ラブリービーの効果と口コミ。歯周病対策できる?
実際に与えた1カ月の検証結果


愛犬や愛猫のお口の悩みって?

愛犬のお口がくさい。なにか腐ったニオイがします。

こんなにかわいい子なのに。なんとかならないかな?
うちの猫も、お口のニオイが気になります。
ハミガキをしたいけど、もともと猫って犬よりしつけができない動物。。

ハミガキしたら、ひっかかれました。
どうしたらいいの?
お口のニオイが気になり、歯の目元に茶色いものが。。。
獣医さんから「このままだと歯周病になってしまう」言われました。

でも、歯磨きは苦手だし。。。
猫にも歯周病があるなんて。

うちの猫も口臭が気になります。

でも、歯磨きできないわが愛猫。
どうしたらよいのかな?
愛犬や愛猫のお口のニオイ。
放っておくと、歯周病に進行していきます。
そんな愛犬や愛猫のお口のケアが
ラブリービーなら簡単にケアができちゃいます。

ラブリービーを実際に試した私からの口コミ

犬や猫を飼っていると、どうしてもケアが大変なのがお口のケア。
歯周病のこわさは獣医さんから重々聞いているけど、なかなか歯磨きができない。
もちろん私のその中の一人です。

実際に私の愛犬にラブリービーを与えてみて、お口の状態がどんなに変化したのか?
私からの口コミ情報です。



一袋が約7センチほどです。
愛犬は小型犬なので、一日1袋です。


手のひらに出してみると、白いパウダーですね。

私も実際に食べてみましたが、
無味無臭です。


愛犬に手のひらから与えてみました。

ぺろぺろ喜んで食べちゃました。



いつものご飯にかけてみました。


最初は「なに、これ?。なんかご飯に乗ってる」って感じで、気になったようですが、その後はなにも気にせず、いつもとおりに食べ始めました。


すっかり食べ終わり、まだ食べたい。
そんな感じで、お茶碗を見つめています。

1袋ずつになっているラブリービーを、ご飯にかけるだけなのでとても簡単です。
ご飯にかけなくても、そのまま手のひらから与えてもよいですよ。

それに1包ずつしっかり密封されているので、保存する際にも安心です。

ラブリービー自体は、人間の私から見ると無味無臭でした。
人間よりも嗅覚のよい、犬や猫は少しにおいを感じているのかもしれませんが、
私の愛犬は気にせずに、よく食べてくれました。

猫ちゃんは新しい食べ物に慎重になる子が多いと聞きます。
その際は、信頼している飼い主さんの手から与えてみるのもよいと思います。

ラブリービーを与えてみて感じた効果

POINT
1

口臭が少なくなった

与えて3~4日で、明らかに口臭が減ったと実感あり。
うれしい効果です。

犬は本来は口臭はほとんどないとされています。
確かに子犬の頃は、口臭を感じたことはなかったです。
年齢を共に歯磨きをしないと、お口の中に歯垢や歯石がたまり口臭がしてしまうのです。
POINT

口の中のぬめりが少なくなった

人間もそうですが、歯垢(プラーク)がたまると口の中にぬめりが出てきますよね?

犬も同じですが、このお口のぬめりが少なくなりました。
このぬめりが少なくなることで、口臭も少なくなるし歯石に進行していくことがなくなります。
POINT

歯石の色が薄くなってきた

私の愛犬は9歳ですので、歯の根元が少し黄色くなっており歯石がついていました。

ラブリービーは歯石を取り去るサプリメントではないのですが、ラブリービーを毎日与えることと少し歯磨きをすることで、
根元の歯石の色が薄くなってきました。

私流のラブリービーの与え方

ラブリービーの与え方については、いろいろ試行錯誤してみました。

本来であれば夕食後、歯磨きをした後で与えるのがよいと思います。
綺麗になった口腔内に、ラブリービーの成分が長く滞在することで一番力を発揮してくれるのではないかと。

しかしこのサイトをご覧になられている方は、歯磨きが嫌いなわんちゃんの飼い主さんなので。
うちもそうなので、夕食後の歯磨きはとても嫌がる。

ラブリービーは通常は、ご飯にかけたりそのまま与えたりするだけでよいサプリメントです。

私の愛犬はご飯を食べた後、歯磨きガムを食べるのが習慣になっています。

そのため、ご飯に振りかけるよりもガムを食べた後に与えたほうがよいような気がしてしまいました。
せっかくのラブリービーの成分がガムを噛むことによって、唾液で流れてしまうのではないかと思ってしまいました。

