休肝日を作らずに高血圧、糖尿病、ガンなどの万病が解消してしまうという事実をご存知でしょうか?大人の部活では毎日お酒を楽しみながら万病改善と若返りを同時になせる方法をお伝えいたします。

はじめまして

初めまして、佐藤ケンダイと申します。

私はマーケティングの仕事の傍、ヘルスコンサルタントとしても活動しています。

でもそんな私はコンサルタントとしてはちょっと異色かもしれません。

なぜならばお酒を毎日楽しみたい人向けの健康コンサルタントだからです。

そして私は休肝日を作ることを推奨していません。

なぜならば嫌々作ったところでストレスになるし、それが原因で病気になる可能性が非常に高いからです。

それならば、休肝日などは一切作らずに健康でいられる別の方法を実践するべきではないでしょうか。

そんな健康法をこの大人の部活でお伝えしていきます。

その方法をなんとなく実践すれば今よりも身体が若々しくなっていくはずです。

さらに肝臓も若返りますので、今よりもお酒がもっと美味しく飲めるようになります。

そんな楽しい毎日を過ごしてみたいと思う人は、ぜひこの手紙を最後まで読んで頂きたいです。

そしてここからは休肝日よりも大事なことについて話していきたいと思います。

健康法を持たないでいると・・

10年以上前の私は健康には全く気を使っていませんでした。

毎日タバコをぷかぷか吸いながらお酒を飲んでいて、気休めとしてヘパリーゼを毎日飲んでいたのです。

そんな生活を繰り返していたため、肝臓の健康状態を見ることが出来るγ-gtp(ガンマ)の値は基準値が50くらいに対して600を超えていました。

その結果として、突然の悲劇が当時の私に襲いかかってきたのです。

ある日の朝、突然心臓がバクバクと鳴り出して動悸が起こり意識不明でぶっ倒れてしまったのです。

その結果、救急車で意識不明のまま運ばれて数時間後に目を覚ましたそうですがその時のことはあまり覚えていません。

そして目を覚ました後にお医者さんに言われたことは、タバコとお酒を控えてくださいということでした。

だから先生の言うことに従おうと思い、まずはタバコをやめることにしたのです。

当時吸っていたタバコはタールとニコチンが高いハイライトというタバコです。

ハイライトは「若者のすべて」というドラマでキムタクが吸っていて、カッコ良かったというミーハーな理由で吸い始めました。

そんなお気に入りのタバコだったのですが、キッパリやめてタールとニコチンが低い当時オヤジタバコと言われていたキャビンに変えました。

そして最終的にはそのタバコに禁煙パイポを付けてタールとニコチンの禁断症状を克服して何とか禁煙に成功したのです。

その結果として、タバコはもう20年以上吸っていませんしこれからも吸うつもりはありません。

一方で、お酒をやめることは出来ませんでした。

なぜならばお酒が生きがいだと感じていたからだと思います。

生きがいを守り抜くために・・

生きがいってとても大事だと思う。

実際に生きがいを失うことで、鬱になったり、人生を投げ出してしまう人も多いと聞きます。

だから私は生きがいを失いたくはありませんでした。

「お酒が好きだからどうしてもやめたくはない。」

こういった強い思い(生きがい)があったため、お酒と健康を両立出来る方法を勉強しまくったのです。

その結果、根本的なことに気が付きました。

それは休肝日を作って肝臓や身体を休めるよりも、体を今よりも若返らせることに着目すべきだと気付いたのです。

若い頃の体は多少無茶をしてもダメージを感じません。

私も二十歳の頃はいくら食べても太りませんでしたし、いくら飲んでも二日酔いにもなりませんでした。

そのためオールで飲んで、仮眠を少しとって会社へ行くということも平気でした。

そんな若々しい体があれば休肝日など必要ないのです。

そしてそんな体を作るための健康法についてここから詳しく話していきたいと思います。

若返りに特化した健康法

一言で言いますと、私たちの細胞を20歳(ハタチ)くらいにまで活性化させることを目的とする健康法です。

肝臓の例が一番わかりやすいかもしれません。

「昔はもっと飲めたのに・・・」

「次の日にお酒が残りやすくなった・・・」

こういった声は年齢を重ねれば重ねるだけ多く聞こえてきます。

どうしてこういった声が聞こえてくるかというと、肝臓が昔と比べて弱ってきているからです。

これについては加齢による現象だから客観的に見たらしょうがないと思われがちだと思います。

でも、もしも肝臓の細胞を活性化することが出来たらどうでしょう。

そうなると肝臓が若返りますので、いくら飲んでも次の日にお酒が一切残らなくなります。

更に肝臓だけではなく、心臓や肺などの臓器や筋肉、皮膚これらの細胞全てを活性化することが出来たらどうでしょう。

見た目年齢も若返り、体の痛いところもなくなり、健康診断もオールA判定となってしまうと思います。

それが成し得ることができる方法が細胞の活性化を利用した健康法です。

その健康法についてはインドで3000年以上続いている伝統医学アーユルヴェーダをベースとしてアレンジしました。

アーユルヴェーダ健康法

アーユルヴェーダは健康を部分的ではなく、全体として捉えています。

先程と同じく肝臓の例でわかりやすくご説明をしますと、

「飲む前にヘパリーゼ を飲もう。」

「例え気休めとわかっていてもウコンの力を飲んでおこう。」

こういった考え方は肝臓を部分的にしか捉えていません。

なぜならば、飲んだ次の日の肝臓の状態にしかフォーカスしていないからです。

しかしながら本来はヘパリーゼやウコンの力を飲まなくても、次の日の体調に影響を受けない強い肝臓である必要があります。

そんな問題を解決してくれる方法がアーユルヴェーダ的な考え方です。

肝臓を細胞レベルで捉えてそれらを活性化して肝臓全体を若返らせることを目的としています。

そうすることにより肝臓に関わる全てのもの、つまりあなたの身体全体が若返ることが出来るのです。

そういった考え方をビデオで説明しましたので興味がある人は見て頂けたらと思います。

大人の部活 健康法〜アーユルヴェーダ編

ビデオではアーユルヴェーダの概念や肝臓や身体全体の若返りのための鍵である幹細胞についても詳しく説明をさせて頂きました。

そしてここからはあまり聞き慣れない幹細胞について詳しく話していきたいと思います。

そもそも幹細胞とは?

