肌の改善に役立つスパトリートメントって?

いくら肌の美しい人でも肌の悩みが全くない女性は珍しいのではないでしょうか?そんな解消したい肌の悩みは、自分に合ったスパトリートメントを使って改善してみましょう。ここではスキンケアブランドの「スパトリートメント」についてご紹介します。

■多くの女性が抱える肌の悩み

・毛穴の黒ずみや開き

年代に関わらず女性の肌の悩み上位にランクインしており、若い年代は黒ずみ、年齢が上がるにつれて開きが気になる人が増えています。そして毛穴ケアは毎日スキンケアをしていてもすぐには改善しにくく、間違った方法を行うと悪化してしまう可能性があり、正しいケアが必要なところです。

・肌の乾燥

年齢を重ねると共に肌は水分の保持力が低下するため乾燥しやすくなり、肌は弾力を失ってシワが増える原因になります。それから肌の乾燥はハリや弾力の低下にもつながり、すると肌がたるみやすくなり見た目年齢が上がってしまうでしょう。

・シミ

シミも乾燥と同様に年齢を重ねるほど現れやすくなるもので、外部から刺激を受けるほどシミは増えていきます。肌の水分量が少なくなるほど肌を保護しているバリア機能が低下し、紫外線にさらされた肌にはシミができてしまいます。

■スパトリートメントの特徴

・エステサロンで扱われている

スパトリートメントは多くのエステサロンで取扱われているスキンケアアイテムのブランドで、日本だけでなく世界中のエステサロンスタッフや女性に支持されています。それほどの支持を集める理由には、こだわりの原料や成分・成分を肌にきちんと届けるための工夫などがされていることなどがあります。

・肌の悩みや肌質に合った化粧品がある

スパトリートメントのラインナップは幅広く、肌の悩み・年齢・性別など複数の要素からその人の肌に合うアイエムを選び出し、使うことができるほどです。さらにエステサロンがメインで扱う化粧品は高額というイメージがあるかもしれませんが、スパトリートメントのラインナップは予算別でも選べるようになっており、誰でも自分の肌に合ったスキンケアを始めやすいブランドと言えます。

■目元のシワ改善に強い

・部位ごとで原因が違う

シワを見つけるのは目元ということも多く、スパトリートメントを適切に使ってお手入れすることでシワの改善もすすめられています。まず目元のシワは部位によって性質が違っており、それはシワをつくる原因が違っているためです。

・目尻は表情による

笑った時目尻に細かくシワができたことでシワを発見した人も少なくありませんが、目尻のシワは肌の乾燥し始める30代頃から見られやすくなります。そこへメイクやスキンケアで肌に負担がかかればますますシワが悪化しやすいので、肌に優しい集中保湿などを使うと良いでしょう。

・目頭はたるみ

肌の乾燥とともに筋肉も衰え始めるため、目頭の筋肉が減ることでたるみやすくなりシワができてしまいます。特にまぶたなど目頭へ力を加えたわけでなくても、普段パソコンやスマホを使うことによる眼精疲労やメイクなど日常生活での動作が目頭のしわを悪化させやすくなるでしょう。そんな目頭のケアには目を休めて紫外線ケアを保湿をしましょう。

・目の下は疲れや乾燥

特に皮膚が薄くなっている目の下は疲労や乾燥が出やすくシワも現れやすい部分です。普段のスキンケアにプラスして目元の集中ケア、並びに目の疲れを癒すこともしましょう。

■スパトリートメント利用者の喜びの声

・目元シートは美容液たっぷり

15分つけた後ではがす目元用のシートは美容液がたっぷりついているため、15分ではもったいないという声がありそのまま眠っているとの内容でした。それだけ十分な美容液をつけると目元のむくみが改善されて引き締まった感じがすると言われます。

・高級感のあるフェイスマスク

美容液がしっかりしみこんだフェイスマスクで、スパトリートメントこだわりの成分が含まれています。使ってみた人は、高級感があり赤みのあった肌が落ち着いて毛穴が目立たなくなったほか、肌が柔らかくなったという声がありました。

・浸透力のあるフェイスクリーム

肌につけると高い浸透力で肌になじみ、その浸透を実感できるという口コミが寄せられています。つけたあとの肌はふっくらとするだけでなくさらっとしているため、メイク崩れも気にならないとのことです。

■まとめ

エステサロンの店員を初め、日本、そして世界中の女性から支持されているスパトリートメントなので、これまでのスキンケアアイテムでは満足できなかった人にも試してみる価値のあるコスメと言えるでしょう。また評価の高い口コミが多く寄せられていることからも、使った時の変化を期待できるのではないでしょうか。まずは一番気になる肌の悩みについて、公式サイトのチャートを使って対応しているスパトリートメントのアイテムを見つけるところから始めてみてください。