※ビジネクストは「アイフルビジネスファイナンス」に名称が変更になりました。

以上を踏まえたうえで、こちらのページの情報を参考にして頂ければと思います。

ビジネクストの審査時間と手続きの流れ・審査落ちの原因は?

ビジネクストは、無担保無保証で最大1,000万円まで融資を受けられるビジネスローンです。

多くの中小企業の経営者や個人事業主の方に利用されていますが、「ビジネクストの審査に通るの?厳しくないの?」という不安はあると思います。

こちらでは、ビジネクストの審査にかかる時間や大まかな流れ、審査落ちする原因についてまとめました。

ビジネクストの審査にかかる時間

ビジネスローンは即日融資が可能な金融商品で、審査のスピードが銀行融資よりも圧倒的に早いです。

ビジネクストも決して例外ではなく、審査に通ればすぐに融資を受けられますよ。

銀行のプロパー融資は審査の期間が1~2ヵ月と非常に長いため、半年前くらいから決算の対策を行わないといけません。

一方で、ビジネクストはなんと最短即日で融資が可能です。

審査にかかる時間は申し込みの受付時間や混雑状況で変わるため、「100%即日融資が可能」と言い切れるわけではありません。

1日~3日の日数がかかるケースもありますが、銀行融資と比べて遥かに審査にかかる時間が短いのは事実です。

なので、ビジネスローンは早く資金調達をしたい事業者にとって嬉しい存在と言えるでしょう。

ビジネクストの審査の大まかな流れ

ビジネクストで融資を受けるには、次の2つの審査を通過する必要があります。

  • 顧客の信用情報を確認する仮審査
  • 必要書類を提出後に行われる本審査

仮審査と本審査に通った事業者は、最大1,000万円の借り入れができるわけです。

下記に、ビジネクストの審査の大まかな流れをまとめました。

  1. オンライン上で「事業者ローン」「不動産担保ローン」「売掛金債権ファクタリング」「法人クレジットカード」など、希望の金融商品を選ぶ
  2. 運転資金や設備資金など、資金の用途を入力してビジネスローンの申し込みをしてWEB審査を受ける(審査の受付は9時30分~18時まで)
  3. 仮審査通過の連絡をビジネクストから受けた後は、本審査を受けるために必要な書類を用意する
  4. ビジネクストの本審査では、個人事業主の場合は申込者の本人確認書類や確定申告書原則2年分が必要
  5. 必要書類の提出方法は、「メール」「FAX」「郵送」の3つから選ぶことができる
  6. 必要書類の提出が完了すると、早ければその日のうちにビジネクストから審査結果の連絡が届く
  7. 銀行振込によるビジネスローンや提携ATMを使えるカードローンで融資を受けられる

上記のように、ビジネクストの審査から融資を受けるまでステップはそんなに難しくありません。

ビジネクストは来店や電話での申し込みも受け付けていますが、WEB申し込みの方が手軽でおすすめです。

ビジネクストで審査落ちする原因

全ての事業者がビジネクストで融資を受けられるわけではありません。

中には審査に通過できない方もいますので、ビジネクストで審査落ちする原因をまとめてみました。

  • 意図的な虚偽の申し込みが発覚した(多少の誤入力程度であれば問題なし)
  • 会社の経営が不安定で安定した利益を出すことができていない
  • JICC(日本信用情報機構)に遅延などの事故情報が残っている
  • 他社からの借り入れの金額があまりにも多すぎる

「各種ローンで数ヵ月以上滞納したことがある」「融資を受けていたが強制解約された」といった場合は要注意です。

ビジネスローンは銀行よりも審査に通りやすいのですが、金融事故の情報が残っていると借り入れできないと心得ておきましょう。

ビジネクストの審査に通るコツ

どうすれば、ビジネクストの審査に通りやすくなるか、そのコツをまとめてみました。

  • 「法人または個人事業主」「満20歳~満69歳まで」と基本的な申し込み要件を満たしている
  • 年齢や住所、経営会社の事業計画など正確な情報を記載して申し込んでいる
  • 申込者の本人確認書類や確定申告書原則2年分など、必要書類をきちんと提出している
  • 登録されている信用情報に問題がない(ブラックリストに載っていない)
  • 過去にビジネクストの利用でトラブルを起こしていない

もちろん、個人信用情報がクリーンでも会社の経営状況が悪いと融資を断られることはあります。

しかし、審査に通るか通らないかは申し込んでみないと分かりません。

意外とそんなりと融資を受けられるかもしれませんよ。

最後のまとめ

ビジネクストは最短で即日審査のビジネスローンですので、急に資金が必要になった中小企業の経営者や個人事業主にぴったりです。

審査にかかる時間は申し込み状況で変わりますが、銀行よりも融資のスピードが早いのは紛れもない事実です。

オンライン上で必要事項を入力し、「仮審査」⇒「本審査」と進めば簡単に融資を受けられますよ。

しかし、信用情報に何かしらの問題があると審査落ちの原因になりますので、十分に注意してください。