そこで、食後にガムを与えた後にラブリービーを器に入れて与えています。

歯みがきが嫌いなわんちゃんには、一日の最後の食事やおやつの後に与えるのが得策なのでは?
と感じます。

ラブリービーを与える前か、ラブリービーを与えてから時間が経ってからのタイミングで、できるなら少しだけでも歯磨きをする。

こんな与え方でもよいと思います。

ちなみにうちは朝の散歩を終えたタイミングで、手足を吹いたりブラッシングをする際に歯磨きをしています。
これだけでもラブリービーの効果はしっかりと感じています。

ラブリービーを1カ月試してみた、私の口コミ・評価

口臭やお口の中のぬめり(歯垢)が減少した実感はとても強く感じました。
しかも3~4日後には効果を実感しました。

私の愛犬は歯茎に黄色の歯石がついています。そうひどくはない量の歯石ですが、この歯石の色も薄くなってきました。
与えて1カ月ほどでは歯石に大きな変化は感じられるものではないと思っていましたが、それでも大きな変化を実感することができました。

ドッグフードにかけて与えるだけで、嗜好性もよく食いつきもよいのでとてもケアがとても簡単で、個人的にはラブリービーを与えてよかったと思っています。

ラブリービーを与えたことで、副作用的な症状もなかったしとても安心・安全に与えることができると思います。

歯周病はお口の中にとどまらず、全身にまわってしまう怖い病気です。

愛犬には元気で長生きしてほしいので、継続してラブリービーを与えていきたいと思います。
そしてあらたに変化を感じることがあれば、またお知らせしたいと思っています。

ラブリービーの口コミ

私の愛犬に与えてみて、私からの口コミや評価をお話ししました。

私だけではなく、SNS等よりラブリービーを与えている方からの口コミ・評価を調べました。
もちろんよい口コミだけでなく、悪い口コミも紹介します。

よい口コミ

ラブリービーをドッグフードに混ぜて与えています。

3日ほどで口臭が消えたのにはびっくり。

続ける価値があると思います。

ご飯に混ぜて与えています。

すぐに実感したのが口臭が薄くなったこと。

ラブリービーは簡単で手軽に与えられるので、とても助かります。

チュールに混ぜて与えています。

ラブリービーを与えてから、口臭が少なくなり与えてよかったと思います。

口臭がひどく、歯も黄色くなっていました。

ほおっておくと歯周病の手術になるといけないのでラブリービーを与えてみました。

食いつきもよく、継続していたら歯が白くなってきました。

もちろん口臭も減りました。
感激です。

シニア年代のチワワですが、もともと食が細い上に最近もっと食が細くなってきました。

口臭や歯の黄ばみがあるため、ラブリービーを与えたところ、食欲が増してきました。

ラブリービーがお気に入りなのか、歯周病により歯に痛みがあったのか?

口臭や歯の黄ばみを薄くなり、よく食べるのに太りません。

乳酸菌や古くとオリゴ糖のおかげでしょうか?

今ではラブリービーは必須アイテムです。

口臭がすぐに改善されました。

インスタグラムでも紹介されています

よい口コミのまとめ


わんちゃんからも口コミが圧倒的に多く、猫ちゃんの飼い主さんには情報が少なくてごめんなさい。

圧倒的に口臭が減った、しかも効果がすぐに実感できたという意見が多かったです。
食いつきもよく、うれしいことに歯石がついた黄色い歯が白くなってきたという意見もありました。

歯周病の前兆である口臭だけではなく、歯石にも効果が出てきたとうれしい口コミがあって、
とてもうれしいです。

悪い口コミ

  • 値段が高い。継続して与えることが必要なので、もう少し安くしてほしい。
  • 下痢をしてしまいました。口臭が減ったので続けたいと思っていたのに残念です。
  • かなり歯石がついているせいか、思ったより口臭に効果を感じなかった。
  • 値段が高い。継続して与えることが必要なので、もう少し安くしてほしい。
悪い口コミを解析してみました。



値段について

犬や猫と暮らしていると、ドッグフードからキャットフード、トイレシートやトイレの砂、医療費等にお金がかかります。
その他にサプリメントとなると、確かに出費が増えてしまいますよね。重々感じてしまいます。
歯周病は口腔内の問題だけでなく、全身に影響を与えてしまう生活習慣病で、あなどれない生活習慣病なのです。

ラブリービーは、定期購入もあり、かなりお安く購入することができます。

なによりどんな病気でも、まず予防をすることが重要だと思いませんか?

