これからの太陽光発電投資のやり方

太陽光発電投資に興味があっても、もう稼げないのではないか、難しいのではないかという不安が出てしまうものです。初めて投資にチャレンジする方向けに、今後の太陽光発電投資はどうなのか、どのように始めればいいのか紹介します。

太陽光発電投資とは?

・売電して利益を得る仕組み

太陽光発電投資は、太陽エネルギーを利用して発電し、売電した費用で利益を得ます。設備投資してしまえば大きな出費はないため、ローリスクハイリターンの投資だといわれています。

 

・国が定めた制度を利用できる

ローリスクハイリターンだといわれる理由は、国が定めた制度を利用し売電できるためです。国が発電した電気を買い取る保証をしており、電気を作れば利益が出る可能性が高いといえます。株や不動産投資と異なり、国を挙げて事業を後押ししてくれます。

 

・知識がない方でも取り組みやすい

利益を得る仕組みがシンプルで、難しい知識を必要としていません。初期投資と毎月発生する売電の利益を割り出せば、後はシンプルに計算するだけです。投資初心者でも理解しやすく、手軽に投資しやすい特徴があります。

今後はどうなっていくのか?

・国の買取保証が下がっている

太陽光発電投資で発生した電気は、FITという国が定めた制度で買取保証しています。しかしFITは近年下がり続けており、今後はどうなるのか不安を抱える声があるのは事実です。

 

・FIT終了後の売電について

住宅用太陽光発電所の余剰電力買取制度は、2019年に終了しました。このことから、太陽光発電投資は儲からないとまでいわれています。しかしFIT制度が終わっても、売電できないわけではありません。電力会社に引き続き売電することは可能です。

 

・初期コストが下がっている

今後も太陽光発電投資にメリットがあるといえるのは、初期コストが下がっているためです。今までと比べて設備費用が下がれば、売電価格が下がったとしても、利益は見込めるでしょう。事前にシミュレーションをしながら、利益が出るのか確認することをおすすめします。

太陽光発電投資が選ばれる理由

・利回りが高い

投資の中でも利回りが高いといわれるのは、不動産投資です。5~10%程度の利回りも見込めるため、人気が高くなっています。しかし実際には表面利回りで考えられており、実質利回りはそれほど高くない現状があります。一方で太陽光発電投資は10%程度の利回りです。

 

・投資費用は10年で回収が可能

太陽光発電投資は、初期費用がそれほど高くありません。毎月かかるメンテナンス費用も高額ではないため、投資費用は10年で回収が可能だといわれています。実質利回りで考えたとしても、10年ちょっとで回収できる計算です。

 

・サラリーマンの節税になる

太陽光発電投資にかかった費用は、サラリーマンで得ている所得と合算できます。結果的に節税となり、税金が下がる可能性があります。初期費用は減価償却が可能で、税金を多く支払っている人は、有利に働きます。

太陽光発電投資がおすすめの人

・土地を所有している

地方などに土地が余っている方は、土地を利用して太陽光発電投資を安く始められます。土地なしで投資を始めた場合の利回りは10%程度ですが、土地ありならもっと利回りを高くできます。物件によっては、15%以上の利回りも可能です。

 

・不動産投資をしている

すでに収益物件を持っている方は、銀行からの評価が高まります。アパートやマンションで不動産投資をしているなら、銀行からの融資も受けやすいでしょう。自宅以外の不動産は担保としての価値もあります。

 

・コツコツ利益を上げたい方

太陽光発電投資は投資の中では利回りは高いですが、一気に大金が入るわけではありません。少しずつお金が入ってくる投資のため、老後の資金にしたい方や、小さくても事業を始めたい方に向いています。

こんな人は向いていない

・短期投資が好きな方

株やFXなど短期投資が好きな方は、太陽光発電投資は向いていません。太陽光発電投資は、少なくとも初期投資の回収は10年かかるためです。長い目で投資を考えられる方に向いています。

 

・大金をかけて投資をしたくない方

太陽光発電投資の初期費用は、数千万円規模です。小さく投資をしてもリターンが小さいため、大規模な投資にチャレンジしなければなりません。投資に大金をかけるのに抵抗がある方は、太陽光発電投資は向いていないでしょう。

 

・今すぐお金が欲しい方

太陽光発電投資で利益が出やすいのは、最後の5年間ぐらいです。もちろん最初から利益を出すことは可能ですが、ローンの返済が長引けばそれだけ利息もかかります。太陽光発電投資は老後の資金に向いており、今すぐ大金が欲しい方には向いていません。

もっと太陽光発電投資を知りたい方は、下記リンクが役立ちます。

まとめ

これから太陽光発電投資にチャレンジしたい方は、リスクを減らすため情報収集しましょう。
投資を支援する企業もあるので、気になる方は一度相談してみるとよいでしょう。
プロの力も借りながら、利益が得られるのかシミュレーションしてみてください。