立命館宇治高等学校 IMコース
Wakkaプロジェクトチーム
コンタクト:onecircleoftheworld@gmail.com


Wakkaプロジェクト

”世界の10代が繋がる”
”教育で世界を変える”
”世界単位で繋がり、チャリティーをしよう”
立命館宇治高校生5人から始まったプロジェクト
立命館宇治のIMコース三年生の5人が、
1年間の留学とGLS(企業家精神を学ぶ授業)を通して始めたプロジェクト。
お世話になった留学先の学校や交流のあった海外の学校を中心に、
チャリティーイベントの開催を声かけています。
自らも地元のフェスティバルなどに出店させていただき、
支援金を集めています
”教育が社会を作る、変える”
民際センター主催のダルニー募金との連携
世界から集まった支援金は、私たちが代表して、
民際センター主催のダルニー募金に寄付させていただきます。
東南アジアの教育実態を解決すべく、支援金は教育支援金となります
”教育が社会を作る、変える”
民際センター主催のダルニー募金との連携
世界から集まった支援金は、私たちが代表して、
民際センター主催のダルニー募金に寄付させていただきます。
東南アジアの教育実態を解決すべく、支援金は教育支援金となります

東南アジアの教育実態

学校に通う子供たち

家庭内の事情や貧困などにより、
まだまだ学校に行けていない子供達はたくさんいます。
教育により、子供達が社会貢献や未来への夢を
広げる可能性があると私たちは信じています

先生たちの給料問題

ラオスに派遣された同コースの生徒によると、
すべての先生が正式に雇用されていなく、
何人かはボランティアで働いている現状があります。
子供たちや勉強道具などの支援によって、
先生たちへの補助がでることになります

⚠︎2016年度の活動報告のビデオは開設中です⚠︎



Wakkaのロゴと名前

”世界単位で繋がろう”というコンセプトのもと、カラフルな部分は様々な国を表し、国境を超えた大きな「輪っか」を作ろうという願いが込められています。

-展望とこれから-

継続的に支援を続けるため、さらに多くの国でのチャリティーイベントの展開を行います
2016年度では、カナダ、オーストラリア、ニュージランドでの開催をしましたが、
アメリカや中国、香港とのすでにあるコネクションも活かします
さらに異なるチャリティーイベントを開催し、
10代の”Wakka”をさらに広げます

まずはご連絡ください!

10代でつながり、何かしてみたいと思う学校や学生方!
チャリティーイベントや教育支援をしたいと思う方!
若い力で世界単位での活動をしてみたいと思う方!
私たちと共にWakkaプロジェクトの実行をしてみませんか?
まずはご連絡ください!

STEP

1

Wakkaプロジェエクトに参加する

Wakkaプロジェクト専用のメールアドレスに参加の旨を伝え、
受け取ったフォームの記入や内容を理解し、フォームを添付したメールを送信してください

STEP


チャリティーイベントを行う

チャリティーイベントを行って支援金を募ってください。
たくさんの人と繋がる機会として、
写真撮影や交流を図ってください。

STEP

支援金の送金

フォームに従って指定された口座に支援金を入金してください。
入金された支援金は、後日どの様な形で支援されたかの報告をさせていただきます。

STEP

他の参加者との共有

参加時に撮っていただいた写真や動画を
専用のFacebookページを通して投稿させていただく場合がございます

STEP

1

Wakkaプロジェエクトに参加する

Wakkaプロジェクト専用のメールアドレスに参加の旨を伝え、
受け取ったフォームの記入や内容を理解し、フォームを添付したメールを送信してください

よくあるご質問

Wakkaプロジェクトは、なぜ東南アジアを選んだのですか?
東南アジアという、比較的日本から近い場所のため、私たち立命館宇治高校の学生が訪問しやすい位置にあるためにここを選びました。さらに、私たちの学校から東南アジアを支援する活動があるために、支援がしやすいためです。かつてから民際センターとの交流があったことも決め手になりました。
Wakkaプロジェクトは、なぜダルニー募金を選んだのですか?
ダルニー募金を主催する民際センターと私たちIMコースの生徒は交流がありました。この繋がりを有効に使うべく民際センターの方とのミーティングを通し、支援が決定しました。さらに、支援者も被支援者もお互いの顔を見ることができるダルニー募金は信頼性が高く、他国から支援する方も安心してチャリティーイベントを開催できるます。
Wakkaプロジェクトは、なぜベイクセールを選んだのですか?
ベイクセールは海外の学校やマーケットで主流のチャリティーイベントです。手作りのお菓子を売るため、単価も安く、買い手も大きな負担なく支援につなげることが可能なため、このチャリティーイベントの実行の推奨をしています。もちろん、ベイクセールだけでなく、募金活動やガレージセールを行った事例もあり、さまざまな形でこのプロジェクトに参加して頂くことも可能です。
Wakkaプロジェクトは、なぜベイクセールを選んだのですか?
ベイクセールは海外の学校やマーケットで主流のチャリティーイベントです。手作りのお菓子を売るため、単価も安く、買い手も大きな負担なく支援につなげることが可能なため、このチャリティーイベントの実行の推奨をしています。もちろん、ベイクセールだけでなく、募金活動やガレージセールを行った事例もあり、さまざまな形でこのプロジェクトに参加して頂くことも可能です。