家族信託とはメリットとデメリットのまとめ

老後の親の財産管理をしたいと考えたら、家族信託を選択する必要が出てきます。親はまだまだ元気と思っている方が少なくないと思いますが、親が体調を崩す前に進めていったほうがよいこともあるのです。家族信託の特徴と、メリット、デメリットを紹介します。

家族信託とは?

・親の財産を管理する仕組み

家族信託とは親の財産を管理する、または処分する仕組みのことです。資産を持つ親がいる場合に、家族信託が利用されています。たとえば親の老後の資金管理をしたい、介護に必要な費用の扱い方を任せたい、いざとなったときの処分方法を任せたいなどの目的です。

 

・家族や親族に管理を任せる

家族信託は専門業者に管理を任せるわけでありません。特定の家族や親族に託す方法のため、高額な費用は発生しません。高額な資産がある方だけのものではなく、ある程度の資産を持つ方も対象となるでしょう。老後の費用の心配は誰でもあることなので、幅広い人が当てはまります。

 

・信託会社が管理する方法も

家族や親族が管理する方法だと負担があると感じる場合は、信託会社に管理を任せる方法もあります。企業に管理を任せれば安全に対応してくれるため、安心感があるでしょう。しかし報酬が発生するので、ある程度の財産が持っている人が対象者となります。

従来の方法での問題

・生前贈与

親がしっかりしているうちに家族に財産を渡す場合、生前贈与を利用することになります。しかし、相続税と比べて贈与税の控除額が少ないので、多くの税金がかかるのがデメリットです。贈与税が非課税になることもありますが、住宅購入や教育資金など用途が限られています。

 

・生命保険

親が特定の親族に財産を渡したいと考える場合、生命保険が役立つでしょう。財産を渡したい家族を保険金の受取人に指定すればいいのです。しかし、高齢になってから生命保険に加入しようとしても、病気などの理由で加入できないこともあります。

 

・遺言書

親が確実に親族に財産を残したいと考えるなら、遺言書が有効です。しかし、遺言書は次の世代までが対象で、さらにその次の世代まで指定することはできません。また、遺言書は親が亡くなったときの対処方法のみで、生きているときの介護費用などを指定するものではないのです。

家族信託のメリット

・認知症になったとき対処できる

家族信託を利用しておけば、親が認知症になり判断力がなくなったときに、適切な対応ができます。親が認知症になっても資産が凍結されることはないので、親の住んでいた住居の管理がしやすくなるでしょう。空き家を売却して、親の介護費用に充てることもできます。

 

・親が亡くなったあとも管理できる

家族信託なら、本人が亡くなった後の管理もできます。たとえば主人が亡くなった場合に、認知症の妻が残された場合、家族信託で財産を管理していくことが可能です。妻の入院費用や介護費用の管理もできるので、その後の生活に不安が少なくなるでしょう。

 

・共有財産の管理がしやすい

予め不動産を家族信託の扱いにしておけば、共有財産の処分ができるようになります。通常は共有財産になった場合、相続対象者全員の同意がなければ処分はできないのです。家族信託ならそのリスクが回避できるので、適切な資産が得られるようになるでしょう。

家族信託のデメリット

・すべてに対応できない

家族信託ではすべての事例に対応できるわけではありません。遺留分減殺対象財産の順序指定は遺言書でなければできないのです。また、家族信託から漏れる財産も出てくる可能性があるので、全ての財産を含めるためには、別に遺言書を作成する必要があるでしょう。

 

・専門家への報酬が発生する

家族信託は家族や親族間でもできますが、専門家のアドバイスなしに自分たちでやるのはリスクがあります。のちのち問題が発生する可能性もあるので、専門家に相談しながら進めていくことが一般的です。専門家に相談すると費用が発生するため、必要経費だと割り切るようにしましょう。

 

・長期的な拘束になる

家族信託では、1次相続だけでなく、2次相続まで指定できます。そのため、何世代にもわたって管理しなければならなくなり、長期にわたって拘束される可能性が出てくるでしょう。ときには資産を処分できないことにもなりかねません。

こんな人に家族信託がおすすめ

・介護費用を捻出したい

万が一認知症になったときに、財産を適切に処分して介護費用に充てたい方に、家族信託が向いています。自分の将来の生活の保証だけでなく、残された妻に対しても効力を持ちます。

 

・2次相続を考えている場合

孫に適切に遺産が渡るように指示したい場合にも、家族信託が便利でしょう。子どもがいない方が、兄弟やその子どもに遺産を渡したいときにも、家族信託が有効です。

 

・事業を引き継ぎたい方

事業を息子に引き継ぎたいと考えている方も、家族信託が役立つでしょう。家族信託で指定しておけば、適切に遺産を受け渡すことができるようになります。

家族信託の情報をもっと知りたい方は、下記リンクからもご覧いただけます。

家族信託の詳細はこちらから

まとめ

将来の遺産について不安がある方は、家族信託があることを知りましょう。大まかな内容を理解してから、家族信託を利用することをおすすめします。専門家に相談することもできるので、適切な対策をしてみましょう。