・人見知りでなかなか女性に声をかけることができない…。

・自分に自身がない…。

そんなあなたでも彼女を作れる!

奇跡のノウハウを徹底伝授!!

無料プレゼントの中身って?
プロフ画像の選び方
マッチングアプリではプロフ画像も立派なアピールの場!
あなたにはモテモテになるための画像の選び方を教えます!!
モテるプロフ編集
ただ適当に書いて埋めるだけじゃ意味がない⁉
プロフの充実度だけで出会える確立が○倍に⁉
そのメソッドお教えします!
サクラ・業者の見分け方
マッチングアプリに潜むサクラ・業者の見分け方!これさえ知っていれば騙されることはありません!
掲示板の書き方
女性が思わず返信してしまう。人間の心理を利用した掲示板でライバルに差をつけろ!!
掲示板の書き方
女性が思わず返信してしまう。人間の心理を利用した掲示板でライバルに差をつけろ!!
僕の過去の失恋
そして
マッチングアプリとの出会い
こんにちは!
僕は現在とある大学で学生をしていますmotoです。

大学ではサークルに入り、バイトをしてたまの休みに彼女とデートをしてと
充実した大学生活を送っています。

いまでこそ楽しい学生生活を送っていますが
僕は高校生の頃まで彼女を作ることもできませんでした。

それだけでなく極度の人見知りだったため女子と目を合わせることさえできず、
友達も少ない学生でした。

そんな僕でも彼女が欲しいという気持ちだけはずっと持ち続けていました。

もちろん、好きな子もいました。
中学生のころはバドミントン部のMさん、高校ではバレー部のAさんに思いを寄せていました。

しかし、
当時の僕は人見知りで女子との話し方、
接し方なども分からなかった
のでその子のことを目で追うだけでした。

突然の告白、そして失恋

高校生活もあっという間に過ぎていき気が付けば三年生の12月。

当時の僕は推薦入試で地元の大学への進学がすでに決まっていました。

さらに当時僕が想いを寄せていたAさんも学部こそ違うものの

同じく推薦入試で僕と同じ大学に進むということが分かりました。

その時、僕はどういうわけか

「これは運命だ」と根拠のない思いが芽生えて

「Aさんに告白しよう」と決心しました

「クリスマスイブかクリスマス当日に告白しよう」

「告白は直接だ」

「人の少なくなった放課後に」

「二人きりになった時に」

などシチュエーションを考えたり

「好きです。付き合ってください」

という告白の瞬間の想像やその後のデートはどうしようかなどと妄想したりしてました。

まだ付き合ってもなければ告白すらしていないのにそんなことを考えていたのです。

しかし、そんなにうまくいかないのが現実です。

結論から言うとフラれちゃいました。

まず、クリスマスまでに告白するはずだったのにクリスマスが近づくにつれ怖くなってしまい
告白できぬままクリスマスが終わってしまいました。

結局先延ばししてしまい
告白したのは年が明けて高校生活も終えた2月の自由登校期間(いわゆる学校に行かなくてもいい期間)でした。

告白のシチュエーションも放課後、
二人きりになったらと考えていた
のですが
それもできませんでした。


もうあと1週間もしないうちに卒業式を迎えるという時、このままじゃいけないと思った僕は

Aさん
へ思い切ってlineを送りました。

「3年間ずっと好きでした。今でも好きです。これから先ずっと大切にしていくから付き合ってほしい付き合ってほしい」と。

その時の僕は、やっと思いを伝えることができたという安堵と返信が怖いという不安ですごくドキドキしていたことを覚えています。

そして2時間後Aさんから返事がきました。

その内容は

「気持ちはすごくうれしい、ありがとう。けど付き合うのは難しい。本当にごめんね。」

でした。

生まれて初めて告白した僕は、
その時失恋というものを初めて経験したのです。

先輩との再会
そしてマッチングアプリとの出会い

大学に進学した僕は大学では彼女ができるといいなという期待を胸に過ごしていました。

同学科のかわいい女の子を見かけては近くの席に座るものの話しかけることすらできず。

思い切って声をかけてみても言葉が出てこなくてぎこちない会話をしてしまったり

当時の僕は何もかもがうまくいかない状態が続いていました。

そして、これといった出会いもないまま一年が過ぎていきました。

「もう自分には一生彼女ができないんじゃないか」

「彼女を作ることはもうあきらめよう」

そんなことを何度も考えていました。

