このサイトについて

こんにちは!

本日は、リバティーレジデンツについて取り上げてみます。

皆さんはリバティーレジデンツとはどういったコンテンツなのかご存知でしょうか?

リバティーレジデンツとは白石達也という人物が開発し、居住自由をコンセプトに作られた教材プログラムです。

主に仮想通貨取引に関する有用な情報を紹介しているのですが、主にどのようなプログラム内容となっているのでしょうか?

今回はそんなリバティーレジデンツがどういったものなのかといった特徴や仕組み、さらにリバティーレジデンツと類似したサービスなどがあるかどうかについてもご紹介していきます。

現在仮想通貨取引に注目している方や、今後海外居住などを考えているという方もぜひチェックしてみてください。

白石達也のプロフィールと経歴

会員数が3500人を超えているIROAS(イロアス)の総責任者である、白石達也はどんな人物なのでしょうか?

リバティーレジデンツについてご紹介する前に、若手実業家の白石達也のプロフィールや経歴からご紹介しましょう。

 

 

■白石達也とは?

 

白石達也は会員制オンラインセミナーのIROASの総責任者を務め、さらに教育プラットフォームにアルケミを展開している株式会社ALCHEMATIONの創立者です。

1986年5月26日、大手航空会社の父と外資系コントローラーの母の間に生まれ、出身大学が早稲田大学というのでエリート家庭で育てられたことが分かります。

成功まで明るい道を進んできたと思われるでしょうが、彼は学生時代に誹謗中傷などによるイジメにあっており、自殺も考えるほど苦しい時代があったようです。

しかし、大学入学後は自己啓発やビジネスセミナーに関心を寄せ、自由な学びを体験できたことから、自由の少ない既存の学びに疑念を抱くようになりました。

そして、大学在学中から独立をする決意を固く決め、見事に20代で企業を果たしている人物です。

 

 

■白石達也のプロフィール・経歴

白石達也は1986年、某大手航空会社のサラリーマンと外資系会社に勤務する母との間に生まれ、裕福な家庭で育ってきました。

しかし、幼少期の彼は本を読むことが好きで、周囲の人達からは敬遠されがちだったそうです。

こうした背景もあり、自分に自信を持てない消極的な一面を持っていた彼は、そんな自分を変えようと大学受験で見事早稲田大学に入学します。

在学中は、彼なりに勉学に励んでいた一方、教育方針について徐々に疑問を抱くようになったそうです。

大学卒業後は、教育のあり方や資産作りのために必要な知識や大切さに目を向けるようになり、情報商材の販売ビジネスについても注目するようになったのです。

白石達也は、伊勢隆一と村上むねつぐの存在を知り、200万円のパートナークラブに入会し、神龍プログラムの販売を開始します。

彼の代表作「ランドオブハンモックYouTuber」は記録的な売上を残し、後に起業へと至りました。

起業へと至った理由には、大企業に勤める父の会社が倒産の危機に陥り、お金は自分自身で稼ぐ必要があると悟ったからではないでしょうか?

現在白石達也は、ネットを通じてビジネスを学ぶことのできるIROASを手掛け、運営しています。

IROASは、コピーライティングやニューロマーケティングをはじめ、動画制作、健康学、情報資産の構築方法など、様々な分野において知識を深めることができる商材となっています。





■IROASを創立するまでの経歴

 

白石達也は大学在学中に自己啓発やビジネスマナーで得た知識を活かし、すでにアフィリエイトやFX取引の予測システムの販売を行っています。

そして大学卒業後は28歳の若さで「有限会社エンハンス」の代表取締役を勤めました。

その時、主力として販売していたのが「ランドオブハンモックユーチューバー」という情報商材です。

この商材では「ダイレクトレスポンスマーケティング」というマーケティング手法により、物を売れる仕組みを紹介しています。

この手法はアメリカでは盛んに行われており、すでに100年以上の歴史を持っています。

白石達也のランドオブハンモックユーチューバーは情報商材として高い評価を得ており、これをきっかけにネットビジネス界で名を馳せることになりました。

たった1年で億単位の資金を獲得し、その後は人々の幸せと自由を願って新しい教育をつくろうとIROASやアルケミを創立し、現在はたくの会員がIROASを使って自由な教育の場として活用しているようです。

 

 

■IROASやアルケミとは?

 

IROASやアルケミがどんなサービスなのか理解していない方も多いかと思うので、サービスの詳細をご紹介しましょう。

IROASは白石達也が既存の教育は社会に出るとほとんど役に立たないという不満から生まれたサービスで、社会に役立つ情報を学べるサービスです。

人間関係、語学、居住、時間、経済、健康の自由を獲得するために、幅広い学習に対応しており、また各界のスペシャリストが講師なので質の高いスキルが身に付きます。

オンラインやリアルのセミナーで学習でき、また向上心や持続性を目的に他の人の学習状況やアイデアをチェックしながら学んでいくスタイルのようです。

学びながら稼ぐこともでき、軍資金も集められるようになっています。

一方、アルケミはインターネット学習のプラットフォームで、開発やIT・ソフトウェア、趣味、子育てなど豊富なジャンルのコースを選択可能です。

こちらもオンラインなので、好きな時にいつでも好きな勉強に取り組めます。

 

このように、白石達也は若いうちから情報商材の販売を行っており、業界内でもトップ5に入る実力を持っているとされています。

世の中にはネットビジネスに関する情報商材が数多くありますが、だいたいは販売元の利益だけを考えたものが多く、それが活用できるかどうかは情報収集して選ぶ必要があるでしょう。

一方、白石達也の商材はスペシャリストが講座を展開しているので、質の高い学習を提供していることが高い評価につながっています。

長期的な資産形成など社会に出て役立つ知識を学べるサービスは、数多くある情報商材の中でも貴重なものではないでしょうか。




■白石達也が発信していること


白石達也は、裕福な家庭で育ったエリートとしても知られていますが、彼自身は数々の苦労を経験してきています。

現在では、教育方針や自己啓発を踏まえ、彼独自の情報商材を立ち上げ、新しい投資方法も提供しています。

また、あらゆる情報商材を提供することで満足するのではなく、常に学ぶ姿勢を大切にしており、教育そのものや、働き方についての本来あるべき姿を日々追求しているのです。

これまでも、白石達也の実績や活動は集客力も能力も非常に支持されており、徐々に会員数も増えてきています。

近年では、情報社会と呼ばれる世の中で、より有効で正しい知識を身に付けていくことは困難になってきています。

しかし、彼のIROASや育成プラットフォームのアルケミなどは、将来的に見ても教育社会を変えていく大きな役割を果たすと言えるのではないでしょうか?

また、最近では仮想通貨や、様々な投資方法がある中で、思うように稼ぐことができない方もたくさんいるでしょう。

そんな方のためにも、白石達也は1人でも多くの方が自由に教育を受けたり働いたり、お金を稼ぐことができるようにと、新しい世界を探しているようにも感じられます。

白石達也の取り組みには、賛同する声だけでなく、中には否定的な意見を持つ方もいるのが実態です。

しかし、目まぐるしいスピードで変化していく世の中で、将来を見据えた取り組みや努力を全力で行っている方はどのくらいいるでしょうか?

白石達也のIROASやアルケミなどの教育プログラムや教育者育成におけるプラットフォームは、今後教育業界を変えていくことが予想されます。

彼は昭和の時代から続いている教育のあり方に疑問を抱き、教育を変え、自由を生み出そうとしているのです。

 

ここまで、白石達也のプロフィールや経歴、取り組みなどを見てきました。

ここで紹介した以外にも、彼は様々な取り組みを多くの方に提供し発信し続けています。

まずは、そんな彼がどのような人物なのか知り、彼独自の取り組みや情報商材についても理解していくことが大切です。

リバティーレジデンツとはどういうものなのか?

白石達也はIROASやアルケミ以外にリバティーレジデンツというサービスを展開しています。

主に仮想通貨に関するセミナーのようですが、単純に仮想通貨の専門知識が学べるサービスではないようです。

リバティーレジデンツがどんなサービスなのか、概要や創立背景についてご紹介しましょう。

 

 

■リバティーレジデンツとは?

 

リバティーレジデンツは居住地の自由を得ることをテーマに、様々な教材を提供しています。

主な教材は、

・ネットビジネス

・投資

・旅行

・移住

・節税

・語学

の6つで、特にネットビジネスと投資を重要な柱にしているようです。

リバティーレジデンツは今話題の仮想通貨の専門知識や投資方法を学ぶことができ、また稼ぐだけではなくその後の生活に関する情報も手に入れることができます。

 

 

■白石達也がリバティーレジデンツを創立した理由

 

白石達也はどんな思いでリバティーレジデンツを創立したのでしょうか?