愛犬や愛猫はお話しすることができません。
気が付いた時には、どんな病気でも進行していることが多いのです。

また毎日ではなく一日おきに与えているいう方もいらっしゃいました。
本来であれば毎日与えることが重要なのですが、一日おきでもやらないよりはよいかと思いますよ。

下痢をした

ラブリービーにはブリスK12という乳酸菌とフルクトオリゴ糖を使用しています。

ブリスK12はお口と歯を守ってくれる善玉菌なのですが、
フルクトオリゴ糖は消化酵素で消化されずに腸内フローラを改善し、整腸作用があります。

サツマイモ由来の食物繊維も配合されているので、
お腹の弱いわんちゃんやねこちゃんが下痢しやすいのかもしれません。

こういった子には量を減らしてみたり調整が必要かもしれません。

思ったより効果を感じることができなかった


かなり歯石が多くついていて、歯周病になっている場合には早い段階での効果は感じることが難しいかもしれません。
短期間ではなく、せめて1袋を試してみてはいかがでしょうか?。

また目に見える効果を感じられなくても、今以上進行するのを食い止めてくれる効果もあると思います。

もしわんちゃんやねこちゃんに合わなかった場合や効果を感じることができなかった場合は、
60日の全額返金保証があるので、この保証を利用しながら試してみるのもよいかもしれません。

ラブリービーのすべて

ラブリービーの4つの特徴

POINT1 善玉菌「ブリスK12」を配合
POINT2 ごはんにかけるだけの「簡単ケア」
POINT3 徹底した商品の安全安心
POINT4 60日間返金保証
POINT3 徹底した商品の安全安心
POINT
1

善玉菌「ブリスK12」を配合


ブリス菌とは

口内ブリス菌の正式名は、ストレプトコッカス・サリバリウス(唾液レンサ球菌)といいます。

ラブリービーでは、このブリス菌を配合してしているのが、大きな特徴といえると思います。

ニュージーランドのオタゴ大学のジョン・タグ教授によって発見された、史上初のお口の中の善玉菌で、とても重要な善玉菌で乳酸菌でもあります。

善玉菌というと腸内環境を思いつく方が多いと思いますが、お口の中を住処にしている善玉菌がブリス菌です。

このブリス菌は虫歯になりずらい方の口の中から発見された善玉菌で、このブリス菌は人だけでなく犬や猫のお口にも有効なのです。

ブリス菌の中のブリス12KとブリスK18

口内ブリス菌は、口内で効果の実績があるのが「ブリスK12」と「ブリス18K」があります。



ブリス菌 「BRLIS K12」

正式名は、「ストレプトコッカス・サリバリウスK12」です。

ポイントとしては、

1.病原菌への強い殺菌力・抗菌力
病原菌への強い殺菌力や抗菌力あるために、口臭予防・歯周病予防・喉頭炎予防として期待ができる。


2.口内の粘膜への強い粘着力
口内に長くとどまらないと、有効に力が発揮できません。
ブリス菌の中でもブリス12Kは、口内の粘膜に強く粘着力があるので口内の善玉菌が病原菌を追い出す効果が高くなります。

3.強い消炎力
歯肉炎や歯周病にかかっていると、歯茎に炎症が起こっています
BLIS K12は、歯周や粘膜の細胞にはいりこんできる、病原菌による炎症を抑える強い炎症力があります。

ブリス菌 「BRLIS K18」

正式名称は「ストレプトコッカス・サリバリウスM18株」といいます。

虫歯菌を減らす効果や歯垢を分解する酵素、酸で歯が溶けることを防ぐ酵素を作り出すことができます。

ラブリービーのブリス菌は、ブリス12K(BRIS K12)を配合

犬や猫は虫歯にならないといわれています。もしくはなりにくいともいわれています。

犬や猫の虫歯について、獣医さんのサイトもたくさん調べてみたのですが、獣医さんによっても多少の意見の違いはありました。

それは人間と歯の形状が違うこともあり、人間の歯の奥歯はすり鉢型(すり鉢状咬合鉢型)、犬や猫の歯はとがっていたりしていてすり鉢型ではないですよね?

