東京でおすすめの会社設立サポート会社

会社設立となると、さまざまな手続きが必要なのでなかなか大変です。そんな時におすすめしたいのは、会社設立サポート会社です。手続きの代行や、基本的なことをしてくれます。今回は、会社設立の基礎知識やおすすめサポート会社について紹介していきましょう。

起業前の心構えとは?

起業することは簡単でも、会社を継続させるのは難しいことです。こちらでは、企業前の心が前について見ていきましょう。

 

・楽しいことばかりではない

起業したばかりの頃は、仕事に対する楽しさの方が強いかもしれません。しかし、何の問題もなく会社を続けられることはほぼありません。途中で何らかの問題にぶつかってしまうのは当たり前です。楽しいばかりではなく、問題が起こることもあるのだということをしっかり覚えておきましょう。

 

・資金繰りの大変さ

初期費用、運転資金、企業するとさまざまな資金繰りを求められます。これは、適当にしておいて成功するものではありません。しっかりと綿密な計画を立てないといけません。資金繰りを間違ってしまったことで一気に会社が傾いてしまうということもありえるからです。

 

・ビジネスモデルを明確にしておく

起業しても、ビジネスモデルが明確になっていないと会社として成り立ちません。顧客が求めているもの、会社としてできることなどを明確化することではっきりとした道が見えて、ビジネスもぶれることなく行えるようになるのです。

会社設立サポート会社の選び方

さまざまな会社が起業サポートを行ってくれますが、会社によってサポート内容が変わってきます。こちらでは会社設立サポート会社の選び方について見ていきましょう。

 

親身な対応をしてくれるか

起業の際、何をどうすればいいのか分からない人も少なくありません。そのため、些細なことでもサポート会社に聞かなくてはいけない場合もあるでしょう。その時に、しっかりと納得できる説明をしてくれるか、丁寧な対応をしてくれるか注目してください。

 

提案力があるか

サポート会社はコンサルティングを兼ねているところもあります。そのため、将来性を見据えた提案をしてくれるかに注目しましょう。コンサルティングを任せる場合、サポート会社の提案によって起業が成功するか、失敗するかが決まってしまうからです。

 

設立後のサポートがあるか

会社設立サポートは、起業時だけではなく設立後のサポートがあるかにも注目しましょう。コンサルティングをしている会社であれば、起業後のサポートも充実している傾向があるので、起業後のサポートを求めている人はコンサルティングをしている会社を探すといいでしょう。

株式会社と合同会社の違い

会社設立の際「株式会社」か「合同会社」かを決めないといけません。同じ会社設立でありながら、このふたつにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

信用度

合同会社が良くないわけではありませんが、社外的な信用度は合同会社よりも株式会社の方が高いと言えるでしょう。なぜなら、合同会社の認知度が低いからです。取引の場などで「合同会社」と「株式会社」のどちらを選ぶかと言われると、多くの人が株式会社を選ぶと言われています。

 

株式の公開

株式会社の場合、任意とはいえ株式の公開があります。しかし、合同会社の場合は株式自体がないので公開の必要性がないのです。

 

代表者の役職

株式会社の場合は「代表取締役」と名刺などに入れることができますが、合同会社の場合は「代表社員」や「社長」「CEO」と入れることは可能です。しかし、先述した「代表取締役」は株式会社のみの表記となっています。

東京で会社設立の実績が豊富なサポート会社

会社設立をサポートしてくれる会社は、いくつもあります。こちらでは、実際に利用した人たちからの評判が良い会社について見ていきましょう。

 

会社設立.com

設立までだけではなく、設立後のビジネス展開も視野に入れた提案をしてくれます。経験豊富な税理士が対応してくれるので、高い安心感があります。

 

会社設立東京Smile

500件以上の会社設立サポートの実績があるため、さまざまなケースに対応できる会社です。補助金に関する相談、創業融資などの相談も受け付けているので、相談したいことが多い人におすすめの会社です。

 

会社設立パートナー

複数の分野のプロが対応してくれるので、手続きによってあっちの事務所、こっちの事務所と行ったり来たりしなくて済みます。会社設立のことについてわからない人は、専門家が多数在籍している会社設立パートナーに相談してみましょう。

東京で会社設立のサポートを受けたい人、他の会社の特徴などを知りたい人は
こちらのサイトをご覧ください。

まとめ

起業は決して簡単なことではありません。
その場だけではなく、将来も見据えたビジネス設計をしないといけないからです。
自分だけではなく、社員たちの将来も預かっているのだと自覚してから計画を立てましょう。