穏やかな心の居場所を
見つける感情解放セラピー

Skype!電話!遠隔セッション。
プチ体験募集。

お悩みの根本的な解決は、深い心まで見つめていく作業になります。
ひとつひとつのプロセスがあり丁寧に取り組むために時間がかかります。カウンセリングを体験していただき、新たな自分発見への一歩を踏み出してみませんか。

60分5000円で体験できます
(通常初回90分8000円)

おひとりさま一回限りで、感想をいただけることが条件になります。
プチ体験
5000円

お申し込みはこちら

    • 本セッション前に体験してみたい
    • 相談してみたい
    • うまくいかなくて困っている方
    • どんなことをするのか知りたい
    • どんなひとか知りたい
    • 遠くて出かけていけない
    • 子どもを預けられない
    • お茶会に参加できない

こんなお悩みありませんか?

【親子】
☆子育てがイライラ!不安ばかり。

☆親子の関わりがよくわからない。
☆両親との関係もうまくいかない。
【人間関係】
☆人間関係がうまくいかない。
☆苦手な人との関わりがしんどい。
☆嫌な出来事に振り回される。
【不登校】
☆不登校を受け入れられない。
☆対処方法がわからない。
☆学校との関わりが苦痛。
【感覚】
☆人混みがひどくくたびれる。
☆場所や人によって体調が悪くなる。
☆この感覚がなんだかわからない。
☆自分の話しが誰にも伝わらない。

【パートナー】
☆相手への不満が埋まらない。
☆相手のことが理解できない。

☆夫婦関係の修復をしたい。
☆そもそも!モヤモヤの理由がわからない。

そのお悩み!解決していきます。

  • 子育てが楽しくなった。
  • 子どもが愛おしく思えるようになれた。
  • 人に甘えたり、頼ったりできるようになれた。
  • 家族が協力的になり優しくなった。
  • 不登校を穏やかに見守れるようになった。
  • 学校とのかかわり方や距離の取り方が上手になれた。
  • 学校へ行けるようになった。
  • 子ども自身が進路を決めて希望が叶った。
  • パートナーとの関係が修復できた。
  • 相手の思いを受け取れるようになれた。
  • 素敵なパートナーと出会えた。
  • 嫌な出来事から回避できた。
  • 相手との境界線を引けるようになり、関係が楽になれた。
  • 体調管理がしやすくなり出かける楽しみが増えた。
  • 臨時収入が入った。
  • 自分に合った仕事が見つかった。
  • 両親との関係性が良くなった。
  • 両親をありのままで赦せるようになれた。

頭だけでは理解できないその悩み!
根っこから感じてあげることで解決!!

ステップ1
感情解放
どんなネガティブ感情も、過去の思いも自分で感じることを許可します。
禁止をしていた感情なので、第三者からのアプローチやサポートが必要です。安心安定の状態の方が感情が出やすくなり、解放がとてもスムーズで変化が早くでます。
スッテップ2
感情的理解
感情が解放が進んでいくことで、相手や状況をその立場で理解できるようになります。自分とは違った視点で捉えるためには、第三者の視点が必要です。
ステップ3
信頼
理解が進むことで、相手を許し信頼できるようになります。



スッテップ4
感謝
ここまで至るまでに、気づけなかったことや理解できていなかったことを知ることができます。それらを感じた先に感謝の思いが湧き上がってきます。


ステップ5
幸せになることへの許可
自分が欲しいもの。やりたいこと。満たすことや幸せにあんることや幸せであることをそのまま受け入れる。行動する。


ステップ6
自分を許す
今まで、厳しい状況を選んできた自分を許してあげる。責め続けた自分を許す。理解してあげられなかった自分を許す。


ステップ7
本質的理解
ありのままの自分をそのまま受け入れることができるようになります。周囲に対しても、そのままを受け入れられるようになり、尊重し、助け支え合えるようになっていきます。
ステップ3
信頼
理解が進むことで、相手を許し信頼できるようになります。



家族関係改善セラピストとしての思い

今あるお悩みは、人間の重要な基礎である、ご家族やご両親との関係性、育ってきた環境や、先祖から受け継いできた固定観念。自覚ができていない抑圧された古い感情を見直すことが大きなポイントとなります。


生きがいを感じることや自由に生きることを遠ざけ、他人のために自分を犠牲にすることや、我慢することが善しのかんねんが定着し、そのために抑えてしまった思いや満たされなかった欲求。

一方的に押し付けられた固定観念や独自のルール。誰にも言えずに隠していた事実など、それらがその家庭内では当たり前となっています。

その観念は、戦前戦後の長い間、先祖から引き継がれ、根強い家系の風習や価値観として染みついていきます。それを破ることは悪であり、不安と恐れをあおられながら罪悪感の大元となっています。

当時にとっては、とても重要だったことが、今を生きるには合わなくなり、偏りと歪みとして、身体や心の不調を起こしたり、形を変えながら悩みという現実を創り出しているのです。

我慢をし続けた抑圧感情のエネルギーをインナーチャイルド(未消化の感情)という呼び方をします。

脳内の潜在意識に入り込んで自覚がない状態なので、平凡な状態や自分ひとりでは気づけません。アクシデントという強烈な起爆剤をきっかけに、要らなくなった古い固定観念やインナーチャイルド(未消化の感情)の存在を気づかせようとします。

親のせいや環境や何かのせいにして被害者でいることは、逃げ道があって楽なのですがなんの解決になりません。むしろ、放置した状態が今までのパターンを繰り返し、深刻さを増し、負の連鎖が次世代へと引き継がれてしまいます。

