このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

このお手紙は「組織力・マネジメント力向上のコーチング」の
ご提案です。
(経営者やマネージャー向けの組織向上についてのコーチングです)

ただし・・・

【このご提案は全ての方に当てはまるものではございません!】

次のような方には大変恐縮ですが、私がお役立てできることはきっと何もありません・・・・

・自ら変わろうという意志がない人

・自分が変われると信じない人

・未来の自分へ投資を躊躇している人

・言い訳ばかりで正当化する人 

・行動を起こす努力を怠る人 

・組織の責任者として責任を負おうとしない人

・未来の自分へ時間や努力を投資できない人


etc

上記に該当する方はには、残念ながらお互いに時間を投資しても不利益になってしまう可能性が高いです。

ただし、こんな方はコーチングによって投資対効果が大きく得られます!

「会社の目標を早く達成したいがうまく行っていない」
「組織を拡大するにあたり、大切な想い(価値観)を浸透していきたい」

 

「組織メンバーへの影響力を高め、業績を継続して達成していく強いチームを作りたい」
「経営者として言葉を進化させ、社員が働きたい!と言っている会社を作っていきたい」
「経営者として、会社のビジョンやミッションを明確にし、業績向上を達成したい」
「右腕となるリーダー格を育成していきたい」
「トップとしての自分の考えや期待に沿って動いてくれる社員を増やしていきたい」
「バラバラな気持ちの社員を1つの心にして長く働いて欲しい」
「経営者として言葉を進化させ、社員が働きたい!と言っている会社を作っていきたい」

あなたが日常にコーチとの対話を導入すると何が変わってくるのか!?


あなた自身の捉え方が変わり新たな行動へ

扱うテーマからゴール・ビジョン・ミッション、
課題、アクションについて

「あなた自身の捉え方」を中心に
コーチと対話をすることで思考を変化させ、

あなたが今までの日常とは違う行動へ繋がります

(変わるには、本人の意志と周囲やコーチなど協力者が必須です)

あなたのついつい流れていく日常を変えるには・・・

そして、


セッションごとに今まとは違う取り組み(行動)を1つ決めていただき、次回セッション時にその取り組みについて対話をします。

つまり、

あなた自身の無意識に習慣化された日常生活の中へPDCAの構造をコーチと意図的に持ち込むことによって、目標へ進みます。


ですので、結果として、
そのプロセスで変化が起こり
今まとは違う結果(未来)が手に入ります



この無意識に習慣化された日常を、
勿論あなた一人で修正することは可能ですが・・・・

あなた一人で取り組むと・・・

・どれくらい時間を要しますでしょうか。

・どれくらい効果的に修正できますでしょうか。

・どれくらい労力がかかりますでしょうか。

今まで何度今度こそ「変わろう!」「やろう!」と思ったことか、
思い出していただきますとよくわかることと思います。

「変わりたい!!」 VS 「今までのままでいいじゃん!」

そこにはコンフォートゾーン(無意識の安全領域)から抜ける恐怖と、ホメオスタシス(恒常性)の維持が無意識に働きます

今までとは違う未来に、あなたはどれくらい価値を置きますか?

コーチと意図的にあなたの目標についてのPDCAサイクルの構造を日常に持ち込み、コーチとの対話により無意識を意識化(言語化)することで、ついつい同じことを繰り返してしまう日常(緊急かつ重要なものに終われる)に、違った行動が起きるため、今まとは違った可能性(未来の選択肢)が生まれます

あなたも昔勉強のために、
英語の塾に通ったり家庭教師を雇ったりしておりませんでしたか?

あなたが通った塾や雇った家庭教師は、
良い大学や学校に入るという目標に向けて
いわば、投資してもらっていた状態ですよね。

では、社会人になってからは
あなたはどんな投資をあなた自身にされてきましたでしょうか

コーチングは言わば、ご自身への未来への投資になります。

不動産や株式投資と違い、
コーチングはあなたのコミュニケーションのとり方から
あなた自身の思考や行動が変わることで、
その結果周囲への影響が変わります。

なぜコーチングによって、これから対人関係能力(リーダーシップやプレゼンス、特にコミュニケーション)へ取り組むのか?