彼は「学び」により人生を変えられると考えており、創立背景もそこにあります。

学習は誰でも必ず通る道ですが、学んでも特に特別人生に変化がないという人も少なくないでしょう。

白石達也もつらい学生生活の中でも、真面目に義務教育に取り組み、有名大学への卒業も果たしています。

しかしその人生を歩む中、学校で学んでいることは人生に変化を与えたり、豊かな社会生活を送るためにはあまり役に立たなかったりと感じたようです。

そもそも義務教育は戦時中のヒエラルキー社会でつくられ、現在も構造に大きな違いはありません。

しかし、ブロックチェーン技術により、ヒエラルキーも崩壊の方向に進んでおり、既存の学校教育では激しく変化していく情報社会についてはいけないと考えています。

リバティーレジデンツは情報化社会で自由に生きていくことを考え、経済的かつ居住的な自由に関する学びを提供するために創立されたのです。

 

情報化社会の現在は常に変化が起きていることから、新しい情報であってもすぐに古い情報になってしまう傾向があります。

リバティーレジデンツは「少し先にある未来」の情報を提供し、それを活用することで個人の小資本でも、長期的に資金形成ができるようになれるノウハウを身に付けることが可能です。

白石達也は自身の利益にとらわれず、人々が豊かで幸せな人生を歩んでもらいたいという願いを持っているので、その意思を持ちつつリバティーレジデンツを展開しているのでしょう。

リバティーレジデンツの仕組みについて解説

白石達也のリバティーレジデンツについてご紹介しましたが、具体的にどんな仕組みなのか知りたい方も多いでしょう。

リバティーレジデンツはオンラインなので、どこでも気軽に学べることが魅力で、さらに簡単に収益を得られるシステムも導入されています。

それでは、この項目ではリバティーレジデンツはオンラインの仕組みについてご紹介しましょう。

 

 

■リバティーレジデンツの使い方

 

リバティーレジデンツは会員制サイトで、すでにIROASの会員になっている人や、会員でない人でも講座を受けることができます。

講座はオンラインで展開されているので、好きな時に好きな場所で学びたいことを学べます。

例えば、仮想通貨の場合は100ページに及ぶPDFレポートと、3時間程度のビデオトレーニングで学習していくスタイルです。

他にも毎月ニュースレターが届くので、現在注目の仮想通貨や投資案件の最新情報も手に入れられます。

一般的な仮想通貨の講座は取引所での購入方法やICOに関する情報ばかり目立ちますが、リバティーレジデンツではお金の歴史や仮想通貨の技術など、仮想通貨自体の本質から学べるので賢い投資方法を見に付けることができるでしょう。

そして、経済的に豊かになり、最終的に自由な居住を手に入れることを目的にしている点が、他にはない強みです。

実際、リバティーレジデンツでは安く海外旅行ができるノウハウや、海外居住のポイントなど暮らしに関するコンテンツも多数展開しています。

 

 

■学びながら軍資金が手に入る

 

リバティーレジデンツの面白いところ、「オプトインATMシステム」により学びながらお小遣い程度ですが利益を獲得できるところです。

これはリバティーレジデンツがLPを作成・更新を行い、参加者がブログやSNSなどWeb上で集客し、見た人がLPに登録することでアフィリエイト報酬が得られる仕組みとなっています。

メルマガを解除しない限り、紹介したLPの登録に成功すればずっと報酬を得て軍資金に回すことが可能です。

仮想通貨の投資では一定の軍資金も必要になるので、学んでいる間に集めておけば習得後すぐに始めることも難しくないでしょう。

リバティーレジデンツは効率のよいWeb集客の講座もあるので、身に付ければアフィリエイト報酬も獲得しやすいと言えます。

 

 

■リバティーレジデンツの活用ステップ

 

リバティーレジデンツを最大限に活用する6つのステップがあります。

どんなステップがあるのかご紹介していきましょう。

 

・ステップ1 未来の想像

リバティーレジデンツを最大限活用するために、まずは自分の未来を想像することを始めます。

会員サイトでは通信レポートや海外居住のショートカット、安く海外旅行をする方法など様々なレポートがあるので、そこからどこに、いつ行きたいなどを想像してもらいたいようです。

何事も具体的な目標を持って取り組むことが大切なので、未来を想像することで学ぶ意欲の向上につながるのでしょう。

 

・ステップ2 オプトインATMシステムの活用

毎月の収入を増やすためにオプトインATMシステムの導入を推奨しています。

 

・ステップ3 集客方法を習得

オプトインATMシステムを賢く稼働させるために、集客スキルを学べるリスト集め法かネオランドハンズオブハンモックユーチューバーでも学習がおすすめです。

 

・ステップ4 実践

集客スキルを身に付けたら、次はダンジョンで実践となります。

リバティーレジデンツでは思考法やマインドセット、考え方、トレーニングの全てが用意されており、自由なマインドセットを手に入れることで人生を変えることができるでしょう。

 

・ステップ5 毎月仮想通貨の情報を入手

毎月仮想通貨レポートが配信されるので、そこでこれからの投資活動を行う上で必要となるノウハウや情報を得られます。

最新情報は投資の基準判断でも重要なので、しっかりチェックしましょう。

 

・ステップ6 レポートから経済的なニュースを見る

毎月5日に経済的にインパクトのあるニュースレポートが届くので、ぜひチェックしておきましょう。

なお、会員サイトで過去のレポートを見ることが可能ですが、激しく変化する情報化社会の中では鮮度の高い情報をしっかり見ることが大切です。

リバティーレジデンツの類似サービスはあるのか探してみた

情報化社会の現代には、オンライン上に様々なサービスが展開されています。

多種多様のサービスの中には、リバティーレジデンツと類似するサービスはあるのでしょうか?

この項目ではリバティーレジデンツの類似サービスについて調べてみたので、ご紹介します。

 

 

■仮想通貨に関するオンライン講座はたくさんある

 

仮想通貨は世界中で注目されていることから、ネット上には様々な講座や情報サイトが公開されています。

情報サイトであれば、ほとんど会員登録なしや無料で仮想通貨の特徴や仕組み、現在の価格相場などの情報を手に入れることが可能です。

あくまでも情報サイトなので、講座というと少し違いますが基礎的な知識を得られる点は似ています。

また、有料のオンライン講座も多数あり、動画やライブ映像、テキスト、定期的なリアルセミナーを通じて学べるサービスが中心のようです。

講座内容に関しては、仮想通貨を手に入れる方法や管理・保管方法、取引所の操作法、仮想通貨の種類について紹介しているところが多いです。

白石達也も仮想通貨のセミナーでは購入方法や特定の案件に関する内容が多いことを指摘しており、リバティーレジデンツでは仮想通貨の基礎だけではなく、お金そのものの歴史や仮想通貨の技術などを細かく説明しているという違いがあります。

仮想通貨の本質を知った上で賢い投資方法を学べるので、より高度な投資を実現できるでしょう。

 

 

■仮想通貨に特化した講座が中心

 

仮想通貨をメインにしているオンライン講座は、基本的に仮想通貨関連のセミナーしか開かれていません。

仮想通貨に関するセミナーと考えれば当然ですが、それだけではただ稼ぐだけで終わってしまいます。

投資やビジネスをする上では、何を目的に稼ぐのかが大切でしょう。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨を中心に自由な居住を目指すことを目的にしているので、仮想通貨はあくまで目標に到達するまでの手段の1つと考えられるわけです。

なので、仮想通貨以外のコンテンツも充実しており、様々なことに興味や関心、知識を持ちながら学習できるところが他の仮想通貨セミナーにはない強みです。

 

 

■稼ぐ方法が実践しかない

 

通常の仮想通貨セミナーは、基本的に基礎知識を学んでマニュアルどおりに投資を実践していくスタイルとなっています。

つまり、稼ぐ方法は実践しかなく、実践するためにはある程度の軍資金を個人で用意する必要があり、小資金ではすぐに実践に移ることは困難です。

リバティーレジデンツではオプトインATMシステムが導入されているので、学んでいる間も少しずつ収入をプラスできるので、一般的なオンライン講座よりも早く実践に移ることができるでしょう。

仮想通貨に興味がある人のほとんどは小資金だと思うので、オプトインATMシステムによって稼げるのはリバティーレジデンツの会員ならではの特権と言えます。

しかし、オプトインATMシステムを上手く活用するためには集客力が必要となるので、稼働しただけでは十分な効果は発揮されません。

リバティーレジデンツでは集客方法に関しても学べるので、しっかり学習すれば効果的に稼げるでしょう。

今回のまとめ

ここまで白石達也についてや、リバティーレジデンツについてなど、色々とご紹介してきました。

エリート一家に生まれた白石達也は学生時代のイジメ経験や自己啓発・ビジネスセミナーにより、既存の学校教育に不満を持っていました。

有名な大学を卒業したものの大企業への就職は選ばず、大学在学中から独立することを目標にしていました。

そして、大学卒業後は20代のうちに代表取締役となり、ランドオブハンモックユーチューバーをはじめ、様々な情報商材の販売を行います。

その結果、1年で億単単位も稼ぎ、人々が自由で幸せな人生を手に入られるように「IROAS」や「アルケミ」を創立しました。

そして、仮想通貨に大きな期待と既存の学校教育では情報化社会に必要な知識が学べないという強い思いから、「リバティーレジデンツ」を展開しています。

 

リバティーレジデンツは単純に仮想通貨のことを学べるだけではなく、居住の自由をテーマにしているので語学やビジネスなど様々な知識を見に付けることが可能であり、他の仮想通貨セミナーにはないこだわりでしょう。

また、オプトインATMシステムの導入により、参加者は稼ぎながらノウハウを学べるという新しい試みも行っています。

ネットでは優良なセミナーや情報商材がたくさんありますが、それでも高額のセミナーや情報商材が多く、その中には価格に適さない質の内容で売っている場合も珍しくありません。

特に仮想通貨に関して知識のない人は、講座内容の優劣を判断しきれない点もあるので、騙されてしまう傾向があります。

悪質なセミナーや商材は参加者の利益ではなく、販売者の利益を優先していることが多いです。

その点、白石達也はつらい過去を経験しており、自分のようにつらい経験をしている人にも寄り添えるように、参加者の利益につながることを考えてリバティーレジデンツを進めていると言えます。

幅広い知識を学べることと、オプトインATMシステムの導入は、参加者の利益に配慮したコンテンツなのではないでしょうか?