また口の中のpH(ペーハー)の違いにより、歯をつくる虫歯菌が繁殖しにくいため、犬や猫は虫歯になりにくい、もしくは虫歯にならないとされています。

犬や猫は虫歯予防というよりも口臭や歯周病の予防として、
ラブリービーにはブリス12K(BRIS 12K)だけを配合しているわけです。

ブリス菌12K(BLIS 12K)の安全性

ブリス12Kは、様々な研究や試験報告により、日常的に使用する安全性には問題がなかったとされています。

ラブリービーの販売会社ではブリス菌健康情報室というサイトもあります。
気になる方は、ぜひご覧くださいね。
POINT

ごはんにかけるたけの「簡単ケア」

ラブリービーは、パウダータイプなのでご飯にそのままかけて与えるだけです。
もちろん、粉末のまま手のひら等から与えてもかまいません。

使い切りタイプなので、携帯にも便利。

無味・無臭なのでわんちゃんもねこちゃんも、いつもとかわらずおいしく食べてくれます。

猫ちゃんは犬よりも食べ物へのこだわりが強く、好き嫌いがある子も多いようです。
もし食べない場合はチュール等、大好きなものと混ぜて食べされている方も口コミで見られました。

あとはミルクに混ぜて、与えてもよいですよ。

ラブリービーは、なぜパウダーなの?

生きたブリス菌「ブリスK12」の細菌を最大化するためなのです。


ブリス菌「K12」を最強な状態で利用するためには、「菌をしなないようにすること」「細菌数を多く保つこと」です。

ブリス菌「K12」は、繊細な細菌です。

例えば、タブレット型にしてしまうと製造の過程で高熱やプレスする力によって、大半のブリス菌が死んでしまうのです。

そのためパウダータイプになっているんですね。
POINT
3

徹底した商品の安全管理で、安心・安全

「大切な愛する愛犬や愛猫に与えるものだから」

ラブリービーは歯科医師監修のもと、自然由来の無添加の素材にこだわりました。

① ラブリービーの原材料

ラブリービーの原材料は、もちろんヒューマングレード
ラブリービーの原材料は、
デキストリン、乳酸菌(ブリスK12)、フラクトオリゴ糖。
この3つだけです。

原材料

デキストリン

薩摩芋。
お芋由来の食物繊維

乳酸菌

ブリスK12由来の、乳酸菌。

口臭や歯周トラブルを防ぎ、口腔環境を整える。

フラクトオリゴ糖

サトウキビ由来のオリゴ糖

ブリス菌は、世界基準の安心食品
「GRAS認証」を取得しています。

食品の中でもっとも審査が厳しく、実績のある公的機関である「アメリカ食品薬品局(FDA)」に認められており、
「GRAS物質」として認められています。
GRAS物質とは。。。

② 人口保存料等の添加物はもちろん不使用

大切な愛犬や愛猫だから。。。

人口保存料・着色料・風味量はもちろん不使用です。

食品成分100%です。


③ GMP認定の国内工場で品質管理を徹底しています

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略でです。訳すと適正製造規範です。

原料の入庫から製造、出荷にいたるまでの過程について、製品が「安全」に作られていること、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことを言います。

ラブリービーは、このGMP認定の工場で厳しい品質基準をクリアした工場で製造されています。
一つ一つ丁寧にチェックをした製品を、万全な商品をお届けしているのです。

成分分析値

タンパク質 0.05%以上
脂質 0.02%以上
粗繊維 0.5%以下
灰分 0.5%以下
水分 8.0%以下
カロリー 1包(0.5g)=1.67カロリー
1袋30包(15g)=50.25カロリー
粗繊維 0.5%以下

ラブリービーの対応年齢

乳歯が生えてきた子犬や子猫からシニア犬やシニア猫にも、全年齢対応しています。
POINT

60日の返金保証つき

「きちんと食べてくれるのかな?」、「ほんとうに効果があるのかな?」


そんな方のために、初回の方限定の方なら60日間の返金保証があります。

「うまく食べてくれなかった。また効果に満足できなかった。」

そんな方は、初回購入に限り「初回注文日から60日以内」にサポートセンターにご連絡ください。

この保証があるので、安心して試すことができますね!

返金保証を使う際には、お買い上げ明細書とパッケージ袋が必要になりますので、
捨てずにとっておいてください。

また送料に関しては、お客様のご負担となります。

ラブリービーはこうして生まれました

ラブリービーを開発、販売しているウィステリア製薬株式会社は、お子様用歯磨き粉の「ブリアン」、大人用歯磨き粉の「ぺリオン(大人用ブリアン)」というブリス菌を配合した歯磨き粉があります。

このブリアンや大人用ブリアンが元で、ペット用のラブリービーが誕生したのです。

犬や猫の歯周病って?

