おすすめの建築専門学校や通うメリットについて

建築業界を目指す人は専門学校に通うことをおすすめします。現場で働きながら学べる場合もありますが、しっかりと知識と技術を身に着けたい人は専門学校に通うべきです。今回はおすすめの建築専門学校や通うメリットについて紹介していきましょう。

建築専門学校や通うメリット

こちらでは、建築専門学校や通うメリットについて見ていきましょう。どのようなメリットがあるか知ることで通うべきか否かを見極めることができるのではないでしょうか。

 ・資格取得ができる

専門学校在学中に専門資格を取得することも可能です。職種によって有利となる資格が異なりますが、在学中に資格取得することで卒業後に即戦力として働くことができます。

 ・就職サポート

すべての専門学校でサポートしてもらえるわけではありませんが、比較的多くの専門学校が卒業後の就職サポートをしてくれます。専門学校と太いパイプを持っている企業などもあるので、就職に関して不安がある人はサポートがある専門学校に通いましょう。

 ・実力の底上げができる

現場で働く場合でも実力の底上げが可能ですが、専門学校の場合は集中して知識や実力を高めることができます。しっかりと自分の目的の職種に対する技術を高められるので、学ぶ分野でも無駄を省くことができるのです。

建築専門学校や通うデメリット

こちらでは、建築専門学校に通うデメリットについて見ていきましょう。メリットが多い専門学校ですが、いくつかのデメリットがあることも覚えておいてください。

 ・費用がかかる

当然ながら専門学校なので通う場合は費用がかかります。専門学校によって費用が大きく変わってくるのでしっかりと見極めなければいけません。

 ・就職が大変な場合もある

明確な職種が決まっていない場合は、オールマイティに学ぶ必要があります。そのため、明確に目指す職種が決まっている人と比較すると知識や技術の差が出る場合もあるようです。

 ・専門学校の数が少ない

地域によっては地元に建築専門学校がない場合があります。そのため、県外に出る必要があり負担が大きくなる場合も多いようです。

建築専門学校の選び方

建築専門学校は地域によっては少ないと言っても、全国的に見れば決して少なくありません。こちらでは、どんな選び方をすればいいのかを見ていきましょう。

 ・評価を見る

専門学校を選ぶ際、実際に進学した人の評価、卒業した人の評価をチェックしましょう。鵜呑みにするのは危険ですが、多くの評価を見ることで専門学校がどのような評価をされているのかを見極めることができます。

 ・サポートをチェックする

卒業後の就職サポートや就職率などをチェックすることで卒業後の安心感を得られます。ただ、サポートが充実している専門学校は学費が割高な傾向があるようです。ただ、建築専門学校を選ぶ人は若干の費用の高さはあってもサポートの充実さを選ぶ人が多いです。

 ・取得できる資格を把握する

建築専門学校でも科によって取得できる資格が異なります。自分が目指すものは何なのか、どんな資格を取得したいのかを明確にしておきましょう。進路が曖昧なままで「建築業界で働きたい」という人は、どんな職種でも役立つ資格について調べておきましょう。

おすすめの建築専門学校とは?

こちらでは、実際に通っている人からの評価が高い建築専門学校について見ていきましょう。どのような建築専門学校があるかを知るだけでも参考になるのではないでしょうか。

 ・浅野工学専門学校

入学すれば100%就職できると言われている建築専門学校です。不況の時期であっても就職率が100%であり、現在でも多くの人が建築業界で活躍しています。1クラスの人数を抑えて細かな指導をしてくれる専門学校です。

 ・読売理工医療福祉専門学校

2年で二級建築士の受験資格を取得できます。建築学科の就職率は100%と言われています。昼間は仕事をしている社会人のために夜間学校もあるので、ライフスタイルに合わせた学び方が可能となっています。夜間学校を求めている人が選びやすい専門学校としても注目されています。

 ・青山製図専門学校

1977年に開校した専門学校であり、長い歴史を持つ伝統校です。大学以上に専門性が高く、しっかりと将来に向けた勉強ができます。二級建築士の合格率が高いと評判であり、二級建築士の資格取得を目指す人にも高い評価をされています。

建築の専門学校について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

建築専門学校と言っても、各校で特徴が異なります。
就職率や資格取得率なども変わってくるので
しっかりと自分の将来と向き合ってから専門学校選びをするようにしましょう。
ただ、サポートが充実していればいるほど学費の負担が大きくなる場合があります。
そのため、まずはどんなサポートを求めているかを明確にするのもいいかもしれませんね。