 

通常のオンラインセミナーは仮想通貨の基礎や運用の基礎しか教えてもらえないことが多いです。

しかし、リバティーレジデンツでは仮想通貨の本質から学ぶことができるので、より効率よく経済的な自由を獲得できるのでしょう。

白石達也の情報商材は業界内でも高品質と話題なので、仮想通貨や海外居住に関しても質の高い情報を手に入れられと考えられます。

白石達也が開発!LINE@ATMシステムとは?

LINE@ATMシステムとはどういうものなのか?

白石達也が手掛けるLINE@ATMシステムについて紹介していきます。



■LINE@ATMシステムの特徴

 LINE@ATMシステムは、スマホを利用している方のほとんどが活用しているLINEを使い、インターネットビジネスを作り上げたもので、2017年12月より新たにスタートしています。

LINEは、老若男女問わず、日常的に利用するもので、情報発信にも広く浸透しています。

また、友人や知人とも気軽にシェアすることができ、様々な情報共有も可能です。

白石達也はそこに着目し、開封率や良くメルマガよりも登録の手間も少なく、気軽に情報発信ができるLINEの特徴を活かし、資金を生み出すシステムを作り上げたのです。

LINE@ATMシステムは、LINEに登録者に届くメッセージの中に、自動で報酬が発生するシステムとなっています。

しかし、LINE@ATMシステムは、簡単に誰もお金を稼ぐことができるというものだけではありません。

コンテンツの質が高い動画商材やIROASを活用して、稼ぐための知識を深めることができ、それらの学びを通して実践的に稼ぐというものなのです。

例えば、自社独自のサービスがあるという場合は、LINEの集客力を利用することで結果的に稼ぐことができるという特徴があるのです。

つまり、自社独自のサービスをLINEを通じて知ってもらい、顧客を集めることで1人でも多くの方にサービスを利用してもらうという流れになります。

LINE@ATMシステムは、シェアするだけという手軽さやネットビジネスそのものの信憑性を問う方も少なくありません。

しかし、LINE@ATMシステムについては無料セミナーを開催しており、それらを通じてLINE@ATMシステムについて理解を深めると、安全性も高いことがよくわかります。

LINE@ATMシステムは、LINEならではの利便性を活かしつつ利益を上げるためのシステムです。

それを上手く活用することができれば、結果的に大きな報酬が得られるのではないでしょうか?

 

 

■LINE@ATMシステム利用のメリット

 

前述したように、白石達也が手掛けるLINE@ATMシステムは、LINEならではの特徴をビジネス採用していることがわかります。

しかし、そのような特性だけでは、資金を生み出すシステムとしては不足する部分もあるのではないかという声もあります。

そこで、LINE@ATMシステムはLINE登録者に届くメッセージを通して、自動的に報酬が得られるシステムを作り出しているのです。

通常、LINEをビジネスに採用すると、月額4万円以上もの費用がかかるとされています。

そのため、企業ではなく個人が行うにはハードルが高いビジネス戦略と言えるでしょう。

しかし、LINE@ATMシステムを作動させるには月額費用がかかりません。

また、登録用ページや特典なども用意する必要がなく、利用することで専門知識を理解しておく必要もないため導入直度から成果を出すことも可能です。

長期的に、安定した収入を獲得していくためには、LINE@ATMシステムは大きな役割を担うと言えるでしょう。

近年、テクノロジーの進化に伴い、ビジネスも世界的に常に変化していいます。

しかし、それらを踏まえて成功していくには、それ相応のビジネスで収入を得ていく必要があるでしょう。

もちろん、LINE@ATMシステムを活用することで誰でも簡単に稼げるというわけではありません。

稼げる方は想像以上に多いとされていますが、中には稼げないという方もいるでしょう。

 

しかし、稼ぐことができない方でも、将来稼ぐ力やノウハウが身に付くというメリットもあります。

それは、次のLINE@ATMシステムの仕組みで詳しく見ていきましょう。

では、LINE@ATMシステムの詳しい仕組みや利用方法についても理解を深めていきましょう。

LINE@ATMシステムの仕組みについて解説

詳しいLINE@ATMシステムの仕組みや利用方法について見ていきます。

 

 ■LINE@ATMシステムの利用方法

 

LINE@ATMシステムは、前述したようにLINEの特徴を活かしてビジネスの利益を生み出すシステムです。

そんなLINE@ATMシステムは、IROASに参加しなければ使用することができません。

IROASでは、様々な教育コンテンツを学ぶことができますが、基礎から専門的な分野まで学んでいくことによって収入を増やすだけではなく、安定した収入を長期に渡って得ることができるというわけです。

ただ、LINE@ATMシステムは集客ツールとして考え、単体でお金を稼ぐということを目的にしないということもポイントになります。

例えば、自社独自のサービスが目標であったり、目標に近づくために集客を求め活用したりと、目標達成のためにLINE@ATMシステムを上手く利用すると良いでしょう。

 

 

■IROASのコンテンツは質が良い

 

LINE@ATMシステムが注目されている背景には、IROASの存在があります。

IROASも白石達也が手掛ける情報商材ですが、彼自身が感じている日本の教育に対する疑問は、多くの方が心の中で感じていることでもあります。

例えば、高額な学費を払ってなんとなく大学に通い学んだり、詐欺に近い情報商材を購入したりする方は非常に多くいます。

しかし、本当に学びたいことが学べていないことも少なくないでしょう。

IROASでは、実力も実績もあるプロの講師が起業するために必要なスキルや売上に影響するスキルを提供しています。

現在、日本の教育業界は、早いスピードで変化している時代の流れに沿って変化していません。

IROASは、本当に必要な教育を受けることができるのです。

そんなIROASが背景にあるLINE@ATMシステムは、安心して活用できるシステムであると言えるでしょう。

今後、IROASで稼ぐための勉強をする方が増えるのではないかと言われています。

上記でも触れましたが、LINE@ATMシステムで稼ぐことができなかった方でも、将来的に稼ぐ力やノウハウを身に付けることができるというのはこのためです。

LINE@ATMシステムには、IROASの影響力も大きいと言えます。

LINE@ATMシステムは、現在もLINEをシェアするだけのネットビジネスとして捉え、稼げないと否定的な声も残念ながらあります。

しかし、今後LINE@ATMシステムの本当の仕組みやメリットを理解する方が増えれば、利用者はますます増えていくに違いありません。

白石達也が手掛けるIROASやLINE@ATMシステムは、さらに注目されていくことでしょう。

LINE@ATMシステムの類似サービスはあるのか探してみた

白石達也が提供しているLINE@ATMシステムは、IROASを通じて稼ぐ方法を身に付けることができるという大きなメリットがあることを紹介してきました。

しかし、LINE@ATMシステムの類似サービスなどはあるのでしょうか?



■LINEを使って稼ぐ方法?

 

LINEを使って稼ぐという方法は、今までにもありましたが、LINEスタンプを作って送ったり、SNSを通じて別人になりすましてLINEのIDを聞き出し、出会い系サイトのURLを貼って登録させることで紹介報酬を得るといった詐欺まがいの副業しかありませんでした。

しかし、近年ではLINEを使って副業を行い、使い方次第でメルマガの数倍の効果を発揮する「LINE配信ツール」というものが公開されました。

LINEはメルマガよりも開封率が高く、成約率もメルマガの5倍だと言われています。

そこに着目し、アフィリエイトの成約や無料アプリの紹介、お小遣いサイトの紹介などをすることで稼げる仕組みを作ったのです。

LINEはリアルタイムで利用者にメッセージが届き、その場で既読になることも多いでしょう。

このシステムを使うことで、すぐ購入可能なリンクや申し込みフォームなどを差し込むことができます。

また、メルマガの手法で一般的なステップメールをステップラインとしてあらかじめ用意しておけば、順次配信することもできるという特徴があります。

ただ、配信する内容をきめ細かく段階的に作成しておくことは苦に感じてしまう方もいるでしょう、

しかし、LINE@ATMシステムと大きく異なるのは、自ら稼ぐ力やノウハウを身に付けるのではなく、単純作業をコツコツと繰り返すことによって収入を得るということです。

LINE@ATMシステムは、最終目標として自社独自のサービスへとつなげることができます。

一方でこちらのツールはあくまでも副業として稼ぐことをメインにしたものです。

また、このようなツールの類似サービスは現在も非常に多く、詐欺と言われるものも出回っています。

本当に安心して稼ぐには、やはりこうしたLINEツールなどのサービスは慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

 

■LINEで集客して稼ぐ方法も

 

中には、LINE@ATMシステムのように集客して稼ぐ方法もあります。

LINE@ATMシステムと同様に、あらかじめ目標を定めておくことで稼ぐというものです。



 【LINELIVE】

LINEに集客をして、友達数が増えることで稼ぐ方法です。

ギフトアイテムという機能があり、視聴者から受け取ることでお金を稼ぐことができます。

LINEで集客をした後に一斉送信やタイムラインで誘導することによって視聴者を増やしていく仕組みです。

しかし、ターゲット層を定めずに集客して友達数を増やすと、誘導が上手くいかないケースが多いようです。

 

 【LINEコマース】

LINEで集客した後に誘導することで、自社の商品を売りやすくなりお金を稼ぐというものです。

こちらも一斉送信やタイムライン投稿を活用して商品ページで誘導する仕組みになっており、プッシュ通知によって開封率を高めるという特徴もあります。

 

 このように、LINE@ATMシステムのようにLINEの特徴を採用して集客を行い、自社独自の商品やサービスにつなげて結果的に稼ぐという類似サービスもあります。

しかし、LINE@ATMシステムとの違いは、稼ぐための知識を学ぶことができないということではないでしょうか?

