った場合でも経験豊富な弁護士が、お気持ちに寄り添った解決へと導きます。

相談料は無料

初回ご相談料は頂いておりません。
初回ご相談以降の料金は、解決までの流れと合わせて初回相談時にご案内いたします。

まずは今すぐ電話相談

042-513-4970

たちかわ共同法律事務所のご案内

事務所名 たちかわ共同法律事務所
住所

東京都立川市柴崎町二丁目10番17号
中島ビル201

電話番号 042-513-4970
弁護士

小林 信一
小川 杏子
日髙 正博

設立 平成21年
設立 平成21年

  • 交通事故被害者やご家族のお気持ちに寄り添い、丁寧に対応いたします。
  • 交通事故の解決事例多数
  • JR立川駅から徒歩5分の好立地。
  • 夜間土日のご相談も可能です。
  • 交通事故被害者やご家族のお気持ちに寄り添い、丁寧に対応いたします。

 弁護士ご紹介

小林信一

早稲田大学卒業
2004年より新銀座法律事務所にて勤務
2009年にたちかわ共同法律事務所を設立

私が弁護士を目指したのは、高校生のころ。ただ漠然と「人助け」ができる仕事というイメージを持ち、法学部を目指しました。大学卒業を控え、就職活動をしながらも、どこかあきらめきれない気持ちがあり、司法試験に挑戦する決意。
司法試験に合格し、いざ始めた弁護士の仕事は、思い通りにいかない部分もありましたが、ご依頼者様の悩みを聞き、解決の方法を一緒に考え、ご依頼者様にご納得いただけたときには喜びを感じることができます。
一人でも多くの方を、ご納得に導けるように、日々精進し、ご依頼者様への迅速・丁寧な説明と対応を心掛けていきたいと考えています。

小川杏子

学習院大学法学部卒業
2007年より三多摩法律事務所にて勤務
2014年よりたちかわ共同法律事務所にて勤務

学生時代,知人から借金や親族間のトラブルについて相談を受け,法律を知らないことで大きな不利益を被っている方々を目の当たりにしてきました。
そのような経験から,日常生活の中で様々な法律問題に直面している方,お悩みの方の役に立ちたいと思い,弁護士を志しました。
弁護士資格を取得し実務を行う中,アスベスト被害者を救済するための国賠訴訟や,子供の権利に関する問題にも力を入れてきました。
実際にトラブルを抱えてしまったとき,法律事務所のドアを叩くことはとても勇気がいることだと思いますが,専門家の的確なアドバイスを受けられるかどうかでその後の道が大きく変わります。
ご相談される方の目線に立ってお話を受け止め,助言することを心がけています。

日髙正博

中央大学卒業
2013年よりたちかわ共同法律事務所にて勤務

生まれも育ちも青春時代も多摩地域で過ごしました。そんな多くの時間を過ごした地元に根ざした弁護士になりたいと思い,立川で弁護士業務を行っています。
入所以来,交通事故の案件を数多く担当してきました。これまでご相談いただいた方々は,交通事故に遭われたことは勿論,弁護士に相談することも初めてという方がほとんどでした。きっと大きな不安を抱えられていたと思います。そんな交通事故被害に遭われた方々の不安を取り除き,できる限りのサポートをしていきたいと考えています。
最近は,私自身がロードバイクにはまっていることもあり,自動車やバイクだけでなく自転車の交通事故案件にも力を入れています。
ぜひお力になりたいと存じます。どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信