内向型診断テスト
引用元:
・サイトタイトル 『内向型を直さず活かす方法』 
・ページタイトル 内向型診断テスト【全28問の無料診断で自分の強みもわかる!】
・ページURL https://naikougata.jp/naikougata-test

内向型診断テスト28個の項目のうち、自分に”よく当てはまるもの”がいくつあるか数えてみてください。

また、”よく当てはまる”と答えた項目の最後に記載されている記号A〜Dの数もそれぞれ数えてみてください。

1、予定が詰まっていると気が滅入る(D)

2、ぼーっとしているように思われることが多い (A)

3、会話の途中なのに、考え込んで自分の世界に入るときがある (A)

4、誰にも会わない日が数日続いても苦にならない (B)

5、どんなに楽しくても、人と会ったあとはしばらくひとりになりたくなる (B)

6、喜怒哀楽があまり表に出ない (A)

7、チームワークよりひとりで作業を進めるほうが好き (B)

8、結婚式の二次会や知らない人との交流会が苦手 (D)

9、初めての場所や新しい環境はいつも緊張する (D)

10、人が近くにいたり雑音がある場所は、作業に集中できない (D)

11、「何を考えているか分からない」と言われたことがある (A)

12、カフェインに弱い (D)

13、友達が少ないことをコンプレックスに感じたことがある (A)

14、映画は、誰かと観て感想を言い合うより、ひとりで観て余韻に浸るのが好き (C)

15、当たりさわりない話より、互いの価値観など深い話をする方が楽しい (A)

16、日記を書くのが好き (B)

17、自分のことを話すのが苦手 (C)

18、頭の中で文章を組み立ててから話し出すことが多い (C)

19、口数は少なめで聞き役になることが多い (C)

20、あまり挑戦はせず慎重派だと思っている (D)

21、大人数より2~3人で話す方が好き (C)

22、見聞きした話を理解・整理するのに時間がかかる (C)

23、急に質問されるとすぐに答えられなくて焦る (C)

24、喋るよりメールの方が気持ちを伝えやすい (A)

25、旅行のあとはすごく疲れる、体調を崩しやすい (D)

26、「休みの日は家でゴロゴロしてます」と答える芸能人に親近感がわく (B)

27、子供の頃、先生や親に「みんなと遊びなさい」と心配されたことがある (B)

28、家でひとりで過ごすのが大好き(B)


内向型診断テストの解説


内向型診断テストで当てはまるものが多いほど、内向型の度合いが強いと言えます。

・21〜28個当てはまった
 →内向型

・15〜20個当てはまった
 →まあまあ内向型

・10〜14個当てはまった
 →両向型
 (内向型度と外向型度が同じくらい)

・5〜9個当てはまった
 →まあまあ外向型

・0〜4個当てはまった
 →外向型

この内向型診断テストの項目は、


A、内向型は物思いにふけるのが好き

B、内向型はひとりの時間で元気を充電する

C、内向型は外向型に比べて情報処理に時間がかかる

D、内向型は外から受ける刺激に敏感


という内向型の特徴のいずれかの要素が入っています。


つまり、28項目の内向型診断テストのうち”当てはまる”と
答えた項目に該当するアルファベットの数が多いものが、あなたに特に色濃く出ている内向型の特徴です。


・Aが多い
 =「物思いにふけるのが好き」が突出した特徴

・Bが多い
 =「ひとりの時間で元気を充電する」が突出した特徴

・Cが多い
 =「情報処理に時間がかかる」が突出した特徴

・Dが多い
 =「外から受ける刺激に敏感」が突出した特徴
※同数のアルファベットがある場合は、その両方の特徴が突出しているということになります。