LINE@ATMシステムは、たとえ稼ぐことができなくても将来的に稼ぐ力が身に付きやすいため、長期的に安定した収入を得ることができます。

しかし、ここで紹介した類似サービスにおいては、稼ぐことができる方と稼げない方がいるばかりか、稼げない場合にはどのように稼いでいけば良いかを発信するシステムもありません。

こうして見ても、LINE@ATMシステムの類似するサービスはあっても、白石達也氏が手掛けるIROASとLINE@ATMシステムのような仕組みを持っているサービスはほとんどないと言えるのではないでしょうか?

今回のまとめ

ここまで白石達也のプロフィールや経歴、LINE@ATMシステムの特徴や仕組み、類似サービスについて理解を深めてきました。

白石達也が手掛けるIROASや育成プラットフォームのアルケミなどは、彼自身が問い続けている教育社会を変化させる大きなきっかけになっていると言えるのではないでしょうか?

彼は、昭和から現在まで続いている教育のあり方に疑問を抱いていますが、日本には彼のように教育に対して不満をかかえている方が非常に多くいます。

白石達也は、IROASやアルケミなどの教育プログラムや教育者を育成するプラットフォームを提供することで、教育業界そのものを変えていこうとしています。

白石達也のLINE@ATMシステムについても背景にはIROASがありますが、実力も実績も高いプロの講師が起業するためのノウハウや必要なスキルなどを提供しているのです。

早いスピードで変化していく時代の流れに沿った教育を受け、実際に稼ぐためには、IROASのような時代に合う本当に必要な教育を受ける必要があります。

近年では、LINEを使って稼ぐ方法や、LINE@ATMシステムの類似サービスの提供も行われていますが、詐欺まがいのものも少なくありません。

また、LINE@ATMシステムのようにLINEの特徴を採用して、集客力を向上させるサービスもありますが、稼ぐための知識を学ぶことはできません。

集客力を高め、自社サービスなどにつなげて結果的に稼ぐという方法は、実際に稼ぐことができる方も多いですが、中には稼ぐことができないというケースもあるでしょう。

しかし、白石達也が手掛けたLINE@ATMシステムであれば、将来的に稼ぐ力を身に付けることができ、長期的に安定した収入を得ることができます。

LINE@ATMシステムは、稼ぐことができない人にとっても大きなメリットがあるのです。

LINE@ATMシステムの類似サービスには、稼ぐことができない方に対してのアプローチはありません。

白石達也はまた、教育だけでなく日本の働き方についても疑問を抱き、1人でも多くの方が働きやすく自由に生きることができるような社会へと変えていくべきではないか考えています。

白石達也の活動や実績は広く支持されていますが、否定的な意見を持つ方も中にはいます。

しかし、今日本に必要な教育や働き方を考える上で大切なことはいったい何でしょうか?

彼独自の取り組みや情報商材を見ていくと、彼自身が抱く思いを理解することができます。

また、数多くの実績を持っていても、常に学ぶ姿勢と教育、働き方について自ら研究することを重要視しています。

そんな白石達也が手掛けたサービスは、今後多くの方に受け入れられていくに違いありません。

白石達也が主張する教育の重要性とは

様々な情報商材を手掛けている白石達也は、教育の重要性も学ぶ人に伝えようと考えています。

では、白石達也は教育の重要性についてどのような主張をしているのかみていきましょう。

 

 

■IROASから読み取れる白石達也の考え方

 

IROASは、白石達也自身の経験から学んだ教育のあり方を伝えようとするものです。

教育の中で大切になることは、一人ひとりがその人らしい生き方ができるようにサポートするということだという考え方です。

一人ひとりがその人らしい生き方ができるようにサポートするためには、早稲田大学在学中などに白石達也が携わった情報商材で培った知識、IROASでの学びが必要になると考えています。

白石達也の株式会社ALCHEMATIONの中でIROAS特に大きなプロジェクトです。

IROASでは、ただ学ぶだけではなく、新たな教育者を育て、教育というビジネスをより確立させることを目的に学んでいきます。

今まで世界を巡った経験もある白石達也は、教育者を育て、より良い教育を提供していくために欠かすことができないポイントをそれぞれの情報商材に盛りこんで、多くの人に伝えようとしているのではないでしょうか。

 

 

■教育者も勉強を続けていかなければいけない

 

白石達也の考えの中では、教育者であっても勉強を続けていくことが大切だと言います。

教育者という立場に立つ人は多くいますが、その中で勉強を続けているという人はどのくらいいるのでしょうか。

教育者というのは、日々変化を続けている研究結果や毎月のように出版される参考書などを読み進め、知識をどんどん増やしていく必要性があります。

しかし、多くの研究者は今自分が持っている知識やスキル以上のものを身に付けようとしていないのではないかと白石達也は考えており、実際に勉強を続けているという研究者はそう多くありません。

教育というのは、これからの未来を担う人材を育てるものです。

そのような場面において、古い知識を教えるだけでは教育とはいえず、白石達也のような起業家からは疑問視されている部分といえるでしょう。

日々変化を続ける私たちが生きている社会の中で生活していくためには、変化に合わせた学びが必要です。

そのため教育者は、その変化に応じた教育を提供していかなければいけないということになります。

白石達也がIROASなどの情報商材を提供しているのは、その教育の重要性に気がついたからと言えるのではないでしょうか。

 

 

■白石達也が望む教育を提供するためには

 

白石達也は、時代の変化に合わせた教育を行うことこそ、真の教育だと考えている人物です。

現在の教育は、時代の変化に沿うものではないため、あるべき姿を白石達也が伝えようとしています。

しかし、多くの人はそのような考え方をすぐに受け入れることが難しく、白石達也が伝えようとしている考え方を理解することができず、白石達也が手がける情報商材に関しても詐欺や怪しいという声が聞こえてしまうのです。

そのような声を上げる人は、白石達也という人物や情報商材に対して理解していないケースが多いため、誤解を解くためにはまず理解するということが大切になります。

現在の教育に関して疑問視する見方をする人はだんだんと増えているため、時代の流れや社会に適応する教育をしていくことは、これからの時代に適応できないというリスクを軽減します。

つまり、白石達也は教育の重要性を伝えようとしているだけではなく、教育業界自体を変化させ、時代に適応できる人材を教育していこうと考えているのではないでしょうか。

そして、白石達也が今まで見につけてきた知識を最大限に活かし、1人でも多くの人が豊かな生活ができるような教育を提供していこうとしているのです。

 

日本の教育には欠陥がある

世界にはたくさんの国があり、文化や言葉が違えば、教育事情も全く異なります。

ここでは、各国の教育事情についてみていきましょう。

 

 

■モロッコの教育事情 

モロッコでは、義務教育という考え方ではなく、教育を受ける権利は平等に持っているという考え方で学校教育が進められています。

そのため、「行けない人は行かない」という選択肢もあるということになるのです。

就学率は、都市部で82%、地方で41%となっていることから、地方では学校に通わないという人が半数以上いることがわかります。

これは義務教育ではなく、基礎教育や権利教育と呼ぶモロッコの教育事情を垣間見ることができるポイントと言えるでしょう。

 

 

■ドイツの教育事情 

ドイツは、義務教育の期間が13年あります。

優秀な人材を多く輩出することでも知られているドイツの就学率は、もちろん100%です。

ドイツの子ども達は、「教育を受ける権利」と「就学する義務」を持っているため、義務教育の期間は必ず学校へ通わなければいけません。

不登校になってしまった場合は、ホームスクーリングで教育を受けることになります。

 

 

■イギリスの教育事情

イギリスの義務教育は、5歳から始まります。

5歳というまだ幼い年齢で義務教育を開始するため、勉強についていくことができない子どももいるそうです。

早くから教育環境に身を置かなければいけないため、近隣諸国の子どもより読み書きなどは早くできるようになりますが、あまりにも早い義務教育開始には疑問視する見方もあります。

しかし、イギリスの教育方針がそのようになっているので、従うしかないのでしょう。

 

 

■中国の教育事情 

中国の就学率は100%以上になっているということを知っている人はどのくらいいるでしょうか。

中国の一人っ子政策によって、「黒核子」と呼ばれる戸籍のない子ども達が存在しているからだそうです。

中国は近年大きな飛躍を遂げている国であり、有名な大学も多数存在しています。

教育に関しては、充実した環境が与えられていると考えて良いのではないでしょうか。

 

 

■義務教育はありがたい存在 

いくつかの国の教育事情をチェックしてみましたが、義務教育として制度が整っている国とそうでない国があることがわかります。

日本にいると教育を受けることができるのは当たり前だと思うかもしれませんが、必ずしもそうではないということなのです。

各国の教育事情を知ると、日本の義務教育では様々な経験をすることもできるので、かなり恵まれた環境の中で育っているということに改めて気付かされるかもしれません。

 


各国の教育事情を比較してみた

白石達也はこれまで自身が受けてきた日本の教育に対し疑念を抱き、そのことをきっかけに新たな情報商材を開発・提供することを決意しました。

そもそも彼が否定する日本の教育とはどのようなことを言うのでしょうか?

