男性香水の選び方や
おすすめアイテムについて

香水は女性だけではなく、男性も身に着けるものとして人気を集めています。さまざまな香水ブランドが独自のアイテムを展開しているので、幅広い香りを楽しむことも出来るのです。今回は男性香水の選び方やおすすめアイテムについて見ていきましょう。

男性香水の選び方について

男性香水を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。こちらでは、どのようなポイントに注目して選ぶべきかを見ていきましょう。

 ・好みの香りであるか

例えどんなに人気の香水であっても好みの香りでなければ身に着ける意味はありません。特に香水は時間と共に香りが変化するので、好みによって選び方も変わってきます。店頭サンプルなどを利用して、好みの香りであるかどうかをチェックしましょう。

 ・持続性

香水によって持続性が異なります。短時間の持続性、長時間の持続性などさまざまな香水があるので自分が求める持続性に合わせた選び方をするのもひとつの方法です。

 ・ブランドイメージ

男性の中には普段から活用しているブランドアイテムもあるのではないでしょうか。そういったブランドイメージに合わせて香水を選ぶ人もいます。

男性香水を身に着ける際の注意点

こちらでは、香水を身に着ける際の注意点について見ていきましょう。特に香水をつけ慣れていない人は覚えておきたいことばかりです。

 ・量に注意する

香水によっては少量では香りにくいものもあります。ただ、それは自分感覚であり、実際は意外と香っている場合も多いのです。香水を身に着ける量を多くしてしまうとその分香りも強くなってしまいます。香水くさい、と言われないためにも適量を心掛けましょう。

 ・香りの飛びやすさに注目する

香水の中にはラストノートへの到達が早いものもあります。こういった香水は「香りが飛びやすい」と言われていますが、つけ過ぎが心配な人は香りが飛びやすいものを選ぶことで香水くささを軽減できます。

 ・人気ばかりを追わない

香水にも流行があります。自分の意見ではなく「流行っているから」という理由で香水を選ぶ人もいるのです。ただ、流行っているということはそれだけ多くの人がつけているということになります。個性がなくなってしまう可能性もあるので、流行だけをポイントにしないようにしましょう。

女性ウケを狙うならムスク系がいい?

女性ウケが良い男性香水と言えば、やはりムスク系ではないでしょうか。こちらでは、なぜムスク系が人気なのかについて見ていきましょう。

 ・薬や香料の原料だった

ムスク系の原料は大昔は薬や香料として使われていました。香水の香りを持続させる効果があり、男性の多くがムスク系を使っています。男性香水=ムスク、という考えができるほど主流になっているのです。女性ウケする理由としては、ムスク系の香りに「男性らしさ」を感じるからなのかもしれません。

 ・フェロモン効果

ムスクの香りはフェロモンのような生理作用をもたらすと言われています。先述したように「男性らしさ」はフェロモンを感じるからなのかもしれませんね。

 ・多くの香水がある

ムスク系の香水は数多くあります。バリエーションが豊富であり、同じムスク系でも被らない香りが特徴的です。さまざまなムスク系の香りがあることで、女性もバリエーション豊富な男性らしさを感じるのでしょう。

人気の男性香水について

こちらでは、人気の男性香水を見ていきましょう。香水に興味があるけれどどれがいいのか分からない人は候補のひとつにしてみてください。

 ・アランドロン サムライ

侍をイメージして企画された男性香水です。1997年に学生を中心にブームを巻き起こし、安定した人気を保ち続けている香水です。オリエンタルな香りが特徴的であり、幅広い男性に愛用されています。女性ウケも良く、男性に見につけてほしい香水に必ずランクインするほどです。

 ・カルバンクライン エタニティ フォーメン

アメリカブランドの香水であり、ロングセラーを誇る香水です。使い勝手が良いことで年代問わず愛用されています。普段使いでもフォーマルでも使えるのでひとつ持っておけば活用シーンが多くあるのです。

 ・ジバンシィ アンサンセ ウルトラマリン

夏におすすめされている爽やかな男性香水です。鮮やかなブルーカラーが涼しげであり、ベルガモットやウォーターフルーツの香りが爽快感を感じさせてくれます。

他の男性香水について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

男性香水とは数多くあるので、初見で「これにしよう」と決められる人はほとんどいません。
香水はその人の印象を決めてしまうものなので、安易な選び方ではなく慎重に選んでください。
まずは「自分が好きになれるかどうか」という部分に注目しましょう。
周囲からのウケばかりを気にしていて、自分では好みではない香りを選んでしまうと
香水を身に着けること自体に苦痛を感じてしまいます。