いざご利益の旅へ

遠方からも足を運び、熱心に祈りを捧げます。 現在も神社や仏像に救いを求める人々が 霧深く神秘的な風情がある人吉盆地には、 社寺建造物・仏教美術彫刻の約六0%が人吉球磨に集中。 その結果、熊本県にある国指定文化財のうち、 破壊されたりすることなく大切に遺されてきました。

ご利益のある寺社仏

細神社[前町] ・一冊地阿紫神社[球身村』必勝祈 

・合戦降観音堂【山江村]勝負事に勝っ 楽立姫神社[藤村】子宝に恵まれる、下半身や婦人病によい 

谷水薬師 [あさぎり町] 將気平癒、結び 


新宮寺六観音[町] 子授け、安産 

まずは青井さんにご挨拶

青井さんの愛称で親しまれる青井阿蘇神社

門の軒先の四隅にはめ込まれた際観一対の鬼の面は ふく南九州の建造物にその影響を見ることができます。 また、剣と梵鐘を巻き込んだ「あ・うん」の雲龍などは、 桃山期の華やかさを機敏に取り入れているのが特徴です。 色とりどりの彫刻やかざり金具など、 伝統的な建築様式を守り継ぐ一方で、 急勾配の茅葺き屋根といった中世球磨地方の 一六一三年に造営されたもの。 日本最南端の国宝建造物でもある現在の社殿群は、 青井阿蘇神社 (武座八〇六年)へ。

青井阿蘇神社公式サイト

神様、仏様、人間がくらします

神様がいる

青井阿蘇神社には神様が宿ります

仏様もいる

神様と同じく、仏様も宿っています

人間もいる

神様・仏様と人間が共存しています

清まる

国宝青井阿蘇神社

遠方からも足を運び、熱心に祈りを捧げます。 現在も神社や仏像に救いを求める人々が 霧深く神秘的な風情がある人吉盆地には、 社寺建造物・仏教美術彫刻の約六0%が人吉球磨に集中。 その結果、熊本県にある国指定文化財のうち、 破壊されたりすることなく大切に遺されてきました。 貴重な仏像や建築物が戦乱に巻き込まれたり、 単一領主による統治が続いた人吉球磨では、 鎌倉時代に相良氏が入部してから700年もの続いています。

一生に一つだけ

見出し

一生に一つだけ、 持ち寄った里芋が供えられています。 

源兵衛さんのために、 全国から訪れた人々が願いをこめて 必ず願いを叶えてくれるといわれています。 

くまりばへの御来館をお待ちしております