ここで、日本の教育事情について解説していきましょう。

 

 

■日本教育に見られる特徴 

日本における「教育」とは単に学校教育という狭い領域に留まらず、家庭教育や社会教育なども総括して「教育」という枠組みに含まれます。

日本語の「教育」の語源は「教」を「励まし模倣させること」とし、「育」は「子どもを養うこと」という概念で江戸時代から「教育」という言葉が使用されるようになりました。

日本の教育は文部科学省が所管し教育基本法のもと学校教育の施設や制度が整備されています。

教育対策においては教育立国を代表して国家戦略の一部に教育の重要性を位置づけるようになりました。

 

・生涯学習

・高度専門教育の拡大

・構造改革を目指すための教育特区の認定

・専門職大学院設置

・高等教育による国際的な研究力の向上

・海外留学生の受け入れ

 

以上のような教育政策を積極的に取り入れているのが日本の教育です。

 

 

■学校教育における必修科目

現在の日本の学校教育は小学校・中学校・高等学校それぞれに必修の課目があり、文部科学大臣から認定された教科用図書を使用し学習する決まりがあります。

 

【必修科目】

 ・国語・算数(数学)・生活・社会(公民・地理・歴史)・理科

・英語・体育(保健体育)・家庭(技術)

・音楽・図画工作(美術)・書道・情報・道徳

・特別活動

 

このような必修科目は学習指導要領の基準を元に各教科の学習時間が設けられています。

1単位時間は小学校で45分、中学・高等学校は50分となっていますが、必要に応じて学習指導要領が改正されることもあります。

 

 

■日本の教育に対する課題とは 

日本は他国に比べて読解力や数的思考力が高く、スウェーデンやフィンランドに並ぶ世界トップレベルを誇ると言われています。

しかし教育費への歳出が難しくなっているため、経済的な教育環境問題や教育格差が固定化していく可能性が極めて高いようです。

 

 

【教育の課題】 

日本の教育は個人に向けてというよりも社会側に置く傾向が強いようです。

第二次世界大戦後では日本社会の民主化、高度経済成長期には産業振興、近々では新自由主義に基づく国債経済競争の政策が重視されてきているため、一人ひとりがより良く生きていくための教育というものが軽視されがちになってしまっているのが現状にあります

 

 

【教育内容・教育方法】 

日本の教育は知識を身につけるよりも思考力や創造力、コミュニケーション能力などを重要視する傾向があります。

個別の領域になると歴史教科書問題や道徳教育、性教育などが政治的な焦点となっているようです。

終戦直後は問題解決学習が導入されましたが学力が低下するといった批判的な声が多く、系統学習による詰め込み教育へと移行されることになりました。

1970年代以降は受験競争がわき起こり段階的な学習内容がなくなっていきましたが、この「ゆとり教育」によって学力低下が危ぶまれ、再び教育方法の見直しを迫る意見が飛び交っているようです。

さらに、教育が行われる環境は学校以外の場も重要だと考えられています。

家庭や地域での教育やしつけに対して十分な機能を果たしていないのではないのだとうかということも問題視されていると言えるでしょう。

 

 

日本では義務教育という教育事情があることから、多くの人が日本の教育を受けることが当たり前という風習にあるようです。

しかし、戦後から始まる教育内容や教育方法に疑問を抱く人も多くなってきています。

子どもたちに考える時間を持たせない「詰め込み教育」によって、考えること自体を作らせないようにしているとも捉えることができるでしょう。

そうなると必然的に日本に自分の意思を持った主体的な人間がどんどん少なくなっていきます。

白石達也はこういった評価される教育・考えさせない教育に幼い頃から、抵抗を覚えていたのではないでしょうか。

 

今回のまとめ

今回は白石達也のプロフィールや経歴をはじめ、彼が主張する教育の重要性についてまとめてきました。

エリート一家で育ってきた彼は勉学に励む中で古典や論語に興味を持ち、流行やファッションなど身だしなみに対して無頓着な学生でした。

そんな彼はいじめのターゲットにされ辛い学生生活を送る日々もあったのですが、何とか勉学に意識を向け早稲田大学に入学します。

志望校への入学が現実となり全て自分が描いたシナリオ通りの人生を歩んでいけると思っていた矢先、通っている大学の教育方針に疑問を抱くようになりました。

これは彼が今まで出会ってきた良書によって気付けたことと言えるでしょう。

「感情を出した人の方が好かれる、人は自分が考えたような人間になる」という言葉通りに、彼は言葉通りに自分自身を照らし合わせてみたのです。

大学在学中に携わってきたソフトウェアやFXのシステム開発・販売などの経験を活かし、情報商材を販売するというビジネス展開を生み出しました。

その代表作とも言える「ランドオブハンモックYouTuber」は大きな売上げを達成し、情報商材販売サイト「インフォトップ」においてトップの座を獲得します。

 

情報商材の中には教育に対する重要性を主張するものもあり、自身の経験に基づいた教育のあり方を伝えようとするコンテンツもあります。

教育者というのは指導すると共に、自分自身も常に学び続けなければならないという必要性があると彼は断言しているのです。

古い知識をそのまま受け継いでいくだけでは、日本のこれからの時代の変化に対応していくことはできません。

今の日本背景や需要の変化に合わせた教育内容・教育方法が必要だと考えています。

日本の教育は世界各国の教育事情に比べて、非常に恵まれた環境にあります。

しかし、充実した施設、制度があるにも関わらず一番重要な「教育の欠陥」があることが残念でなりません。

教育の場で考える時間が持てないこと、教育者によって全て評価されてしまう教育方法を彼は疑問視しているのではないかと読み取れます。

今はインターネット環境が整っていれば色々な知識をどこでも学ぶことができる時代です。

IROASが提供している情報商材も、インターネットさえあればいつでもどこでも利用することができる便利なコンテンツです。

より多くの人たちが正しい情報を入手し、自分が描くビジネスモデルや自由空間を実現できるよう彼は心から応援しているのでしょう。

彼が提供する情報商材には日本の教育のように縛られることなく、自分の好きなように運命を切り開いていく方法がたくさん備わっているのです。

 

白石達也の代表作「ランドオブハンモックユーチューバー」とは?

ランドオブハンモックユーチューバーとはどういうものなのか?

白石達也の経歴を見てみると、幼少時代から勉学に励むことで様々な知識を習得していたことがわかります。

決して順風満帆な人生ではありませんが、辛い経験を乗り越えてきたからこそ今の白石達也があるのでしょう。

若くして成功を収めた白石達也は、大学卒業後に有限会社エンハンスの代表取締役となりましたが、そこでは彼の代表作とも言える「ランドオブハンモックユーチューバー」を販売していました。

名前だけ聞いたことがあっても、内容までは知らない人も多いと思うのでランドオブハンモックユーチューバーがどういうものなのか解説していきましょう。

 

 

■ランドオブハンモックユーチューバーとは? 

ランドオブハンモックユーチューバーは、白石達也が大学在学中から身に付けた情報商材の販売経験を生かして販売が開始された商材となっています。

その名の通り、動画サービスを行っているYouTubeにおけるマーケティング手法を身に付ける商材で、アメリカで100年以上も歴史のあるマーケティングシステム「ダイレクトレスポンスマーケティング」の手法を教わることができます。

世界中から支持される商材となり、ネットビジネス業界においては知らない人がいないほどの注目を集めたのです。

2014年に行われたインフォトップグランプリ第1回人気教材選出権大会においては、第1位を獲得した実績も持っています。

 

 

■ランドオブハンモックユーチューバーの仕組みについて 

ランドオブハンモックユーチューバーの仕組みについて解説していきましょう。

まず、YouTubeに集客用の動画を掲載することで企業の商品やサービスを宣伝することができ、知名度をアップさせることができます。

商品やサービスに興味を持ったユーザーが、実際に利用することでユーザーだけではなく企業にも利益があり魅力的な手法となっています。

動画を掲載する際には、単価が高いために苦労することもありますが、掲載されれば利益につながるのでプラスになることが予想されるでしょう。

こうした手法を提供しているランドオブハンモックユーチューバーは、販売をスタートしてからわずか1年ほどで億単位の資産を獲得することができたのです。

 

 

■長期的に稼ぐことを目的とした情報商材 

ランドオブハンモックユーチューバーの特徴としては、集客力をアップさせることだけが目的だけではなりません。

商品やサービスを利用するユーザーを増やそうと企業側は考えるかと思いますが、それだけでは一定期間だけ集客率がアップすることもあるでしょう。

ですが、白石達也が手掛けるランドオブハンモックユーチューバーは、長期的に集客率を上げ、お金を稼ぐことのできるシステムを提供しています。

商品やサービスに興味を持っているユーザーをメインターゲットにすることで、長期的に集客率をアップさせることができると考えてサービスを提供しているので、企業側も安心を手に入れることができると考えられます。

効果的に集客を見込める動画の作成方法や高度な技術を教えるだけではなく、わかりやすいように様々な情報を丁寧に提供しています。

ランドオブハンモックユーチューバーを購入することで、SNSのコミュニティーに参加することも可能なので、情報交換をしたり成功術を学ぶことも可能です。

情報商材の中には、信憑性に欠けるものも中にはありますが、白石達也が手掛けるランドオブハンモックユーチューバーは、社会人の方だけではなく学生や主婦、高齢者まで様々な人たちが活用しており、情報をトータルに提供してくれる商材となっているので、安心して取り組むことができるでしょう。

多くの実績を持つ白石達也が手掛けているからこその安心感もあり、人気を博したのではないでしょうか。

 

ランドオブハンモックユーチューバーの類似サービスはあるのか探してみた

世の中には様々な情報商材や類似サービスがありますが、ランドオブハンモックユーチューバーに類似するものがあるのか調べてみました。

ランドオブハンモックユーチューバーが紹介するダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)に関する情報商材やサービスは数少ないようですが、いくつか見つけたので類似サービスの特徴をご紹介しましょう。

 

 