上記のように、AI進展に伴っても必要な能力が
「対人関係の能力」です。

対人関係能力とは、
いわば「関わる人に影響し行動を変容を促す能力」
です。(いわゆる影響力ですね)

関わる周囲の人々とどのように関わり、

あなたは
「どのようなメッセージを送り」
「どのように受け取っていただき」
「どのように行動を起こしてもらうか」

そこには、
あなた自身のコミュニケーション能力の向上が必須です
(組織の責任者であるならここで差が付きます)

AIが発展してもここは変わりません。

そして、
あなた自身がどのように外界を「捉えて」いるのか
によって、対人関係は変わります
(影響力が変わります)

コーチングでは、このような
あなた自身の根本的なところ(捉え方)を扱います

組織のマネジメントにおいて、
なぜコミュニケーションから整えることが最重要なのか?

成果を上げるには、「関係の質」から始まります

MIT(マサチューセッツ工科大学)の教授ダニエル・キム氏が提唱した、「組織の成功循環モデル」では、成果を上げるには、行動の質を高めることから取り組むのではなく、「関係の質」から高めることが重要であると、報告されております。

*私自身がマネジメントをしていた際においても、上記を1年半において3回測定した経験があります。
実際に、関係の質が向上していくことで、組織成果(組織業績計画の連続達成)が得られる経験をしております。

欲しい未来はほんの少し、
現在の自分自身を変化させることから始まります。

是非あなたにコーチをつけ、
組織に所属するメンバーの強力な支援を得られる環境を整え

組織の事業拡大や存続、従業員の喜びや幸せ
手にしていきましょう!!

あなたが1人ではなくコーチと取り組むことで手に入ること

会社経営や組織のマネジメントで目指す成果


 ・組織力向上による業績の伸長
 ・事業を発展させていく上での適正な離職率
 ・メンバーが組織を活用して自己実現や成長していくこと
 ・周囲を動かす影響力(リーダーシップ、プレゼンス)

 ・周囲と信頼関係を作る対人関係能力(コミュニケーション)
 ・メンバーからの提案や協力を引き寄せる能力
 ・メンバーから信頼される決断力
 ・事業を拡大しても経営ができるようになるマネジメント能力
 ・社員やメンバーが喜んでお願いや指示を聞いてくれるようになる

 ・自分自身が目標達成に向かう行動変容力(PDCAを回す力)
 ・メンバーが個々に目標達成できるサポート力(コーチングスキル)
 ・自分の自信の回復または向上(セルフイメージ)
 ・自分の価値観や強みを発揮でき、活用できる能力
 ・メンバーと味わう充実感や達成感  等

「組織力・マネジメント力向上のコーチング」
ー概要ー


ご提案内容

内容:組織力・マネジメント力向上のコーチング
期間:6ヶ月〜1年
回数:月に2〜4回
時間:30〜60分(主に月〜土)
内容:電話 または、オンライン(ZOOMにて)
時間帯:朝6:30〜22:30受付可
テーマ:下記参考ですが、主に   
    ・経営者としての成長(リーダーシップやプレゼンス)
    ・コミュニケーション等研修のフォロー(スキルUP)
    ・組織内の対人関係(チームワークの強化)
    ・チームコミュニケーション(マネジメント力)
    ・コミュニケーション戦略(全般) 
    ・経営者やマネージャーとしてのコーチ力の向上   
    
  
      ・幹部チームとのミーティングマネジメント   等

コーチングの流れ


STEP1
オリエンテーション
事前に、あなた自身についてお伺いするために、コーチはアセスメントシートをお渡しして、あなた自身についてお答えできるところを中心に記載いただき、取り組むテーマや現状を明確にしていきます。(主に初回のこの時間をオリエンテーションと言います。)
STEP2
コーチングセッション
コーチング期間中のゴール設定から取り組みについて、コーチと一緒に対話を通じて行って行きます。
また、毎回、PDCAが回るよう、あなたの取り組みについてもお伺いし、2人3脚でゴールに向かって行きます。
(コーチングのメインがこちらで毎回取り組んでいく時間となります)
STEP3
エバリュエーション
コーチング期間中において、あなたがコーチングから欲しいものを得られているか、よりコーチングが機能するためにお互いの責任を検証し、より成果がえられるよう意見交換していきます。
(主に中間と終了時におこないます)
STEP3
エバリュエーション
コーチング期間中において、あなたがコーチングから欲しいものを得られているか、よりコーチングが機能するためにお互いの責任を検証し、より成果がえられるよう意見交換していきます。
(主に中間と終了時におこないます)

コーチプロフィール

Hiroya Kazakmi
風神 宏哉
*資格

国際コーチング連盟認定 Professional Certified Coach
(一財)生涯学習開発財団  認定マスターコーチ
(一財)教育推進財団 認定コミュニケーション・  トレーナー
 日本NLP協会認定 NLPプロフェッショナルコーチ
 日本交渉協会認定  交渉アナリスト1級
 薬剤師免許