犬や猫の歯周病とは、歯周病菌が原因で引き起こされる歯茎の炎症です。

もっと厳密に説明すると、歯茎の炎症であれば「歯周炎」。骨まで炎症が進んでしまうと「歯周病」と言います。


歯周病をほおっておくとどうなる?

愛犬や愛猫のお口がくさいという段階では、歯周炎の段階だと思います。
この段階だと、お口のニオイが気になる、または歯茎がうすい茶色になり歯茎が赤く炎症を起こしている段階です。

これより進行すると、

1.ドッグフードを食べるときに痛がったり歯がぐらぐらして抜けてしまったりします。

2.歯根部の炎症や感染が深部まで進行すると、お口の上には鼻腔があるため鼻腔に穴をあけてしまい、
くしゃみや鼻水といった呼吸器の病気を引き起こす原因ともなります。

3.鼻腔ではなく、眼まで進行すると目の下あたりから膿が飛び足してしまう例もあり、

4.下あごまで歯周病菌が進行すると、下あごの骨の骨折

5.歯周病菌が全身に回ると、心臓や肝臓、腎臓等の重要な臓器にも影響してしまうということが獣医学的にも明らかになっている。

犬や猫の歯周病は、とても恐ろしい病気なのです。

犬や猫の歯周病の原因

歯垢
わんちゃんやねこちゃんの食後6~8時間ほど経過すると、歯の表面に菌が繁殖してクラークというものが出てきます。
クラークとは、歯周病の原因となる歯垢でネバネバしたものです。
歯石
歯の表面の歯垢が唾液のミネラルが付着すると、石灰化が始まります。
これが歯石です。石灰化するまで3~5日ほどなので、あっという間に歯石になります。
この歯石の上に歯垢が付き、どんどん進行していくわけです。
歯周病
歯と歯茎の間の溝を「歯周ポケット」と言います。ここに歯垢から歯石に進行した歯周病菌が増殖し、
愛犬や愛猫の身体をむしばんでいくわけです。

歯周病を予防するには

愛犬や愛猫を歯周病から守るためには?

  • 歯ブラシや歯磨きシートで、歯磨きをする
  • 硬いもの(ガム等)を与える。
  • 歯石とりのスケラーをつかって、歯石をとる。
  • 動物病院で、スケーリング(歯石とり)の治療を行う。
  • サプリメントを与える
  • 歯ブラシや歯磨きシートで、歯磨きをする
歯石まで進行してしまうと、硬いものを与えたり歯磨きでは取り去ることはできません。

歯石にならないように、予防しなければなりません。

歯みがきについて
ハミガキは、現実難しいです。よほど赤ちゃんの時から行わないとできないわんちゃんや猫ちゃんが多いのが現実。

犬や猫のお口の構造からいって、しっかりとした歯磨きは難しいです。
また固まった歯石は、歯磨きではとれません。
硬いものを与える
ガムや骨を与えて唾液を促し、歯垢をつきにくくする。

確かに、与えないよりか与えたほうがよいのですが、これもできてしまった歯石を取ることはできません。
スケーラーを使う
歯石を直接削り取るのですが、これもなかなか犬や猫はやらせてくれないので、取り除くことは難しいです。
また、途中で動いたりすると愛犬や愛猫にけがをさせてしまうかもしれません。
動物病院でスケーリング(歯石取り)を行う
動物病院でスケーリングを行う際には、全身麻酔をしてから行います。
全身麻酔は、わんちゃんやねこちゃんが健康であれば問題はないかと思いますが、
高齢であったり、どこか具合がわるかったりすると、危険な場合があります。

まず血液検査等で健康状態を確認してから、行うために費用的にも高額になります。

無麻酔で行う方法もありますがスケーラーをつかった治療になるために、協力的な子なら良いのですが、
そうでないと難しいと思います。

また麻酔で行うスケーリングは歯周ポケットに入った歯石を取ることができますが、無麻酔だと歯周ポケットまできれいにできないので、綺麗にはできないんです。

そして、奥歯や細かいところまでは取り除けないのが、現状です。
サプリメントを使う
簡単に与えることができるので、とっても楽ですね。

ラブリービーの給与量や与え方

給与量は、愛犬の体重や歯石の量等をみて、以下のように与えてくださいね。

給与量(一日あたり)

小型犬(8キロ未満) 1~2袋
中型犬(8キロ~16キロ未満) 2~3袋
大型犬(16キロ以上) 2~4袋
大型犬(16キロ以上) 2~4袋
ドッグフードに混ぜたりかけたり、手や器にいれて直接与えてください。

ラブリービーは歯磨き粉としても使えます。
歯みがきが可能は子は、歯ブラシ等につけて歯磨後、残ったラブリービーを与えるのもよい方法ではないでしょうか?

