家のデザインにこだわる理由は?
どんなデザインが人気ある?

近年、家の性能だけではなくデザインにもこだわる人が増えています。今回は、家のデザインにこだわる理由やどんなデザインが人気を集めているのか紹介していきましょう。これからデザイン住宅を建てる人は参考にしてみてください。

デザイン住宅の特徴

こちらでは、デザイン住宅の特徴について見ていきましょう。デザイン住宅にはどんな特徴があるかを知ることでマイホーム検討をしている人の参考になる部分もあるかもしれません。

 ・明確な定義はない

デザイン住宅と言っても、明確な定義がないのが現状です。基本的に一般的な住宅よりもデザインにこだわったという認識がされていますが、おしゃれな住宅のことをデザイン住宅と呼ぶ会社もあるようです。

 ・個性的な家になる

デザイン住宅は建築デザインの専門家がまとめるところがほとんどです。そのため、コンセプトなどを統一して通常以上の魅力を引き出してくれます。こだわりを詰め込むことで個性的な家にすることもできるのです。

 ・ライフスタイルを反映できる

デザイン住宅は、家のオシャレさだけを重視したものではありません。施工主のライフスタイルを反映させることもできるのです。

デザイン住宅のデメリット

デザイン住宅にはさまざまな特徴がありますがデメリットもあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・打ち合わせに時間がかかる

デザイナー住宅は間取りだけではなく設備なども打ち合わせをして決めるものです。そのため、通常の注文住宅以上に打ち合わせ回数が必要となります。打ち合わせの回数が多いことをデメリットに感じる人もいるようです。

 ・デザイナーの主張が強い

デザイナー住宅はデザイナーのデザイン次第となります。しかし、ごくまれに自己主張の強いデザイナーがいるのも事実です。そういったデザイナーに当たってしまうと、自分の希望を100%取り入れてもらえない場合もあります。

 ・暮らしにくい部分が出ることもある

デザイン重視になるあまり、暮らしやすさに関することが後回しになることもあるのです。デザインを重視するか暮らしやすさを重視するかどちらかを迫られることもあるでしょう。

デザイン住宅で失敗しないためには?

こちらでは、デザイン住宅で失敗しないためのコツについて見ていきましょう。デザイン住宅は暮らし続けることによって「失敗した」と感じる人も多くいます。失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。

 ・イメージを固める

曖昧なイメージのままだと「あっちもこうしたい」「こっちもこうしたい」と目移りします。その時の感情だけで決めてしまうと快適なデザイン住宅には仕上がりにくいのです。特に流行を取り入れる場合は「流行が廃れた」時のことも考えないと流行遅れの家になる場合もあります。

 ・暮らしやすさを考える

デザイン住宅で失敗する人の多くが暮らしやすさを考えていなかった結果となっています。設備などについて考える時は「実用性があるかどうか」に注目しておくといいでしょう。

 ・希望を取り入れてくれるか

先述したようにデザイナーによっては自己主張が激しい住宅になる場合もあります。施工主の自己主張を取り入れるならともかくデザイナーの自己主張だけになると後悔する可能性が高いのです。そのため、どれだけ施工主の希望を取り入れてくれるかをチェックしましょう。

家のデザインで人気のあるものとは?

こちらでは、家のデザインで人気が高いものについて見ていきましょう。これからデザイン住宅を建てる人はぜひ参考にしてみてください。

 ・シンプルモダン

白や黒を中心に構成されたシンプルながら現代テイストを取り入れたデザインです。単純な色使いになっていますが、スタイリッシュさや上品さを出すことができます。無機質な素材を使うことが多いのでクールな雰囲気にすることも可能です。

 ・ガレージハウス

住宅と車庫が一体化したデザインのことを指します。住まいの中に車庫を作ることで盗難やトラブルなどから愛車を守ることもできるのです。カースペースをしっかり確保したい人などにおすすめです。ガレージハウス風は比較的ローコストが実現できるのも魅力ひとつでしょう。

 ・純和風

洋風住宅が多い中、純和風の家を求める人も増えています。純和風の家は木の魅力を引き出しているものが多く、伝統的なデザインが特徴的です。流行に左右されることがないのも特徴のひとつと言えるでしょう。

家のデザインについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

住宅デザインはさまざまなジャンルがあります。
今回紹介したものはその一部でしかありません。
北欧風や南欧風、アジアリゾート風などさまざまなデザインジャンルがあります。
流行だけに影響されるのではなく、
長い将来を変わらず暮らし続けられるかどうかにも注目するようにしましょう。