なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

金属アレルギーの人でも
インプラント治療は可能?

インプラント治療は金属を使うため、金属アレルギーの人は難しいと言われていました。しかし、近年は金属アレルギーの人でもインプラント治療は可能となっています。今回は、金属アレルギーの人がインプラント治療をするためにはどうすればいいか紹介していきましょう。

金属アレルギーを起こしにくい金属「ジルコニア」について

通常の金属ではアレルギーを起こす人でもジルコニアやチタンであれば安全性が高いと言われています。特にチタンよりジルコニアの方がおすすめです。

 ・チタンはアレルギーを起こしにくい?

一般的にチタンはアレルギーを起こしにくいと言われています。ただ、絶対にアレルギーを起こさないという保証はありません。ごくわずかですがチタンに対してアレルギー反応を起こす人もいるからです。ただ、他の金属と比較するとアレルギー量は少ないようです。

 ・ジルコニアがおすすめって本当?

人工ダイヤモンドを原料にして作られたものであり、ジルコニアは「金属」ではないので金属アレルギーの心配がないのです。

 ・ジルコニアは親和性が高い

ジルコニアは歯茎との親和性が高いことで知名度が高いです。骨の代替として人工関節でもジルコニアは使われています。これは親和性の高さから来るものでしょう。

ジルコニアインプラントのデメリット

こちらでは、ジルコニアインプラントのデメリットについて見ていきましょう。基本的にメリットが多いジルコニアインプラントにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 ・高額

アレルギーを起こさないということから、他の素材と比較すると高額になります。安全性や機能性の高さから高額であることに問題はありませんが、なかなか決断しにくい金額のためジルコニアインプラントはまだまだ浸透率が低いです。

 ・歯科医院が限られる

チタンを使ったインプラント対応のクリニックは比較的多くあります。しかし、ジルコニアインプラントに対応しているクリニックは少ないので治療院探しに苦労刷る傾向があります。

 ・割れる可能性がある

ジルコニアは強度が高いですが、ジルコニアの硬さに歯が耐えられなくなることもあるのです。そのため、割れた歯を戻すために余計な治療費用が掛かることもあります。

ジルコニアインプラントの費用について

ジルコニアインプラントは費用が高額と言いましたが、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。こちらでは費用面にスポットを当ててみましょう。

 ・クリニックによって異なる

一般的には1本あたり30万円から50万円台と言われています。通常のインプラントが1本32万円前後であることから見ても分かるように高額設定がされています。ただし、クリニックによって費用が異なるので注意しましょう。

 ・地域によっても変動がある

インプラント治療はある程度の相場がありますが、地域によっても費用の差が若干出ているようです。地方の方が若干安いところもあるようですが、微々たる差のようです。

 ・保険が使えない

ジルコニアインプラントに限らず、インプラントは保険対象外となります。そのため、治療費用はすべて自己負担となってしまうのです。しかし、医療控除は可能なので将来的な越税にはなります。

金属アレルギーの人でも大丈夫なジルコニアインプラント対応のクリニック

こちらでは、ジルコニアインプラントに対応しているクリニックについて見ていきましょう。金属アレルギーの人は参考にしてみてください。

 ・タキザワ歯科クリニック

インプラント治療に定評があるデンタルクリニックであり。米国医薬品局から承認を受けている信頼性が高いジルコニアインプラントを取り扱っています。

 ・新江古田こばやし歯科クリニック

インプラント治療だけではなく、修理も請け負うクリニックです。他院で治療したインプラントもしっかり修理してくれます。ジルコニアインプラント治療にも対応していますが、リスク管理などのためにデメリットなどもしっかり説明してくれます。

 ・赤坂歯科クリニック

患者の負担を抑えたインプラント治療を得意としているクリニックです。ジルコニアインプラントにも対応しています。年間1,000以上のインプラント実績があるので、信頼して任せせられるクリニックです。

金属アレルギーの人でインプラント治療をするならこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

インプラント治療は決して安くはありません。
特にジルコニアインプラントとなれば高額です。
そのため、本当に今の自分必要なのかどうかを見極めましょう。
インプラント治療をするなら、実績豊富なクリニックがおすすめです。
優良クリニックというものは、
カウンセリングをする事で良い企業かそうではないか患者側から見極めることも可能です。
失敗リスクを減らすためにも、慎重なクリニック選びを心掛けるようにしましょう。