なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

東京で小陰唇縮小治療を
得意とするクリニック

小陰唇縮小治療を受けることでどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。今回は、東京で小陰唇縮小治療を得意とするクリニックと合わせて紹介していきます。小陰唇に関する悩みを持っている人は参考にしてみてください。

小陰唇縮小治療のメリット

こちらでは、小陰唇縮小治療を受けるメリットについて見ていきましょう。小陰唇に悩みを持っている人は、どんなメリットがあるかを知って治療を検討してみてはいかがでしょうか。

 ・自然な形になる

小陰唇の大きさや形は個人で異なるため、少し他の人と違うというだけでコンプレックスを持っている人も多いです。小陰唇縮小治療を受けることで自然な形となり、大きさなどにコンプレックスを持っている人は悩み解消となるのです。

 ・擦れの痛みから解放

小陰唇が大きいと下着に擦れてしまって痛みが生じている人もいます。他にも自転車に乗っているだけで傷みが出る場合もあります。しかし、小陰唇縮小治療を受けて大きさを整えれば擦れによる痛みから解放されます。

 ・黒ずみを取れる

小陰唇の黒ずみは多くの女性に見られるものです。しかし、漫画やテレビの影響を受けてピンク色が当たり前という考えを持っている人も多いでしょう。まったくいないわけではありませんが、ピンク色の方が珍しいのです。小陰唇縮小治療をすることで小陰唇の黒ずみを取ることができて、デリケートゾーンにも自信が持てるようになります。

小陰唇縮小治療のデメリット

こちらでは、小陰唇縮小治療のデメリットについて見ていきましょう。治療を検討している人はメリットだけではなくデメリットにも注目してみてください。

 ・技術力の差

小陰唇縮小治療はさまざまな美容クリニックで行われています。しかし、医師の技術力の差によって仕上がりに不満を持つ人も少なくありません。小陰唇縮小治療を受ける際は、クリニックや医師の評判を調べてからにしましょう。

 ・数日のタイオーバー

小陰唇縮小治療は3日前後のタイオーバーが必要なので不便を感じることもあるようです。術後の出血や痛みなどを訴える人もいるので注意しましょう。

 ・落ち着くまでに日数が必要

抜糸から1ヶ月から2ヶ月で赤みと固さが出てきますが落ち着くまでに3ヶ月から6ヶ月ほどかかります。落ち着くまでに日数がかかることもデメリットに数えられているようです。

小陰唇縮小治療後の注意点

小陰唇縮小治療が終了してもそこで終わりではありません。こちらでは、治療後の注意点について見ていきましょう。

 ・シャワーや入浴

シャワーは当日から可能ですが、入浴は1週間ほど待っておきましょう。基本的にシャワーで局部を清潔に保つようにしてください。本格的な入浴は傷が落ち着くまで控えるようにしましょう。

 ・自転車

局部を圧迫するような自転車やバイクなどは1ヶ月前後は控えた方が良さそうです。傷口のこともあり、過剰な負担をかけてしまうことになりかねません。

 ・痛み

治療直後は麻酔などが効いている場合が多いですが、麻酔が切れた頃から痛みに悩まされる人も少なくありません。痛みに関しては個人差がありますが、大体2日間程度のようです。痛みが酷い場合などは痛み止めを処方してもらえるので、医師に相談をしましょう。

 

理想としては治療の翌日まで休みを取って安静にしておくことをおすすめします。難しい場合はなるべく無理をしないようにしましょう。

東京で小陰唇縮小治療に対応しているクリニック

こちらでは、東京で小陰唇縮小治療を検討している人におすすめのクリニックを見ていきましょう。クリニック選びで難航している人は候補のひとつにしてみてください。

 ・みどり美容クリニック・広尾

日本初の女性器形成専門クリニックとして開院しました。米国のレーザー治療の日本人女性初の認定医なので安心して治療を受けることができます。治療歴は12年、症例数は3,000件以上と豊富な実績と経歴を持っている医師が対応してくれます。

 ・なおえビューティークリニック

医師だけではなくスタッフすべてが女性で対応してくれるクリニックです。そのため、男性医師には相談しづらい人も安心して通うことができます。施術経験としては5,000件を超える医師が対応してくれるので患者に合わせた最適な治療法を提案してくれます。

 ・銀座みゆき通り美容外科

担当してくれる医師は男性ですが、希望すれば女性医師に変更することも可能です。診察室やカウンセリング、待合室などで他の患者と顔を合わさないようにプライバシーに配慮した対応をしてくれます。完全予約制も患者のプライバシーを守るためのものでしょう。

東京で小陰唇縮小治療をしたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京には小陰唇縮小治療に対応しているクリニックが多くあります。
そのため、医師の実績や経験などをしっかり比較してからクリニック選びをしてください。