ファクタリングの利用で面談は必要?

以前までは、ファクタリングを利用する際に面談が必要でした。

業者との面談の後に契約が成立し、売掛債権を売却して資金調達する流れですね。

しかし、現在では面談不要で利用できるファクタリング会社が増えました。

業者のスタッフと直接顔を合わせなくても良いので、当然のように来店の必要性もありません。

面談不要のファクタリング会社は、下記に該当する方におすすめです。

  • 地方にお住まいで取引先や周囲にバレたくない
  • 仕事が忙しくて店舗に足を運んでいる暇がない
  • 税金を滞納しているので銀行からの融資を受けられない
  • 融資の担保にできる不動産などの資産を持っていない

私も銀行融資やビジネスローンの審査に落ちてしまったので、資金繰りの改善でファクタリングを利用しています

面談不要のファクタリングを利用する流れ

来店不要・面談不要のファクタリングを利用する流れは、想像している以上に簡単です。

店舗に足を運ばなくても、オンライン上でスムーズに手続きを進められますよ

サービスによって多少の違いはありますが、どのような流れでファクタリングで現金化できるのか見ていきましょう。

  1. 「本人確認書類」「全口座の入出金明細」「決算書一式」「債権の買取を希望する請求書」などの必要書類を用意する
  2. ファクタリング会社の公式サイトにアクセスし、メールアドレスや携帯電話番号などの個人情報を入力して申し込む
  3. マイページから買取を依頼したい請求書をアップロードして、ファクタリング会社の審査を受ける
  4. 申し込んでから24時間以内に審査の結果がメールや電話で届けられる
  5. 契約内容に納得できた場合はファクタリングの契約を結ぶ
  6. 条件に記載の振込予定日に手数料を差し引いた金額が銀行口座に入金される

「どうしてもすぐに現金が必要…」と困っている中小企業や個人事業主にとって、ファクタリングは心強い味方です。

私が利用した日本中小企業金融サポート機構は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの契約方法から選ぶことができます。

スピーディーに資金調達したい方は2社間ファクタリング、手数料を少しでも抑えたい方には3社間ファクタリングがおすすめです。

専属のスタッフからの電話連絡がありますが、資金調達する流れは基本的に上記で解説した通りです。

請求書の買取の利用限度額は特に設定されておらず、小口でも大口でも面談不要ですので相談してみてください。