過バライ金計算機【明細なしでも請求できる】
過バライ金請求シュミレーション

過バライ金計算機なら無料で過バライ金の有無がわかります

これまでに借金を貸金業者からしていた経験があるなら、当サイトでご案内している過バライ金計算機を利用して、過バライ金があるかどうか確認することをおすすめします。
法律で決められている利息の上限を超えた計算方法ではじき出された利息で借金を返したことで生じる超過分のことを過バライ金と言い、請求することで貸金業者から払いすぎた利息分を取り戻すことが可能となります。
過バライ金計算機を利用すれば、無料で過払バライ金請求が可能かどうかがわかります。

ここで注意すべき点として、過バライ金の請求には期限があることが挙げられます。
借金完済後、10年が経過すると時効となり請求権利を失ってしまうので、「もしかしたら該当するかも」と思ったら、早めに行動に移すことをおすすめします。
ご自身で過バライ金の計算方法を調べて、どれくらいの過バライ金が見込めるかを計算してみてもいいかとは思いますが、調べた過バライ金の計算方法が間違っていては元もこうもありません。
過バライ金請求には複雑な手続きや書類の作成、さらには裁判になる場合の準備や和解交渉等が必要な場合も出てきます。まずは過バライ金計算機で過バライ金の有無を調べてみましょう。

これらの手続き等を考えると過バライ金請求は、弁護士や司法書士などの専門家に任せたほうが間違いがありません。「任せるといってもどこに任せればいいの?」と疑問に感じるかと思います。
そのような方に事務所を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

まず、過バライ金請求に強く、これまでの実績が豊富は事務所を選ぶようにしましょう。他にも着手金がかかるのか、返還までの期間はある程度明確なのか、成功報酬はどれくらいなのか、無料相談はできるのかなどをポイントにして事務所を選ぶようにするといいでしょう。もし、過バライ金請求を依頼した事務所の対応に疑問や不安を感じたりしたら、早い段階であれば他の事務所に依頼し直すことも可能です。それまでかかった費用を取られてしまうことも考えられますが、結果的に過バライ金請求に強い他の事務所に任せたことで、返還される過バライ金が多く戻ってくるケースもあります。