介護業界で起業するのに覚えておきたいポイント

介護業界で起業したい、と考えていませんか?高齢化社会はますます進むといわれており、需要の高まりも受けてこの業界で起業したいと考えている方は少なくありません。
そこで、ここでは介護業界で起業したい方が覚えておいたほうがよいポイントなどについてまとめてみました。

需要はますます高まる業界

現在の日本は高齢化社会といわれており、今後ますます超高齢化社会になっていくともいわれています。そのため、介護ビジネスは注目度も高く、起業を検討する方、いつか関わってみたいと考える方も増えているのです。

 2025年には約20兆円規模の市場規模になるともいわれている介護業界。今後の成長が見込まれる市場はいくつかありますが、その中でも介護は特に成長が期待できる業界だといわれているのです。高齢化はどんどん進んでいくため需要も高まり、右肩上がりでの成長が期待できます。

 市場がさらなる成長を見せるということは、それだけビジネスチャンスがあるということ。後発だからといって利益が得られない、成功できないこともありません。工夫次第では、既存の同業者を出し抜くことも不可能ではないでしょう。事業規模を拡大できれば、相当な利益を上げることも可能かもしれません。

 確実な成長が見込まれている市場のため、今後もたくさんの人、企業が参入してくる可能性があります。始めるなら今がチャンスかもしれません。

異業種からの参入も可能

まったくの異業種から新たな業界にチャレンジするのは勇気が必要です。今までの経験や培ったノウハウが通用しない可能性もあるため、挑戦したい気持ちはあっても一歩踏み出せないというケースは少なくありません。

 実際、異業種から新たな業界に参入して失敗し、撤退した企業もたくさんあります。それだけ、異業種から新たな業界へ参入して成功を収めるのは難しいことですが、介護業界に関してはそうでもありません。この業界は比較的ほかの業種からも参入しやすい特徴があります。

 まず、介護ビジネスは行政によって管轄されている性質上、貸し倒れのリスクが少ないというメリットがあります。これは、一般的なビジネスにはない大きな恩恵といえるでしょう。また、事業形態がほぼ固まっているため、よほど奇抜なことさえしなければビジネスとして成立させられるのです。

 実際、飲食ビジネスを営むオーナーが介護事業に手を出して成功した事例もあります。こうした事実もあるため、今現在まったく介護には関係のない仕事をしている方、ビジネスを行っている方にもチャンスのある業界なのです。

事業形態の種類

大きく分けると、デイサービスと訪問介護、小規模多機能型に分けられます。これらの事業形態だと介護保険が適用されるため、これから介護ビジネスへ参入するのなら、この3つの業態から選ぶこととなるでしょう。

デイサービスは、設備を整えた事業所へ利用者に足を運んでもらうスタイルの介護サービスです。通所介護とも呼ばれています。事業所の規模によって迎え入れる人数が決められているほか、営業所の面積なども定められています。

訪問介護や看護は、利用者の自宅へ足を運んでサービスを提供するスタイルです。大きな特徴は、設備を整えた事業所などが必要ないこと。スタッフが利用者の自宅へ出張するという性質上、マンションの1部屋を借りて開業することも可能なのです。

小規模多機能型とは、利用者のニーズに合わせたサービスを提供することが大きな特徴です。利用者の自宅へ訪問することもあれば、短期の宿泊や通いなど多岐にわたるサービスを行います。これから開業する方は、どの業態がもっとも自分にマッチしているかを考えてみましょう。

起業するための近道とは

まずは事業形態を決めなくてはなりません。デイサービスや訪問介護、小規模多機能型から業態を選びましょう。決まったらしっかりと計画をたて、事業所の物件選びや必要な備品の購入をします。ウェブサイトも作成し、プロモーションもしなくてはなりません。いきなり事業がとん挫しないよう、資金計画も事前に練っておきましょう。

介護事業によっては、事前協議が必要になることもあります。ショートステイやグループホーム、デイサービスだと必要なので覚えておきましょう。このケースだと、自治体と施設の新築や改築前に協議を行う必要があります。

ビジネスを始めるには介護事業者指定申請の書類を自治体に提出しなくてはなりません。必要となる書類が多いため、しっかりと集めて提出しましょう。書類に不備があると認可が下りないため、ビジネスを始められません。

もし、もっと手っ取り早く介護業界で起業したいと考えているのなら、FC加入するのも一つの手です。FCだとノウハウも提供してもらえる上に、スムーズな開業も可能となるでしょう。

介護業界でのFC起業に興味がある方はコチラをクリック

まとめ

確かな成長が見込まれている業界であり、異業種からの参入もしやすい介護業界。起業するにはうってつけかもしれません。きちんと事前の準備を行い、スムーズにビジネスをスタートさせましょう。先ほどお伝えしたように、自分ですべて用意するのが面倒、という方はFCに加盟して始めるのもアリでしょう。