■Copyrighting Affiliate Program 

DRMを紹介している情報商材として「Copyrighting Affiliate Program」というものが見つかりました。

この情報商材はDRMについて実例で説明されており、アフィリエイトで稼ぐために必要なことを具体的にイメージできるところが他の情報商材にはない強みです。

具体的な内容は補足と解説付きのステップメールの事例集、スケジューリングが付いたアクションステップ、ブランティング先行型のステップと事例、新設サイトを活用した次世代マーケティングステップ、費用対効果の出るハウスリストの構築戦略となっています。

本気でメルマガアフィリエイトをやろうとしている人であれば、ステップ事例とハウスリスト構築は実践に役立つでしょう。

また、ランドオブハンモックユーチューバーはYoutubeでの集客ですが、Copyrighting Affiliate Programはある新設サイトを活用したマーケティングを学べるという違いがありました。

プランは月額プランと年額プランの2つがあり、教材やサポート体制に違いはないようです。

 

 

■Giga Tube 

Giga Tubeはエビルユーチューバーという情報商材と連携し、YouTube系の情報商材をアフィリエイトしていくサービスになります。

もともとエビルユーチューバーはYoutubeで集客を行い、Googleアドセンスというコンテンツ連動型広告配信サービスで稼ぐ手法です。

Youtubeのメリットは動画投稿サイトであるため、様々なジャンルで開拓ができ、アイデアによってはライバルのいない分野で稼ぐことができます。

Giga Tubeではエビルユーチューバーで学べるYoutubeの特性と動画制作のポイントが紹介されており、人気ユーチューバーのような集客効果の高い動画を作成できるようになります。

そして、動画を集客の入口にDRM手法によりメルマガ登録に誘導させ、YouTube系の情報商材を売り込んでいく仕組みです。

エビルユーチューバーはユーチューバーを目指し動画広告で稼いでいくための情報商材ですが、Giga TubeはDRM手法を使っているのでラウンドオブハンモックユーチューバーに近い情報商材と言えます。

違いとしてはDRM手法だけではなく、Youtubeアドセンスによる広告収入にも着目していることでしょう。

動画視聴者が増加していることからYoutube系のノウハウは稼ぎやすく、Youtubeアドセンスだけでも十分に稼げている人は多いです。

ただ、アドセンスは一過性に稼ぐパターンが多く、長い目で見るとなかなか収入を増やせない可能性があります。

エビルユーチューバーよりもビジネス感が強くなるので、抵抗を持つ方も少なくないようですが、Youtubeを活用して稼ぐ上でランドオブハンモックユーチューバーやGigaTubeは利益をより伸ばすことができるでしょう。

 

ランドオブハンモックユーチューバーの類似サービスを探してみましたが、アフィリエイトで成功している人の多くはDMR手法を実践しており、また時代に合わせてYoutubeを活用して稼いでいるようです。

ご紹介した情報商材はDMR手法、もしくはYoutubeの活用ノウハウに集中している印象で、似ているようですがランドオブハンモックユーチューバーとは違う部分もみられました。

また、多くの教材は販売元の利益を重視していることが多いのですが、白石達也は報酬自体を目的にサービスを展開しているのではなく、最終的に自立してビジネスを行っていく方針で情報商材を提供しています。

その意識が他の情報商材にない魅力ではないでしょうか?

 

今回のまとめ

今回は白石達也のランドオブハンモックユーチューバーについてご紹介しましたが、彼はこの商材で億の資産を稼いだとされています。

インフォトップのランキングでは度々上位にランクインしており、それを見ても人気の高い情報商材であったことが伺えるでしょう。

高すぎるといった意見もありましたが、アフィリエイトで有効なダイレクトレスポンスマーケティングの知識から、白石達也自身の経験を活かしたノウハウが紹介されています。

発売当初では珍しかったユーチューバーとしてのノウハウも紹介されているので、ユーチューバーに興味がある人にも人気があったと考えられるでしょう。

 

仕組みとしてはダイレクトレスポンスマーケティング手法によりYoutubeで集客し、ランドオブハンモックユーチューバーを販売していくアフィリエイトとなっているので、気軽に実践を重ねることができます。

注意点としてランドオブハンモックユーチューバーの購入者が増えるほど需要が減ってしまうことでしょう。

そうなるとアフィリエイトの報酬を得られなくなるので、そうなる前に次のステップに移らなければなりません。

次のステップではランドオブハンモックユーチューバーではなく、自身の情報商材を作って売ることです。

白石達也の最終目的は自立することにあるので、それを意識して学ぶことで本当の成功者であると言えるでしょう。

 

DMRやユーチューバーに関する類似サービスはいくつかありますが、実践しながらノウハウを身に付けるならランドオブハンモックユーチューバーが分かりやすくて良いと評判があり、実際に稼げたと証言する人も少なくありません。

動画は著作権など法的な要素が絡むため、Youtubeを活用してビジネスを展開していくためには正しい知識が必要です。

ランドオブハンモックユーチューバーはその点も配慮されているようなので、安心してDMRやユーチューバーとしてのノウハウを身に付けられるでしょう。

 

白石達也は学ぶ自由や経済的な自由など、人々が自由に暮らせるお手伝いをしたいと考え、現在はIROASや仮想通貨をメインにしたリバティーレジデンツなどでサービスを展開しています。

今後も様々なサービスを通じて、人々に有益な情報を提供し続けていくことでしょう。

白石達也は仮想通貨に精通している?白石達也と仮想通貨の関係

仮想通貨取引で注目を集める人物

仮想通貨取引を行っている人は多くいますが、その中でも注目を集める人物もいます。

ここでは、仮想通貨取引で注目を集める人物を数名ピックアップしてチェックしていきましょう。

 

 

■仮想通貨に関する商材を手掛けている市場健佑

 

市場健佑は、仮想通貨やFXに関する商材を手掛けている人物です。

そんな市場健佑が手掛けている仮想通貨に関する商材は、バブリーというものです。

バブリーは、市場健佑と松宮義仁の2人が販売したトレードツール商材で、注目されている松宮義仁が関わっていることが大きな話題に繋がりました。

バブリーが販売された頃は、ちょうど仮想通貨投資の注目が高まっているタイミングでもあり、松宮義仁自身も「NAGEZENI」という仮想通貨を販売していました。

バブリーは、高額な入塾金が必要なネットビジネス塾なので、世間からの評価は良いものではありません。

しかし、影響力の強い松宮義仁とコラボした商材を販売することで、バブリー自体の評価も上がるのではないかと考える人が多くいました。

 

市場健佑が手掛けているバブリーがどのような商材なのか確認してみましょう。

バブリーは、仮想通貨投資に関連する情報を発信していくWEBセミナーという形式をとっています。

仮想通貨トレードは比較的勝ちやすいと市場健佑は話していて、市場健佑がツールを使用することで簡単に仮想通貨投資ができるという仕組みになっています。

1日10分くらいで完了するので非常に簡単な作業だと言えるでしょう。

そんなバブリーはビットコインを取り扱っているので、ボラリティの大きさを心配する人もいます。

しかし、安定して稼ぐノウハウを学ぶことができるという点においては、メリットがあるのではないでしょうか。 

 

■独自の仮想通貨を作った松宮義仁

 

松宮義仁は先ほど紹介した市場健佑とコラボもしています。

それだけではなく、独自の仮想通貨プロジェクト・NAGEZENIや会員制の情報商材・フリーダムライフクラブも手掛けている人物です。

ネットビジネスの大御所として知られている松宮義仁は、多くの人から支持を集めています。

 

独自の仮想通貨プロジェクト・NAGEZENIは、ネット上で特技を披露している人を支援するために作られました。

路上ライブなどでは、投げ銭をして支援することができますが、ネット上に動画をアップしている人にはそれができません。

インターネットを拠点に活動している人を応援するためにできることはないかと考えた時に生まれたのがNAGEZENIということになるのです。

ベースはイーサリアムで、2016年から販売が始まりました。

現在は購入することができないので要注意です。

現在購入ができないのは、2017年4月に法改正されたことが理由となっています。

返金保証もありますが、確実に返金されるという確信を持つことができないという現状があります。

 

会員制の情報商材・フリーダムライフクラブは、ネットビジネスに参入している大御所が絶賛している商材です。

仮想通貨に関する知識や資産の管理方法など様々なコンテンツが用意されています。

フリーダムライフクラブの参加特典には、3000万円の収入保証、NAGEZENI30万円分プレゼントを行っているため、30万円は必ず手に入ります。

そんなフリーダムライフクラブでは、ゴールドコース(50万円)、パートナーコース(120万円)という追加商品が用意されています。

全て入会すると200万円もかかります。

しかし、プラスアルファの情報も手に入れることができるので、それでも入会する人はいるのです。

ただし、成功するか否かは本人次第になるので、高額なコースに入会すべきなのかという判断は自己責任になります。

きちんと考え、後悔しないのであれば入会すると良いでしょう。

 

仮想通貨で有名な企業


 仮想通貨には、多くの企業が参入しています。

ここでは、仮想通貨で有名な企業をいくつか紹介していきましょう。

  

■GMOインターネット 

GMOインターネットは、GMOコインという子会社を持っています。

GMOコインでは、2017年5月から仮想通貨を使用したFXや現物売買を行っているのです。

大手企業が取引所を開設し始めていますが、その中でも早い段階でサービスを開始した企業です。

2017年12月には、欧州の法人と連携してマイニング事業を始めました。

マイニング事業自体はまだ軌道に乗っていないようですが、100億円も投資していることからかなり力を入れている事業ということが分かります。

今後、どのような動きを見せてくれるのかチェックしておきたい企業の1つです。 

 

