痛みが少ない施術を希望する方におすすめのピコレーザーとは?

レーザーの施術といえば痛みが気になる方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめなのがピコレーザーです。ピコレーザーはどのような目的で使えて、どのようなメリットがあるレーザーなのか紹介します。

ピコレーザーとは?

・シミやくすみ除去におすすめ

ピコレーザーの「ピコトーニング」は低出力のレーザーを均一に照射する方法です。メラニン色素を減らす施術なので、シミやくすみを消して美白を目指す方に人気があります。ピコレーザーという名前が付いているのは、「ピコ秒」という短いパルス幅を使っているためです。弱い出力でメラニンに働きかける方法のため、肌に優しいのにメラニンを減らす作用を進化させています。

 

・タトゥーの除去にも使える

ピコレーザーの「ピコフラクショナル」を使うと、強い照射で肌に働きかけることができます。タトゥーの除去にも使える施術で、肌の深部まで治療したいときに人気です。ピコフラクショナルを使うと、ほかにもニキビ跡や毛穴の開き、リフトアップなど肌質改善のためにも役立ちます。

ピコレーザーがおすすめの人のタイプ

・シミやソバカスが気になる方

ピコレーザーは肌の負担が少ない方法で、シミやソバカスなどのメラニンに働きかけます。真皮層まで及んでいる肝斑への対応も可能で、深い部分のシミにもおすすめです。傷ができて色素沈着した部分にも使うことができます。

 

・あざ

生まれつきできている蒙古斑などのあざに対しても、ピコレーザーは対応できます。後天的にあざができた場合も、ピコレーザーなら諦める必要はないでしょう。数回程度の施術でも、あざ除去の効果が期待できます。

 

・毛穴の開き

間違った肌のお手入れで毛穴が開いてしまった場合にも、ピコレーザーが対応できます。ピコレーザーを肌に当てると新陳代謝を促し、肌の生まれ変わりを促進させて毛穴を目立たなくすることが可能です。コラーゲンの生成の効果も期待できるため、若々しい肌を目指す方におすすめします。

ピコレーザーのメリット

・ダウンタイムが短い

今までシミやくすみの除去に対応するレーザーといえば、Qスイッチレーザーが主流でした。この方法は熱を発生させてシミを除去するやり方のため、熱で肌に炎症がおこりやすいデメリットがあります。ところがピコレーザーを用いれば、短時間で熱が発生しない出力となり、肌への負担が軽くなるのです。そのため、ピコレーザーは施術後の炎症色素沈着をおこすリスクが少なくなります。ピコレーザーのダウンタイムは約24時間で、日常生活に影響はほとんどありません。

 

・早く綺麗になれる

ピコレーザーは早く綺麗になりたい方向けの施術だといえます。シミの除去だけでなく、複数の施術を組み合わせて肌を綺麗にする方法も対応が可能です。フラクショナル照射が可能なハンドピースに付け替えれば、コラーゲンやエラスチンの生成を促して、美肌を目指すことができます。タトゥー除去も今までの施術方法と比べて、半分くらいの回数になるのが特徴です。

 

・コスパがいい

ピコレーザーの1回あたりの施術は、ピコトーニングとピコフラクショナルで費用が異なっています。トーニングのほうは費用が少なめで、フラクショナルは部位別に費用が分かれていることがあるので、確認してください。一般的にピコレーザーの1回あたりの費用は、ほかの施術方法と比べると高めに設定されています。しかし、施術回数が少なくてよいので、トータルのコスパは悪くはないでしょう。

ピコレーザーの副作用について

・タトゥーの除去は注意が必要

ピコレーザー自体は体への負担は少なくなっていますが、レーザーである以上多少の副作用は避けることができません。照射した部位が赤くなる場合や、かさぶたができる可能性があります。それらの副作用は時間の経過でなくなっていくため心配はないでしょう。しかし、タトゥー除去のように高出力の照射が必要な場合は、施術後に水ぶくれができます。すぐに冷やさないと跡が残ることがあるので注意が必要です。

 

・水ぶくれはどのレーザーもなる

タトゥー除去後の副作用は、ピコレーザーだけに限ったことではありません。どのレーザーで除去するときにもできるものです。水ぶくれができたら破れないよう、ガーゼなどで被うようにしましょう。ピコレーザーはほかのレーザーと比べて施術回数が少なくてよいので、アフターケアの手間が少なくなります。深い部分にもレーザーが届く方法で、何度も施術して火傷してしまう心配がないのです。

ピコレーザーの痛みについて

・麻酔なしでも痛みを感じにくい

ピコレーザーの特徴として、麻酔なしでも痛みが少ないことです。タトゥー除去となると痛みが気になる方も少なくないでしょう。ピコレーザーならほかのレーザーと比べて痛みが少なくなっています。どうしても我慢できない場合では、麻酔クリームで痛みの軽減が可能です。

ピコレーザーが受けられるクリニックはこちらから確認できます。

まとめ

ピコレーザーは導入しているクリニックはまだ少なめです。そのため、クリニック選びが重要となるでしょう。施術費用や通いやすさなどを比較しながら、自分にピッタリのクリニックを見つけてみてください。