なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

中絶手術のリスクとは?
東京で相談可能なクリニック

妊娠をしてもやむをえない事情で中絶手術を行う女性もいます。今回は中絶手術のリスクや東京で相談可能なクリニックについて紹介していきましょう。中絶手術の基礎知識なども紹介するので参考にしてみてください。

中絶手術の基礎知識

こちらでは、中絶手術を受ける前に覚えておきたいことを見ていきましょう。中絶手術はいつでもできるのではなく、決められた期間内で行わないといけないので注意してください。

 ・中絶手術可能な期間とは?

中絶手術は妊娠5週目から21週目の間で受けることができます。母体保護法によって21週6日目までと法律で定められているのです。基本的に妊娠の週数が大きくなるほど母体への負担も増していきます。そのため、中絶を決めている人はなるべく早い段階で手術を受ける必要があります。

 ・中絶手術にかかる費用

妊娠初期と妊娠中期で費用が変わってきます。妊娠初期の場合は7万円から15万円、中期の場合は20万円から30万円ほどと言われているのです。ただ、クリニックなどによって若干の費用差があるので前後することも考えておきましょう。

 ・中期中絶について

妊娠12週以降の中期中絶になると、本人確認書類や同意書などが必要となります。未成年の場合は親の同意も必要となるので注意しましょう。そして、12週以降に中絶をした場合は「死産届」を提出する必要があり、胎児の埋葬許可証の交付も受けなければいけません。

中絶手術のリスクについて

こちらでは、中絶手術を行うことでどんなリスクがあるのかを見ていきましょう。中絶手術を検討している人はしっかり覚えておいてください。

 ・痛み

人によって異なりますが1週間前後は生理通のような痛みが生じる傾向があります。これは子宮が元の大きさに戻ろうとしているからです。痛みが強い場合などは痛み止めなどを処方してもらうこともできます。

 ・出血

10日前後は生理時のような出血が続くようです。人によって出血量が異なるので生理時のような出血もあれば、おりものに混ざる程度の出血だけの人もいます。

 ・PTSD

中絶手術を受けることで、心的外傷ストレス(PTSD)を発症する人もいます。女性にとって中絶は耐えがたいものです。そのため、不安が強い人などはメンタルケアも行っているクリニック選びをしましょう。

クリニックの選び方

中絶手術をする場合、クリニック選びも慎重に行う必要があります。こちらではどのような選び方をすればいいのかを見ていきましょう。

 ・女医が担当してくれるか?

人によって異なりますが、男性医師に対応されることを嫌がる人もいます。そんな人は女医が担当してくれるクリニックを探しましょう。近年は女医が担当してくれるクリニックも増えているので比較的探しやすい地域も増えています。

 ・メンタルケアがあるか

先述したように中絶手術をした後に、PTSDを発症する人もいます。自分は大丈夫と思っていてもPTSDを発症した人は多いです。そのため、なるべくメンタルケアを行ってくれるクリニックを選びましょう。

 ・週数に対応しているか

クリニックによっては初期中絶のみ対応しているクリニックもあります。中期中絶に当てはまる人は、自分の週数に対応してくれるかどうかを注目しましょう。

東京で中絶手術の相談ができるクリニック

こちらでは、東京で中絶手術の相談ができるクリニックについて紹介していきましょう。現在、中絶手術が可能なクリニック探しをしている人は候補のひとつにしてみてください。

 ・せいこレディースクリニック銀座

院長含めてスタッフすべてが女性のレディースクリニックです。特別な事情がない限り、男性は立ち入り禁止なので異性を見ることも珍しいクリニックと言えます。完全予約制となっていますが当日予約も可能なので、空いている時間があれば当日に診てもらうことも出来ます。

 ・新宿レディースクリニック

手術担当は男性院長ですが、希望すれば女性医師が対応することもできます。細かな配慮がされていて、プライバシーもしっかり守られているクリニックです。すべての人ではありませんが、日帰り手術にも対応しているクリニックです。

 ・イノウユキコ婦人クリニック

院長やスタッフすべてが女性のクリニックです。プライバシーの配慮を最大限にしているので、安心して通うことができます。患者の負担を減らすための工夫をしているので、安心だけではなく信頼できるクリニックとして高い評判を持っています。

東京で中絶手術が可能なクリニックについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京には中絶手術に対応しているクリニックが多くあります。
その中でも、女性スタッフのみなど
自分の希望する条件に合っているかどうかをチェックしましょう。
男性医師が対応の場合でも希望すれば女医担当に変えてもらえるクリニックもあるので
しっかり比較して決めてください。