おうちで
野菜を水耕栽培


こんな方に室内での水耕栽培はオススメ!

  • 庭やベランダにマメに出る時間がない
  • 虫が苦手
  • いつでも新鮮な野菜を食べたい
  • 無農薬野菜が食べたい
  • 土で手を汚したくない
  • 虫が苦手

種をまこう!

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

ハイドロボールとキッチンざるを使って
サニーレタスの種を蒔きましょう。
葉物野菜は発根しやすくハイドロボールに
直接まいても比較的容易に発芽、根張りします。

ペットボトルに苗を移植

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

発根した苗を2㍑ペットボトルに移植しましょう。
わざわざ栽培キットを買わなくてもペットボトルで栽培できます!発芽した苗に本葉が生える頃、根が充分広がるスペースを取れるよう、ペットボトルに移植します。
根っこが傷つかないようにそおっと優しく移植するのがポイントです🥰
移植後は、根っこに光が当たらないよう遮光します。
麻袋などでカバーするとおしゃれになりますね。

ハイドロボールの培地が
オススメ

  • 多孔質で酸素をよく取り込み保湿性、排水性に優れている
  • 種まきから発芽した苗を別の容器などに移植する際、根っこを傷つけずに取り出しやすい
  • 使い終わったら煮沸消毒して数回再利用が可能
  • 大·中·小など、ハイドロボールの粒はいくつかのサイズがあります。種まきの時は小サイズがオススメ。
  • 種まきから発芽した苗を別の容器などに移植する際、根っこを傷つけずに取り出しやすい
  • 種まきから発芽した苗を別の容器などに移植する際、根っこを傷つけずに取り出しやすい

ハイドロボールは再利用

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

一度使い終わったハイドロボールは煮沸消毒をして再利用出来ます。
またハイドロボールは水耕栽培以外にも、プランターや、植木鉢の鉢底石として利用したり、排水性を高めるために土壌に混ぜて利用することも出来ます。

ペットボトルとスポンジで

①ペットボトルを上から1/4の位置で切り取ります。

②台所用スポンジやメラミンスポンジをペットボトルの直径よりすこし大きめに切り、縦に切り込みを入れます。

③バジルの苗をスポンジの切り込みに挟み込み、ペットボトル上部にセットします。(飲み口の方を下に)

④ペットボトル下部に液体肥料を入れ、苗の入ったボトル上部を乗せます。(根っこ先数センチだけが浸かる程度までの水位にします)

POINT 

根っこは養分だけでなく空気も吸収しているので、根っこ全てを液体肥料に漬け込まず、必ず半分以上は空気に触れる部分を残します。
また、根っこは光に弱く、液体肥料も光に当たると藻が発生するので、ペットボトルをカバーやアルミホイルなどで遮光することが肝心です。

葉物野菜はもう買わなくていい

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

リーフレタスや小松菜、ルッコラなど、葉もの野菜は種蒔きから収穫まで比較的短期間(1ヵ月半~2ヶ月)で育つので簡単に栽培できます。
食べ頃まで育っても株を丸ごと引き抜かずに、外側の葉だけを収穫していけば、中心の成長点からどんどん新しい葉が生えてくるので、長期間収穫出来ます。
時間差で種まきをすれば、無限におうちで収穫出来るので、
もはやスーパーで買うことはないのです❗


日光不足の場所では グロウライトを使おう

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

日光が射し込む台所やリビングなど、部屋の窓際に置くのが良いのですが、光合成する時間が足りないと苗が弱って徒長(茎がひょろ長くなる)したり元気に育ちません。
日光不足の環境では、グロウライト、
(栽培用の光合成促進照明器具)を使います。

グロウライトはアマゾンや楽天など、
ネットショップでゲット出来ます。
値段は2,000円くらいから1万円以上するものまであります。