幹細胞は肝臓や腎臓、心臓などの臓器、または筋肉、髪の毛、皮膚などの細胞の元となるものです。

つまり私たちの身体になくてはならないものですが、加齢によりどんどん減っていきます。

幹細胞は20歳の時で10億ありますが、50歳になると3億個に減ってしまうのです。

一方で、歳をとればとるだけお酒が弱くなることを感じている人は多いと思います。

その原因こそが幹細胞の減少に関連しているのです。

幹細胞の数が20歳の時のように多ければ、肝臓の細胞も元気なのでお酒が弱くなったと感じません。

しかしながら加齢による幹細胞の減少で普通ならばお酒が弱くなります。

また病気に対しての抵抗力も弱まってしまい、ガンなどにもかかりやすくなってしまいます。

ガン患者の数が年齢を重ねれば重ねるだけ増える理由も、幹細胞の減少に関係しているのです。

それゆえに幹細胞を増やすことが肝臓強化や万病の予防、身体の若返りについての鍵となります。

幹細胞を増やすためには?

幹細胞を増やすために一番有名なものが幹細胞移植手術だと思います。

自分の肝臓などの臓器を取り出して、それを体外で幹細胞を培養して再び身体に戻すという手術です。

実際に元巨人の長嶋監督がこういった手術を受けているという話を聞いたことがあります。

しかしながら非常に高額となるので、一般的な幹細胞を増やす方法とは言えません。

それにも関わらず多くの有名人が人知れずこういった手術を受けていることを考えると、幹細胞を増やすことがいかに大事なことかがわかると思います。

だから私たちも幹細胞を増やすことに着目をするべきです。

そしてもしも幹細胞を手術なしで増やすことが出来たらどうなるでしょうか。

  • 休肝日を作らずにお酒を毎日楽しく飲むことができる
  • 肝臓や他の臓器が活発に機能して疲れ知らずになる
  • 見た目年齢が今よりも10歳以上若々しくなる
  • 身体の痛いところがなくなってしまう
  • ガンをはじめとした万病に怯えない生活を送ることができる
  • コロナに感染しないための抗体を持つことができる
  • 肝臓や他の臓器が活発に機能して疲れ知らずになる
そして前置きが長くなってしまいましたが、大人の部活では幹細胞を活性化させる方法アーユルヴェーダに基づいた健康法を余すことなくお伝えしていきたいと思います。

大人の部活とは?

さてここからは大人の部活についてのご紹介をさせて頂きます。

大人の部活は一言でいうと、お酒と健康を両立させて毎日生き生きと楽しむための駆け込み寺のようなところです。

最近では健康を気にせずに飲み過ぎてしまい、ドクターストップがかかってしまった人が大人の部活に入りました。

そんな人でも肝臓の数値が1ヶ月で平常値に戻り、今となってはまた晩酌ライフを楽しんでいます。

一方で、糖尿病で倒れてしまいインシュリン治療を続けていた人も2ヶ月で薬と注射が必要なくなりました。

この方はお酒飲みではなかったのですが、大人の部活はどんな万病にも効果的な指導を行っていることがわかって頂けるのではないでしょうか。

ここではアーユルヴェーダだったり、幹細胞の活性化、成長ホルモン分泌やミネラル摂取の重要性に基づいた健康法を推奨しています。

そんな健康法を学び実践することが出来るコミュニティが大人の部活なので、興味がある人はぜひ参加してみてください。

大人の部活への参加方法

参加方法はLINE登録をしてもらうだけです。

大人の部活に入るとお酒も美味しく飲めるし、健康になれるし、若々しくなれますし、仲間も見つかるので青春時代よりも楽しい部活になるかもしれません。

だからこの大人の部活を通して健康を手に入れることはもちろんですが、多くの繋がりや意気投合をする仲間や人生のパートナーが出来たらそれは嬉しい限りです。

そのためのリアル飲み会やZOOM飲み会も企画して行くつもりですので、興味がある人は気軽に登録をしてみてください。

そして健康であることを噛み締めながら2021年を過ごして頂けたら嬉しく思います。

大人の部活のメリット

  • 休肝日を作らずにお酒を毎日楽しく飲むことができる
  • 肝臓や他の臓器が活発に機能して疲れ知らずになる
  • 見た目年齢が今よりも10歳以上若々しくなる
  • 身体の痛いところがピタリとなくなってしまう
  • ガンをはじめとした万病に怯えない生活を送ることができる
  • 高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病を克服できる
  • コロナに感染しないための抗体を持つことができる
  • 意気投合できる仲間を作ることができる
  • 肝臓や他の臓器が活発に機能して疲れ知らずになる
ここまで最後まで読んで頂きありがとうございました。

大人の部活へのご参加を心よりお待ちしています。