*コーチング学習機関
  株式会社 コーチ・エィ CTPにて学習


*コーチング実績 1,300時間(2021.9.1)


*その他
・出 身 :福島県いわき市
・現住所:宮城県仙台市
・血液型:AB型
・大 学 :共立薬科大学卒 
    (現、慶應義塾大学薬学部)
・入 社 :2006年4月〜2020年11月 
        武田薬品工業株式会社(MR職)
      2021年1月〜 フリーランス
     (プロフェッショナルコーチ/セミナー講師)



<今までの勤務地(全国対象でしたので)>

前 職:2006年4月〜2020年11月 
    →大手製薬会社 営業職(MR)   


勤務地:千葉県松戸市・流山市・柏市 

    宮城県栗原市・大崎市

    青森県八戸市・十和田市 
    →チームリーダー・副営業所長

    岩手県・青森県・秋田県 
    →3県のエリアマネージャー(抗がん剤担当)
   
〜退職後〜

 宮城県 仙台市 (自宅)
 2021年1月〜 
   フリーランス(プロコーチとして起業)
  ・コーポレートコーチ
  ・パーソナルコーチ
  ・研修講師

ご挨拶

大手製薬メーカーでMR(医薬品の営業部隊)として15年勤務し、5年間はセールスチームのリーダーとしてチームをマネジメントしてきました。マネジメントの5年間では、チームの責任数字をコロナ禍であった1期を除き、全て達成している。(当時は会社で最年少リーダーとしてドキドキしながらマネジメントしておりました)

 そして、会社の早期退職制度2020.11.30退職)を積極的に利用し、現在、フリーランスとして組織で働いている、変わりたい、自己成長したいと一生懸命日々取り組んでいる皆さんへ、セミナーやコーチングを提供しております。
 *コーチング実績は2021/4/1現在1,100時間提供(※計測できた範囲)
 *セミナー講師としては322名の参加者へ提供

 また、コーチングでは2020年9月14日(誕生日)にコーチングの世界標準である「国際コーチング連盟Professional Certified Coach」(ICF認定PCC)を取得。(コーチングを学び始めてから実に7年かかりました)


ここで、何故私がこのように学び、セミナーやコーチングを提供しようと考えたのか、少しご紹介させてください。

実は、コーチングなど対人スキルを学び始めたことにはきっかけがあります。

当時製薬業界では、長年の日本の風習として「接待」と呼ばれる懇親会が日常茶飯事に行われておりました(簡単にお伝えすると、忙しいお医者や医療関係者へお食事を提供し、その際に医薬品の情報提供を行っていた、ということです)。

 しかし、その風習は当時2012年頃には業界の規制が厳しくなり、ほぼそのような機会は無くなっていきました。そのような背景もあり、自身のM R活動を見直した結果、自身の対人関係スキル(交渉やコーチング等コミュニケーション)を向上させることで、成果への生産性を高めることができると考えたからです。

 実際に、社外に置いてコミュニケーションのあり方や注意点、伝え方を変えたことで成果に大きく繋がりました(役職も上がっております)。また、コーチングは2013年からコーチ・エイで学び始め、人を支援するスキルに関心が大きく移り現在に至ります。
(初めてチームリーダーになった際にはコーチングの哲学やスキルに多くを助けられました。「リーダーになる前から学んでいて良かった!」と心から当時は感じました。)

 そして、その中で悩む多くのことは、組織に所属する人との関係でした。それは、セールスとしての社外ユーザーとの関係も勿論ですが、組織内での関係もありました。僅かなボタンのかけ違い、コミュニケーションのズレにより相手の反応も自分の対応も変わってきます。そこにようやく気づくことができ、私は前進することができました。それを助けてくれたもの、それは「自身のコミュニケーションのあり方」でした。

ですので、私がどのように対人関係スキルを活用し、自身のセールスやリーダーシップ、マネジメントで成果を出してきたのか、組織におけるコミュニケーションの観点を中心に、皆さんに少しでもお役に立てればと思い、このような組織におけるコーチングサービスを提供するに至りました。
 思考習慣とは本当に強いもので、コーチングによってPDCAをコーチと定期的に回すことで、ご自身の中で新しい行動をバージョンアップし今までとは違う行動や考えを無意識に起こせるようになります。是非この機会をお役立ていただきますと大変嬉しいです。

無料相談(体験セッション)お申し込み

お問い合わせは、お電話(TEL 090-2172-5064)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

Communication&Coaching office
〒984-0022 宮城県仙台市若林区五橋3-3-1
 E-mail:hiroya.kazakami@outlook.jp