ただし、過去と向き合うことは痛みを伴うこともあります。その強い傷みがあるからこそ、本気でなんとかしたいという感情が出てくるのです。

赦す勇気だったり、誰かに頼る勇気だったり、甘える勇気だったり、何かを捨てる勇気だったり、今までと違う行動をする勇気だったりの大きな力の源です。


その勇気と行動は、今までの風習や価値観が見直され、家族との関わりや在り方が変わります。

そのためには、家族との関係を見つめ直すことや、観念や習慣を変えていくこと、インナーチャイルド(未消化の感情)をケアすることが、悩みの解消の大前提なのです。


自分ができることをひとつずつ丁寧に、小さなステップを成功として体験すること。成功体験を記憶させていくことで、それが自信となります。 その自信が基盤となり、心の声に従って人生を開拓できます。


誰にもある、自分に癒せる強い力と純粋で大きな愛を引き出しながら、自分主導の答えをみつけられるようになるのです。


強い呪縛に支配された人生だったからこそ、本気に取り組んだ先に見える新しい世界があります。


自然体で家族と喜び支え合う関係、充実した生活、自由で豊かな人生を取り戻した時の喜びは大きいものです。先祖や家族やその先の子孫に新しい愛の連鎖が繋がっていきます。

それでも、大きな役目は、ひとりでは重過ぎます。

安心安全の環境で、誰にも言えなかったその思いをお話してみませんか。

その勇気が自分自身、そして家族を幸せにする大きな一歩になります。


家族関係改善セラピストとして、しっかりとサポート、ナビゲーションをさせて頂きます。


プロフィール

いつもどこかで苦しくて生きづらくて。その理由もわからない。いつも心の中がモヤモヤして表現しがたい【孤独感】で渦巻いていました。
頑張ればうまくいくはず。真面目にやっていればわかってもらえる。我慢していればなんとかなる。それなのに、褒められることも認められることもなく、我慢が足りない。頑張りが足りない。ダメ出しや注意をされて否定的に怒られてしまう。怒られないように、常に誰かの顔色を伺い、気を遣い、人を笑わせてみたり。わざわざ自虐的な振る舞いをしてきました。

その状態での2世帯同居の結婚生活。義祖母の介護。義母の病気。フルタイムでの仕事。

流産の後、ふたりの娘の出産。育児休暇を使いながら子育てと仕事の両立しながら、満たされない毎日。
義祖母が亡くなった頃、何かの糸が切れ2世帯同居を解消して、アパート生活を選び専業主婦となり子育てに専念しました。
念願の自分の子育てができたはずなのに、こんなにも可愛い娘たちなのに、いつもイライラして怒っては反省の毎日でした。

数年後、介護の仕事に興味が湧き【ホームヘルパー】の資格を取り、長女が小学校に入学する機会に、再び2世帯同居に戻りホームヘルパーとして在宅介護の仕事に就きました。やり甲斐を感じ、正義感と使命感を感じながら夢中になれました。

母親の癌手術。父親の入院。義母の入退院とめまぐるしくいろいろありました。

目標でもあった【介護福祉士】を目指し、3年間の現場経験の試験資格のため、グループホームとデイサービス併用の施設へパートで転職。経験と実績を積みました。
病弱な義母と子育てでは、グループホームでの夜勤ができず、日勤のデイサービスの正職員になるためには【介護福祉士】の資格取得が、第一の条件でした。

そのために、資格取得の勉強。日常の介護の仕事以外の営業。契約。事務。大きなワゴン車での送迎。病院付き添い。家族とのやり取り。他の施設の連携や連絡なんでもやりました。残業は当たり前で、昼休みはほとんどありませんでした。
ワーカーホリック状態で、あれほど、欲しかった【介護福祉士】の資格を取得出来た頃は、自分でも気がつかないくらいに、感覚も麻痺した状態で体も心もボロボロになっていました。

それに気がつくきっかけは、娘の体調不良やいじめそして、不登校でした。

学校や教育機関への対応。長女と次女それぞれの心と体のケア。仕事を辞めることを決めました。
子供たちと向き合うことは、自分と向き合うことになりました。整体。お灸。温泉。マッサージ。ヒーリング。エネルギーワーク。ヒプノセラピー。いろんなセラピーやカウンセリング。医療機関。治せる癒せると言われるところに出向きました。

そのなかで【機能不全家族】であった環境で、アダルトチルドレンである自分を知りました。
根深く傷ついていた抑圧した感情である、インナーチャイルの存在が、アクシデントと言われるような現実を引き寄せ本来の自分で生きることを教えてくれたのです。
ケアをすすめながら、娘たち含め、私自身が感性が繊細で敏感な体質。ハイリーセンシィティブパーソン(HSP)。インディゴチルドレンであったことにも気づかされました。

学童の指導員としても、子供たちや親御さん。学校や役所関係と関わりながら、社会の縮図と言われる現実も目の当たりにしました。幅広い意味で心深い経験をさせてもらえました。

関東・東北豪雨で床上浸水になり、自然災害の恐怖と、ぶつけるところのない怒りでいっぱいになりながら、一方で、たくさんの励ましやお手伝い。
優しさと温かさで感謝を感じるこ出来事も経験しました。心のケアの大切さをその時その時で強く感じました。


今に至るまで、死を間近にする出来事を数回。生かされているという体験から、【命の尊さ】【自己の尊厳】【存在の価値】を大切にしています。

 

募集内容

skypeや電話を使っての遠隔セッションのプチ体験となります。(本セッションではありません)

条件・・・おひとり様一回限り。     
     一週間以内に感想を頂ける方。

料金・・・60分 5000円 (通常初回 90分8000円)


流れ・・・①フォームよりお申込み→②日程確定→③ご入金→④セッション→⑤感想をお送りください。

・skype希望の方はスカイプ名をご記入の上お申し込みください。
・国内でしたらこちらからの電話通話可能です。
・第三希望までお知らせください。