ラブリービーの副作用は

ラブリービーは自然由来の素材を使用していますし、無添加ですので副作用というのは考えにくいと思います。

しかし、悪い口コミにあったようにお腹がゆるくなった、下痢をしたということはありました。
これはラブリービーの安全性を問うものではなく、デキストリン(サツマイモ由来の食物繊維)、乳酸菌、フルクトオリゴ糖によって、もともと胃腸の弱い子に効きすぎるのかもしれません。

その際は、与える量を調節してみることもよいでしょう。

ラブリービーの販売店は?

ラブリービーの販売店は、
公式サイトとAmazonです。

楽天やYahoo!ショッピング、
ペットショップやホームセンターでは販売していません。
公式サイトとAmazonでは、どちらで購入したようがよいのでしょうか?

まず類似品にはご注意ください。
Amazonでも公式ストアかどうかを確認してください。

なぜなら正規品であっても、ラブリービーは生の菌を使用していますので保存状態が悪いと
ラブリービーのせっかくの生の菌が、菌の死滅・変質・劣化している可能性もあるからです。
ラブリービーは公式サイトでの購入をおすすめします。

ラブリービーの最安値情報

amazon

amazonでは定期購入がないので、通常価格のみです。
また60日間返金保証の記載もありませんでした。

ラブリービーは、公式サイトでの定期購入が最安値で購入できます。

ラブリービーの公式サイトでの最安値情報

ラブリービーの定期購入価格

通常価格 5.478円
定期購入 初回 2.526円(初回価格1915円 税込・送料611円)
定期購入 2回目 2.954円(2回目価格2343円 税込・送料611円)
定期購入 3回目以降 2.852円(3回目以2241円 税込・送料611円)
定期購入 2回目 2.954円(2回目価格2343円 税込・送料611円)
定期購入は、2回以上(合計金額が5.480円)の継続が必要になります。

定期購入の特典

  • 60日間の返金保証あり
  • お届け周期を変更、一時中止が可能(3回目以降)
  • 2個目からは550円OFF(大型犬等1か月に数袋必要な場合は、2個目から割引になります)
  • 60日間の返金保証あり

ラブリービーの解約

ラブリービーの解約や一時休止、お届け周期の変更は次の発送日予定日の10日前までに、ラブリービーのサポートセンターまでのご連絡が必要です。

ただし、2カ月以上(合計金額5.480円)の継続が必要です。

サポートセンター 

解約や休止の連絡だけではなく、ラブリービーについてのご質問もどうぞ!

0120-648-060
10:00~18:00 (日祝・年末年始を除く)

サポートセンター 

解約や休止の連絡だけではなく、ラブリービーについてのご質問もどうぞ!

0120-648-060
10:00~18:00 (日祝・年末年始を除く)

ウィステリア製薬株式会社について


会社名 ウィステリア製薬株式会社
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル 4階
電話番号 0120-648-060
受付時間:10:00~18:00(日祝は除く)
アドレス info@kodomohamigaki.com
電話番号 0120-648-060
受付時間:10:00~18:00(日祝は除く)
こちらの企業は、オーラルケアの商品を製造している企業です。
ペット用のラブリービーだけではなく、ブリス菌配合の人間用のオーラルケア商品も取り揃えてあります。


ブリアン(子供用歯磨き粉)

ブリス菌配合の子供用の歯磨き粉です。

イチゴ味で、お子様が歯磨きしやすいように作られています。

ブリアンの公式サイトはこちら!

ぺリオン(大人用歯磨き粉)

ブリス菌配合の大人用の歯磨き粉。

再発しやすい、大人の虫歯にブリス菌の力で働きかけます。

ぺリオンの公式サイトはこちら!

最後に

愛犬や愛猫の口臭や歯周病は、飼い主さんが頭を悩ませる病気の一つです。

歯みがきができたとしても、奥歯や歯の隙間はなかなかケアできません。

たかがお口のケアといっても、進行すると体全体にも影響を及ぼしてしまう歯周病。

ものをいうことができない子たちだから、飼い主さんは気にかけてあげてくださいね。
ご飯にかけるだけで、愛犬や愛猫のお口のケアができるラブリービー。

試してみる価値はあるアイテムだと思います。