ファクタリングを利用して資金調達するメリット

中小企業や個人事業主の資金調達の方法として、現代ではファクタリングが注目を集めています。

銀行からの融資やビジネスローンとは違った魅力があります。

私は銀行融資の審査に落ちてしまったので、ファクタリングで資金繰りをしていますよ。

このページでは、ファクタリングを利用して資金調達するメリットをまとめてみました。

銀行融資よりも審査が甘い

ファクタリングによる資金調達は、銀行融資と比べて審査が甘いのがメリットです。

銀行融資に落ちた私でもファクタリングの審査に通ったのが何よりの証拠です。

銀行融資とファクタリングを審査の基準で比較してみると次の違いがあります。

  • 銀行融資は借り入れる会社の信用度がチェックされる
  • ファクタリングは売掛先の信用度がチェックされる

信頼のおける売掛先であれば、信用情報に傷がついていてもファクタリングで資金調達できるわけです。

即日で現金化できる

銀行融資やビジネスローンは審査に時間がかかりますので、即日で借り入れるのは少々無理があります。

一方でファクタリングは即日対応しているサービスが多いため、現金化までのスピードが早いのがメリットです。

債権回収の期限より前に資金化できますので、資金繰りを改善して資金ショートを防ぐことができますよ。

「どのファクタリング会社で資金調達しようかな~」と悩んでいる経営者には日本中小企業金融サポート機構がおすすめです。

電子契約サービスのクラウドサインを導入していますので、銀行融資や他のファクタリング会社と比べて圧倒的に早く現金を振り込んでくれます

審査に必要な資料やご利用の流れは、公式サイトをご覧になってください。

返済や利息を心配しなくても良い

銀行融資やビジネスローンは利息がかかりますので、「早く返済しないと利子の負担が…」と心配になります。

私は以前にノンバンク系のビジネスローンを利用していましたが、銀行融資と比べると金利の相場が10%~15%と高いのがデメリットです。

しかし、ファクタリングは元々手数料を差し引かれた金額で売掛債権を買い取ってもらう資金調達の方法ですので、返済や利息を心配せずに済みます。

担保や保証人なしで利用できる

担保や保証人が必要ないのは、ファクタリングで資金調達をするメリットです。

金融機関からの借り入れでは担保や保証人が必要なケースがありますので、その分審査までのスピードが遅くなります。

「担保や保証人がないから融資を受けられない…」という方は、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。