占い学校の選び方は?
東京でおすすめのスクールについて

占い師を目指す人は占いに関する知識や技術を取得する必要があります。有名な占い師に弟子入りする人もいますが、手っ取り早く知識も技術も手に入れたい人は占い学校に通うことをおすすめします。今回は占い学校の選び方や東京で評判が良いスクールについて紹介していきましょう。

占い師の働き方について

占い師と言っても幅広い働き方があります。こちらでは、どのような働き方があるのかについて見ていきましょう。

 ・対面式

一般的なスタイルの働き方です。占い館、イベント、街角など相談者と対面して悩みを聞き、占い結果を伝えます。単純に結果だけを伝えるのではなく、適切なアドバイスも行います。対面式は臨機応変な対応が求められますが、相談者との距離がもっとも近い働き方です。

 ・電話鑑定

相談者の悩みを電話で聞いて占うスタイルです。この場合は個人で行うのではなく、電話鑑定を運営する会社に入社するケースがほとんどです。電話番号などは個人情報なので、個人で行うにはリスクが高いからでしょう。電話鑑定は会社入社、もしくは自分で会社を立ち上げるという人が多いですね。

 ・メール鑑定

メールやチャット機能を使ったスタイルの働き方です。占いサイトなどに登録して、指名を受ける場合もあります。個人でサイトを立ち上げて占う人もいるようです。報酬については文字数による文字単価で支払われる場合がほとんどと言われています。

占い師のやりがい

どんな仕事であっても、やりがいを見いだせなければ長く続けることはできません。特に、占い師は特殊な仕事なので余計にやりがいを見出す必要があります。こちらでは、占い師のやりがいについて見ていきましょう。

 ・相談者からの感謝

相談者によって占った後にも連絡をくれる人がいます。そういった人たちからの感謝や「救われました」という言葉が占い師のやりがいと言っても過言ではありません。

 ・希望を引き出せる

相談に来る人の多くが希望を見いだせない状態です。そのため、占い師のやりがいとして相談者の希望を見出すことに感じる人も少なくありません。

 ・人に寄り添える

占い師は人に寄り添える仕事です。人との関係を大切にすることにやりがいを見出す人もいます。基本的に占い師によってやりがいは異なるので、自分だけのやりがいについて見出だすようにしましょう。

占い学校の選び方

こちらでは、占い学校の選び方について見ていきましょう。今後、占い学校に通うことを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 ・占いスキルの証明

卒業後にライセンスや修了証明書を得られる学校をおすすめします。証明書があることで、占いスキルを客観的に判断できるので相談者からの信頼を得やすくなるからです。

 ・サポート

卒業後に占い師としての仕事を斡旋してくれるかサポート体制もチェックしましょう。いきなり独立した占い師として活躍するのは難しいです。だからこそ、学校の卒業後のサポート体制が重要となります。

 ・事前に体験できる

占い学校によって特徴は大きく変わってきます。入校したはいいけど、自分には合わないスタイルの学校だったという後悔も少なくありません。事前に体験入学ができれば、自分に合うか会わないかをしっかりチェックできるので後悔リスクを軽減できます。

 

東京でおすすめの占い学校とは?

東京にはさまざまな占い学校があります。こちらでは、多くの人におすすめされている占い学校について見ていきましょう。

 ・Naturalis

西洋占星術や相術のロジックとアロマセラピーの概念を融合した珍しいスタイルの占い学校です。占いだけではなく、人を癒したいという人にもおすすめされています。

 ・アカデメイア・カレッジ

初心者でも基礎から応用までしっかり学べる占い学校です。プロレベルの知識や技術を学びたい人におすすめされています。既定講座を修了することで認定ライセンスが発行されるので、より精度の高い上級講座を受けられる・仕事のサポートを受けられるなどの豊富なメリットがあります。

 ・自由が丘海運学院

メディアでも活躍する占い師が学院長を務めている占い学校です。趣味レベルだけではなく、プロレベルの知識や技術をしっかり学ぶことができます。前線で活躍する講師が多いこともあり、良い意味で刺激を受けられる学校です。

東京でおすすめの占い学校について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

占い学校と言っても、種類も数も多くあります。
まずは自分がどんな占いを学びたいのかを明確にしてください。
西洋系、東洋系、どちらを選ぶかでも学校が大きく変わってくるからです。
曖昧なまま占い学校を選ぶと「こんなはずじゃなかった」と後悔しやすくなります。
どんな占い師になりたいのか、どんなサポートを求めているのか、予算はいくらなのか、
これらをしっかり明確にしておきましょう。