第1話  第2話  第3話

第1話 
3ステップで始める和のトールペイントの作り方

第2話 
和柄トールペイントアクセサリー 
オンラインワークショップ公開!

第3話 
アレンジは無限大!
オリジナルを作ってアーチストになろう!

難しい、時間がかかる、売れない
トールペイントから
簡単で、すぐにできて、売れるトールペイントへ
大変換する
特別なご案内があります!

なぜあなたのトールペイントは
売れないの?

なぜなら、、、
高くないと売りたくないからです!

トールペイントは時間と手間がかかるので、出来上がると愛着も湧いて手放したくなくなっちゃうんです。そして、なんといっても時給換算すると何万円もの商品になります。

例えば、ティッシュボックスひとつ作るのに、材料を買いに行って、下処理をして、絵を描いて、ニスで仕上げるまで、6時間かかったとします。技術があるわけですから、1000円のパートとは違いますよね。少し多めの時給1500円として6時間かかったので9000円。材料費が1000円だったとして、合わせて1万円!!どんなに素敵な絵柄でも、ティッシュボックスに1万円払いますか?ちょっと高すぎますよね。

 ですから、今流行りのミンネとかクリーマにトールペイントを出品したり、地域のマーケットで販売することができないんですね。マーケットは比較的安くないと売れないので、出せば出すほど、疲れてきってしまうんです。

この和柄トールペイントアクセサリー
WEB通信講座で学ぶと、、、

  • 素敵!これもトールペイントなの?」と言われる和柄トールペイントのアクセサリーが、短時間で作れます。
  • 友達への贈り物、海外へのお土産などが、自分の手で作れます。
  • 今流行りのマーケット出店やオンラインショップ開店の夢が広がります。
  • オリジナル作品を作るヒントが得られ、アイデアがどんどん湧いてきます。
  • 小さなオリジナル作品を作って、大きな満足感を得られます。
  • 友達への贈り物、海外へのお土産などが、自分の手で作れます。

売れるトールペイント
アクセサリーを作る秘訣は
たった3つ!

1. ステンシルを使う

和柄は同じ模様の繰り返しです。ステンシルの型を使うと、同じ模様がすぐに作れ、筆でひとつひとつ塗るより、同じクオリティで安定した作品を作ることができます。

2. レジンを使う

今流行りのレジンをご存知ですか?絵を描いた上にレジンを載せると、光沢が出て、アクセサリーに輝きが出ます。「七宝焼き」のような見た目になり、小さくても存在感のある、素敵なアクセサリーに変身します。

3. アレンジする

基本のアクセサリーが出来たら、今度は色違いを作ってみたり、帯留金具をつけて、お着物に合わせたり、イヤリングにしたり。また、レジンをかけた後に穴を空けて、ビーズをつけることもできます。アレンジで可能性は無限大!
さあ、アーチストとしての第一歩です!

講師プロフィール

トールペイント講師 
講師歴20年以上、日本の和柄と西洋のトールペイントをコラボさせた、和柄トールペイントを発信中。

雑貨の仕事塾®️認定講師
ハンドメイド作家、講師のための集客講座を開催。ブランディング、お客様の心に響くメルマガやブログの書き方や、動画を使ったオンラインレッスンの作り方など、ビジネスに必要なスキルを教える。

こんにちは。
和柄トールペインターの小澤美智子です。この度は、『和柄トールペイントアクセサリーWEB通信講座』にご興味をお持ちいただき、有難うございます。この講座では、「難しい、時間がかかる、売れない」と思われるトールペイントの概念を覆し、簡単で、気軽にできて、人にプレゼントしたり喜んでもらえたり、マーケットで販売してアーチストにもなれる、和柄トールペイントアクセサリーの作り方をお教えします。