■スターバックス

スターバックスの最高経営責任者であるハワード・シュルツは、ブロックチェーンを活用した支払アプリケーションの開発を検討していると表明したのです。

そして、支払アプリケーションだけではなく、独自の仮想通貨の利用も言及しています。

新たなシステムを導入しようとする姿勢は、仮想通貨に関しても明るい未来を期待しているからではないかと考えられます。

しかし、ビットコインに関しては否定的な意見を持っているという側面もあります。

スターバックスがブロックチェーン技術を具体的にどのような活用方法にするかはっきりと決まっているわけではないということですが、この技術を活用することで顧客を拡大できる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

スターバックスを皮切りに、支払アプリケーションも普及していく可能性も考えられます。

 

■楽天 

楽天は、日本最大の電子商取引会社です。

ブロックチェーン技術や楽天スーパーポイントのプログラムを元にした「楽天コイン」の立ち上げを発表しています。

現在楽天スーパーポイントは、1兆ポイントを超えています。

つまり、成功しているロイヤルティプログラムだと言えるでしょう。

これからは、ブロックチェーン技術を活かしたロイヤルティプログラムを開発、実行しようと考えています。

具体的なサービス開始日は発表されていませんが、近い将来実現するはずです。

 


■リクルート

リクルートライフスタイルというリクルートの子会社では、POSレジアプリ「Airレジ」を使っている店舗の中で希望する店舗において、ビットコインでの支払いを可能にすると発表しました。

店舗の端末とお客様のスマホを使用した決済方法で、ビットコイン口座から引き落とされるというものです。

これから大きく広がっていくシステムになると期待されています。

 

白石達也は仮想通貨に精通しているのか

 

話題性のある情報商材を手掛けている若き実業家・白石達也は、仮想通貨に関係のある商材も手掛けています。

ここでは、白石達也と仮想通貨の関係はどのようになっているのか見ていきましょう。 

 

■仮想通貨が普及することで高まる注目度 

仮想通貨は爆発的に普及していて、世界共通の通貨になる可能性も示唆されています。

現在使っている通貨は海外で換金をしなければ使うことができませんが、仮想通貨であれば換金をする必要がないのでとても簡単に利用することができるのです。

しかし、日本国内ではまだまだ仮想通貨に関する正しい知識を持っている人は多くないという現状があります。

仮想通貨が普及していく中で、仮想通貨に関する正しい知識を身につけたいという人も増えています。

そんな時に注目を浴びているのが、リバティーレジデンツです。

仮想通貨について学ぶことができるコンテンツが豊富に揃っていることから、初心者でも分かりやすく学ぶことができると話題の情報商材になっています。

 

 

■リバティーレジデンツで学ぶ方法

白石達也が手がけるリバティーレジデンツでは、オンライン講座で気軽に学ぶことができます。

パソコンとインターネット環境があれば、それだけで学習できる環境が整うので、場所や時間を選びません。

つまり、自分の好きなタイミングで好きなだけ学習ができるということなのです。

そんなリバティーレジデンツでは、仮想通貨の基本的な知識はもちろんですが、お金の歴史や株式の仕組みなどお金を稼ぐために必要な知識を発信しています。

仮想通貨に興味があっても、なかなか一歩を踏み出せないという人もいると思いますが、初心者でも基本から学ぶことができるので、安心して取り組むことができるでしょう。

 

 

■成功させるために必要なポイントも発信

白石達也が手掛けているリバティーレジデンツの中は、仮想通貨投資を成功させるために必要なポイントも発信しています。

情報商材の中には、きちんと成功のための秘訣を発信しているものもありますが、中にはただ教えて終わりというような商材もあるのではないでしょうか。

取引を成功させるためには、単純な知識だけではなく、それを応用できるようしなければいけません。

成功させるために必要なポイントも発信することによって、 1人でも多くの人が正しい知識を身に付け、白石達也が望む「居住の自由」を手に入れることができると考えているのでしょう。

そして、海外でも稼げるようになれば、世界を旅しながらでも稼ぐことができます。

それこそが、仮想通貨が生み出す未来の姿になるのではないでしょうか。

 

 

■本物だけが生き残る世界へ 

仮想通貨の世界は、本物だけが生き残る世界になると考えられます。

そのような世界で生き抜くためには、リバティーレジデンツで学ぶことができる知識が必要になっていくことでしょう。

正しい知識を持たないまま取引を行うことは大きなリスクも伴います。

そのため、白石達也が手掛けているリバティーレジデンツで仮想通貨に関する知識を身につけることはとても重要なポイントになるのです。

これからは、仮想通貨市場がさらに拡大し、投資家もさらに増えていくことでしょう。

市場が不安定になってしまう可能性もあります。

そのような状況になった時こそ、正しい知識を身に付けている人が生き残れるのではないかと考えられます。

大きなリスクを理解して行う必要がある仮想通貨取引について、正しい知識を発信しようと商材を作っている白石達也は仮想通貨に精通しているといってもいいはずです。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨に関することだけではなく、様々な知識や情報を学ぶことができます。

それらを自分の物にできれば、より結果出せるのではないでしょうか。

まとめ

 

白石達也が手掛けているリバティーレジデンツは、仮想通貨などのについて学ぶことができる革新的なプログラムです。

リバティーレジデンツで学ぶことによって、「何にも縛られず、自ら運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」という目標や「居住の自由」というテーマに近い生き方ができるようになります。

この目標やテーマに近い生き方をするためには、自分の好きなところで収入を得ることができなければいけません。

つまり、そのために必要な知識を学ぶことができる場としてリバティーレジデンツがあるのです。

 

リバティーレジデンツでは、仮想通貨に関する様々な知識を学ぶことができます。

前述したように似たように仮想通貨関係の商材で注目を集めている人や企業はも存在しています。

先ほど紹介した市場健佑や松宮義仁は、その代表的な人物です。

市場健佑や松宮義仁は、仮想通貨に関する情報商材を手掛けたり、独自の仮想通貨を作っています。

市場健佑が手掛けているバブリーは、入塾金の高さから敬遠する人もいましたが、安定して稼ぐために必要なノウハウを学ぶことができる情報商材です。

1日10分の作業で完了するため、とても簡単に取引できる仕組みを作ったのが市場健佑ということになります。

松宮義仁は独自の仮想通貨プロジェクト・NAGEZENIを作り、ネット上で特技を披露する人の支援を行いました。

また松宮義仁は、フリーダムライフクラブという会員制の情報商材も手掛けています。

仮想通貨に関する知識はもちろんですが、資産の管理方法などについても学ぶことができる情報商材となっています。

追加商品まで購入すると非常に高額になってしまいますが、多くの情報を手に入れることができるため、入会する人が多くいました。

 

そして、注目を集めている企業も多数あります。

今後変化を見せてくれそうな企業を先ほど紹介しましたが、仮想通貨を利用することで新たなビジネスやサービスを生み出すことができるため、多くの企業が注目しています。

人気コーヒー店のスターバックスや大手企業である楽天が参入し始めることでさらなる動きがあるのではないかと考えられるでしょう。

また、ビットコインによる決済システムを作ろうとしているリクルートも注目しておきたい企業と言えます。

 

白石達也は、早い段階で仮想通貨に関する知識を広めようと考えていました。

それは、このような未来が来ることを想定していたからではないでしょうか。

今後の仮想通貨の流れに注目していきましょう。

 

白石達也の「アルケミ」とは?特徴を徹底解説!

白石達也はアルケミという学習プラットフォームを構築し、多くの方が学習したり、教えたりできるシステムを作り上げました。

しかし、なぜ白石達也はアルケミというプラットフォームを作り出したのでしょう?

また、アルケミはどんな方に向いているコンテンツなのでしょうか?

今回は、白石達也が提供しているアルケミの特徴や、どんな方に適しているのか、なぜアルケミを作り出したのかなどまで深く掘り下げてご紹介していきます。

アルケミについて気になっている、白石達也について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

白石達也の「アルケミ」とは

白石達也は「アルケミ」という学習プラットフォームを運営しています。

登録された様々な分野の学習コンテンツを利用でき、同時に自分が作った学習コンテンツを登録できるサービスです。

停滞していた日本の教育システムに革命を与えるサービスとして注目されています。

では、「アルケミ」の特徴をご紹介していきましょう。

 

 

■基本は無料でどこでも学べる

 

アルケミを利用するためには会員登録が必要ですが、登録費はかからず、基本的に無料で使えます。

学習コンテンツを利用するためには購入が必要ですが、章やセクションごとに単品で販売しているため、必要なコースだけを選べます。

なので、非常にお財布に優しく、自分が求める情報を得られるでしょう。

学習コンテンツをまとめて買えるセットもあり、単品購入よりもお得になるようです。

ただ、自分の求めているコンテンツかどうか見極めたいという方も多いでしょう。

アルケミでは全てのコンテンツに無料プレビューがあるので、
内容をお試しで見てから判断でき、ミスマッチを防げます。

学習コンテンツは全て動画や音声での講義となり、分かりやすい解説なので安心です。

オンライン上での学習となるので、インターネットがあればパソコンやスマホ、タブレットを使い、いつどこでも学べます。

学べる分野は開発やIT、ビジネススキル、金融ファイナンス、英語、暮らし・育児、趣味、音楽など幅広いです。

 

 

■コンテンツは上質で講師に会うこともできる

 

提供されている学習コンテンツは、
メディア出演も多い日本トップクラスの専門家や有名人が手掛けたものが多いです。

そのため、どこよりも優良な学習を体験できるでしょう。

お気に入りのコンテンツを配信する講師がいえば、実際に会ってコミュニケーションを交わすことも可能です。

アルケミでは直接会って学ぶ機会も提供しており、講師が開催するセミナーへの参加を推奨しています。

コンテンツページからセミナー情報をチェックできます。

 

 

■学んだ後は講師になれる

 

優良コンテンツで学んだ後は、コンテンツを自作して登録し、講師として活躍できる機能も用意しています。

コンテンツ登録からお金を稼ぐまでのステップは非常に簡単のようです。

 

・簡単に登録できる

自分で動画を作成したら、必要項目を入力して動画や音声を添えるだけで、コンテンツの登録は完了です。

登録されたコンテンツは、その日から販売可能です。

 

・アルケミがフルサポート

アルケミにはコンテンツ販売で稼ぐためのシステムが充実しているので、ビジネス初心者も安心です。

登録して出品すると自動的にアクセス共有機能により集客を促します。

他にも販売管理や、優秀な生徒をチームメンバーに加入したり、企業向けサービスを提供できたりするサポート機能が充実しています。

 

・生徒との交流を楽しもう

コンテンツが売れればプロ講師の仲間入りです。

管理画面からセミナーの開催や人数などを設定し、セミナーを開くことができます。

そして、セミナーを通じて自分のコンテンツを利用している生徒と会い、直接指導や交流が可能です。

 

アルケミでは様々な分野でコンテンツ登録が可能ですが、まだ登録数が少ないカテゴリも多いです。

自分が学んだ経験を活かして講師になり、お金を稼ぎながらアルケミ自体を盛り上げてみるのも良いでしょう。

.「アルケミ」は誰に適しているのか?