そんなある日、高校時代の先輩と偶然大学で再会しました。

その先輩は学年が一つ上で高校時代に所属していた部活動も違います。

が、ちょっとした知り合いみたいな感じでお互いのことは知っている。
といった程度の関係でした。

先輩と再会したとき、その隣にはかわいらしい女性がいて僕は

「この人は先輩の友達なんだろう」

と勝手に思い込み
先輩に対して冗談のつもりで

「いまからデートですか?」

と言いました。


すると先輩の口から出た答えが

「うん。これからお昼をたべにでもいこうかなって。」
と。

僕は驚きました。
そして

「えっ?マジで彼女ですか?」
と思わず言ってしまいました。

すると先輩が
「そうだよ?」
と言ってきたので僕はさらに驚きました。

だって、先輩は正直そんなに顔もカッコよくないし高校生の頃も彼女はいな買ったからです。

あまり表に出るような性格でもなく僕と同じタイプの人間だったのです。

だから当然、彼女がいるなんて思うはずもありません。

しかし、実際に彼女がいる。

そんな現実を目の前にして
僕は祝福の気持ちと羨ましいという気持ち
とが混ざって複雑な気持ちになりました。

そしてその夜僕は先輩にlineを送りました。

「どうやって彼女作ったんですか?自分も彼女欲しいっす」

しばらくして先輩から返信がきました。

「今の彼女とは大学で知り合った」

「でもすぐにというわけじゃなくて最初はマッチングアプリで女性とのコミュニケーションをとることから始めたよ」

その返信をみて僕は初めは意味がよくわからなくて

「マッチングアプリでとはどういうことですか?」
と返しました。

すると今度教えてやるよとの返信があり予定をあわせ後日大学で詳しく教えてもらいました。

マッチングアプリで

ついに念願の彼女が・・・

僕は先輩にマッチングアプリを使うということいついて話を聞きました。

先輩が教えてくれたマッチングアプリを利用した理由が以下のものでした。

1、人見知りを克服するため
(女性と直接会話をすることに緊張しないように慣れておく必要があるから)

2、直接出歩かなくていいため
(街中や学校にナンパしに行くよりも楽)

3、その他いろいろなことができる
(友達作りもできる、彼女も作れる、やり方次第ではセフレも♡)

などの理由からマッチングアプリを使ったほうがいいといわれ先輩にマッチングアプリについていろいろ教えてもらいました。

プロフの編集、掲示板への書き込み、メールのやり取りなどなど。

その結果

そしてついに。
ついについに!

人生初の彼女を作ることができました。

それだけじゃありません。

マッチングアプリを使ってメールのやり取りなどをしてるうちに

いつの間にか人見知りも克服し、コミュニケーションも取れるようになっていたのです。

僕の人生が大きく変わった瞬間でした。

今の彼女のHさんは物静かですが笑うとかわいい僕にとって本当に天使のような癒しの存在です。

そんなHさんと付き合うことができたのは先輩のおかげでもあり、

過去の失恋、恋愛に関していろいろ勉強もした結果

だと感じています。

そこで過去の僕と同じような

「人見知りで彼女のいない大学生のあなた」

に向けてこのプレゼントを作成しようと思いました。

少数限定での配布になりますので気になる方はお早めにお受け取りください。

すでに彼女がいるという方や、面白半分での登録はご遠慮願います。

本気で彼女が欲しい、マッチングアプリを使った出会いに興味がある。

そんなあなたは今すぐ下記のボタンからお受け取りください。

よくある質問

Q
人見知りでも本当に出会えるのですか?
A
はい。人見知りを克服しながら女性と出会えるためのツールになっています。
Q
安心して使えるマッチングアプリって何ですか?事件に巻き込まれたりしないですか?
A
無料プレゼントの中で安心して利用できるサイトについてまとめてありますのでそちらをご覧ください。
Q
無料プレゼントは本当にお金は取らないですか?
A
無料プレゼントでは一切のお金を受け取りません。ただ、より深く学びたい人向けに有料のコンテンツもあります。
Q
人見知りでも本当に出会えるのですか?
A
はい。人見知りを克服しながら女性と出会えるためのツールになっています。
Q
人見知りでも本当に出会えるのですか?
A
はい。人見知りを克服しながら女性と出会えるためのツールになっています。
SNS
twitterのフォローもお気軽に
質問等あればメールでお受けします