では、アルケミはどのような方に適しているのでしょうか?

ここからは、アルケミが適している方について詳しくご紹介していきましょう。

 

 

■得意分野を仕事に活かしたい方

上記で述べたように、アルケミは白石達也が創設した株式会社ALCHEMATIONで提供しているプラットフォームです。

ネットの良さを活かして世界最先端の知識を学べるのが大きな特徴です。

誰でも手軽に登録できる教育システムなので、いつでも空いた時間に続けやすいのも魅力と言えるでしょう。

そんなアルケミでは、IT・金融・デザイン・語学・ヘルス・ビジネススキルなどあらゆる分野の専門講師がいるので、自分が興味のある分野をとことん深められるのがポイントです。

アルケミでスキルを磨いていけば、その分野を伸ばして有利に働けるようになるでしょう。

そのため、今携わっている企業においてキャリアアップやスキルを磨きたい方だけでなく、好きなことを仕事に活かしたいという方にも適しているのではないでしょうか?

仕事や家事の合間に学習できるので現在の生活スタイルを崩さずに自由に取り組めるため、
負担も少なく有効な手段だと言えます。

また、アルケミの専門講師自身も最新の情報を得ながら成長していけるような仕組みになっているので、
時代のニーズに沿った学びが可能です。

今後は、既存の教育では知り得ない事柄も増え、教育そのものが多様化すると予想されています。

そんな中で、いつでもどこでも世界最先端の知識を効率良く学べば、
未来を見据えた取り組みができるのではないでしょうか?

自分が求めている分野を深めていきたいという思いがある方は、
きっとアルケミを活用してステップアップできるでしょう。

 

 

■講師を目指している方にもおすすめ

それぞれのコンテンツには、日本を代表するトップの専門家が携わっています。

自分が気に入るコンテンツがあれば、
その専門家と実際にコミュニケーションも取れます。

また、セミナーも開催しているのでインターネットのみならずリアルで学べる機会も豊富にあるのです。

アルケミに参加すれば、
特定のコンテンツを極めていくと自身が講師になるチャンスが巡ってくる可能性を秘めています。

講師として活躍するという資金形成の方法は、アルケミでも推奨されており、
将来的に講師を目指したいと考えている方にとっても魅力的なプラットフォームとなっています。

集客・販売管理などのサポートもしているため、
講師を目指しやすく自信を持って取り組めるでしょう。

 

白石達也はなぜ「アルケミ」を作り出したのか

白石達也は、アルケミという画期的なプラットフォームを構築し提供しています。

ではなぜ、アルケミを作り出そうと考えたのでしょうか?

  

■学生時代に抱いた疑問 

大学在学中、白石達也は既存の教育方針に疑問を抱きました。

彼は、多様化するニーズの中で、こえまで通りの教育を続けていくのは非常に狭い領域の中で学習するのと同じであり、意味がないと考えたのです。

現在、日本の教育は文部科学省が所管し、基本教育法に基づいた学校教育制度が整備されています。

学習指導要綱については、国語や数学・生活・社会・理科・英語・体育・家庭・音楽など、
必修科目が設けられており、各教科の学習時間も設定されているのが特徴です。

そのため日本は世界の教育と比較すると読解力や数学的思考力が高いためトップレベルの教育と言われています。

しかし、日本の教育費歳出は厳しい状況にあり、
経済的な負担を理由に教育格差が生まれているのです。

また、戦後から続いている義務教育の教育事情に疑問を抱く人は多くなっています。

特に子どもは義務教育を当たり前に受けていますが、その風習は批判的意見も目立ち、
白石達也もそのうちの1人です。

近年では、詰め込み型の教育が問題視されており、自ら考えることも少なくなってきました。

これでは、将来的に自分の意思をしっかり持てず、既存の環境に適応するしかなくなってしまうでしょう。

白石達也は、自分の意思を持った主体的な学びが必要不可欠だと考えています。

そんな彼の思いは共感を呼び、彼が提供するアルケミは大きな支持を集めました。

アルケミは、白石達也が感じていた教育のあり方への疑問が基になっているのです。

 

 

■時代の変化に応じた教育が必要 

白石達也は、多くの人々が主体的に学びをするには
自分らしい生き方ができるようサポートする必要があると考えました。

ただあらゆる分野を学ぶだけではなく、新たな教育者を育てていくことで教育の確立が求められるのです。

また、その時代に合った教育を提供するためにも、教育者自身も勉強を続けていかなければなりません。

現在、日本の多くの研究者や専門家は自分が持っている以上の知識やスキル以上を習得しない傾向にあります。

しかし、本当の教育というのは未来を担う人材を育てるためには、古い知識だけを教えるのでは意味がないのです。

人々は、日々変化のない社会の中で生きているわけではありません。

常に変わりゆく世の中で、時代の変化に応じた教育を提供していかなければならないのです。

白石達也は、そんな時代の変化に合わせた教育を行おうとアルケミを作り出しました。

それが本当の意味での教育であり、教育者も同様に学び続けるのが基本という彼の考えなのです。

アルケミは、世界最先端の知識を提供しているため、教育者自身もさらに多くの情報を入手できます。

また、アルケミの利用者は受講した内容に合った仕事で稼げるのもポイントで、
実践的な学びをしてインターンをすれば早期に実力やノウハウが習得できます。


白石達也は若くして教育のあり方に疑問を抱き、情報商材界において成功者になりました。

アルケミは、これから自分らしく生きていこうと考える人々にとって重要なプラットフォームです。

主体的に学ぶためにアルケミを活用するのは、非常に有効な手段だと言えるでしょう。

誰でも簡単に登録でき、様々な分野の学びを得られるというのは、白石達也のアルケミならではの特徴です。

また彼は、20代という若さでありながら億単位の資産を構築した人物でもあります。

そんな人物が自由に学べる場を提供するのは大きなメリットがあるに違いありません。

気になる方は、本当の教育のあり方を考えた、白石達也のアルケミを利用してみましょう。

白石達也のまとめ

白石達也は、20代という若さで億単位の資産を築いた人物です。

そのため、情報商材の分野では「若き革命家」と呼ばれているのです。

そんな白石達也は、IROASやリバティーレジデンツといったサービスを提供し、
多くの人々に情報を発信しています。

学生の頃は、ファッションなどに興味を持たなかったことでいじめに遭ったこともありました。

自信を失って、自殺を考えることもあったそうです。

しかし、自分に自信を持たせるために大学受験を決意し、早稲田大学商学部に合格します。

無事に早稲田大学に合格したものの、大学での学びには限界があることを感じるようになります。

そこで白石達也は、自己啓発セミナーやビジネスセミナーに通い、自由に学ぶ魅力に魅了されていくのです。

さらに、就職活動をしている時に、父親の勤務する会社が倒産の危機に陥ります。

それを機に、どんなに大手企業に勤めていても不況には勝てない、
自分自身で稼いだ方が良いと考えるようになりました。

 

そのような考えを持つようになった白石達也は、「アルケミ」という学習プラットフォームの運営を始めます。

アルケミは、基本的にどこでも学べるので、自分の好きな場所で、好きな内容を選べます。

開発やIT、ビジネススキル、金融ファイナンス、英語、暮らし・育児、趣味、音楽といった幅広いジャンルを学べるというのも、アルケミの大きな特徴であり、メリットだと言えるでしょう。

また、コンテンツによっては講師にあってコミュニケーションができる場合もあります。

講師が開催しているセミナーへの参加も推奨されているので、
積極的に講師に会える機会が設けられていることになります。

さらにアルケミでは、講師になるという道も提案してくれるので、
気になる方は登録してみても良いでしょう。

 

そんなアルケミは、得意分野を仕事に活かしたい方に特におすすめです。

得意分野のスキルを伸ばせるので、興味のあることや得意な分野に関する知識を追求できます。

将来的に得意分野を活かした働き方ができるようになるでしょう。

これからの時代は、自分らしい働き方や生き方をしている方が表に出てくると言われています。

つまり、アルケミは時代を先取りした教育を行っていると言えるでしょう。

 

最先端の考え方を採用した白石達也には、先見の明があったのではないでしょうか。

そしてこれからも、時代を先取りした情報商材を開発していくことが期待されています。