プルーストクリームとデオシアどっちが良い?【比較してみた!】

ワキガに高い効果を発揮するプルーストクリームとデオシアはどっちがいいのか?プルーストクリームとデオシア、さらにラポマインを徹底的に比較してみました。

プルーストクリームとデオシアってどっちが良いの?

ワキガに高い効果を発揮すると話題のプルーストクリームとデオシアはどちらがワキの臭いに対して高い効果を発揮してくれるのでしょうか。一見とてもよく似ているプルーストクリームとデオシアの違いについて比較してみました。

プルーストクリームには、汗を抑えるクロルヒドロキシアルミニウムと細菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールが配合されています。この2つの成分が一定量以上配合されていることから、その効果が認められ医薬部外品として認可されています。

一方、デオシアにもイソプロピルメチルフェノールとクロルヒドロキシアルミニウムは配合されています。デオシアも、プルーストクリームと同じく医薬部外品です。デオシアの公式サイトを調べると、成分や効果についての記載は無く、購入するための申込フォームのみの表示なのがちょっと気になりますね。

プルーストクリームとデオシアは価格も定期購入で初回が980円と、価格の面でも似ています。ただし、2回目以降の価格を比較するとプルーストクリームが4980円、デオシアが5980円です。プルーストクリームは公式サイトで様々な情報が得られるという面でも安心です。

ワキの臭いに高い殺菌力と持続性で信頼できるアイテムを探しているという方は、プルーストクリームを試してみませんか。

プルーストクリームとラポマイン!効くのはどっち?!

ワキの臭いにはラポマインが効くという広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。プルーストクリームとラポマインでは、どちらがワキのニオイの悩みに有効なのか比較してみました。

ラポマインは、乾燥による皮脂の過剰分泌でニオイが発生するのを抑えるため、シナノキやオウバク、オトリギソウといった保湿成分を配合しています。でも、ワキはあまり乾燥しているというイメージはありませんよね。

ラポマインにもプルーストクリームと同じくイソプロピルメチルフェノールが含まれています。他には悪臭物質を無臭化させる柿渋タンニン、毛穴に浸透しての胃の原因となる汗を閉じ込めてワキをサラサラにキープするフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

ラポマインはプルーストクリームと比較すると多くの成分を配合しているという印象です。両者を比較した結果、シンプルにワキの臭いをしっかりと無くしたいのならプルーストクリーム、保湿やワキの美肌も気になるということであればラポマインが良いということが考えられます。

プルーストクリームは口コミでどんな評判なの?

プルーストクリームを使った方は、ワキの臭いの悩みが実際に解消されたのでしょうか。プルーストクリームに対しての口コミにはどのような内容があるのか調べてみました。

ワキの臭いや汗には、子供の頃から長期間悩んでいるという方も多いですよね。プルートクリームを使った女性は、制服のブラウスが黄ばんでしまうことや、脇汗が多いことに悩んでいたそうです。プルーストクリームは使った翌日方臭いも軽減されて、今は脇汗を気にせずに白い服を着ることができると口コミを寄せています。

脇の臭いが原因で人と接するのがストレスだったという方は、いろいろなデオドラント製品を試しても効果がなく手術を考えていたそうです。プルーストクリームはきちんと効果が実感でき、今では臭いを気にせずに人と会えると口コミしていました。

プルーストクリームへの悪い口コミとしては、効果が実感できない、べたつくのが気になるからスプレーの方が良いといった声がありましたが、大半が良い口コミの内容でした。これまでの制汗剤やニオイケア商品でも効果に満足できなかった方が、プルーストクリームでは効果を実感しているという方が多いようです。

汗の臭いが気になるのは一年中ストレスですし、本来なら楽しめるはずのお出かけやファッションにも消極的になってしまいますよね。プルーストクリームで臭いのストレスから解放されれば、もっと楽しめる時間が増えるのではないでしょうか。

成分で危険な副作用があるのは?

プルーストクリームはワキの強臭いを消してくれるのですから、強い成分が使われているのでは?危険な副作用はないの?と心配に思っている方もいるのではないでしょうか。プルーストクリームの成分には副作用の心配はあるのでしょうか。

まず、汗を抑制してくれるクロルヒドロキシアルミニウムの副作用について調べてみました。クロルヒドロキシアルミニウムには重大なアレルギーの報告はない成分です。皮膚に刺激を感じない場合には、安全性に問題がない成分です。

イソプロピルメチルフェノールも、刺激性の低い成分となっています。安定性の高い成分で細菌やカビにマイルドに作用します。ハンドソープや化粧品の添加物として使われる成分で、副作用を心配しなければならないような成分ではありません。

プルーストクリームを使う際には、副作用を心配しなくても大丈夫です。ただし、ワキ以外の部位に使用したり、刺激を感じるのに使い続けるといったことはオススメできません。万が一、プルーストクリームを使っていて異常を感じた場合には、皮膚科の専門医などに相談してくださいね。

このクリームはどんな使い方をしたら良いの?

プルーストクリームを使ってみたいけれど、効果が高いということは使い方が面倒なのかな?と思っていませんか。プルーストクリームは誰でも手軽な使い方でワキのニオイをケアできるアイテムです。

プルーストクリームは朝のお出かけ前に適量を脇に塗るだけでOKです。本当に簡単な使い方ですよね。特に臭いが気になるという場合には、夜のおやすみ前に使うなど1日2〜3回使っても大丈夫です。公式サイトの使い方にも、1日2〜3回の使用と記載されています。

適量ってどのくらい?と思われるかもしれませんが、プルーストクリームは1本の内容量が30gで約1ヶ月の使用が想定されていますから、1回の使用量は0.5〜1gほどでしょうか。脇の面積は体格によっても異なりますから、人によって使用量は違ってくるはずです。

プルーストクリームはポリマー成分により使い心地が良く、ベタつきが気になりません。脇の汗を抑えながら長時間効果が持続するので、日中塗りなおさなくても良いのが嬉しいですね。

プルーストクリームはパッケージもシンプルでおしゃれなので、男女問わず持ち歩いていても違和感がありません。人と会う時に臭いが気になるという方、汗ジミを気にせずファッションを楽しみたいという方はプルーストクリームで快適な毎日を過ごしてみませんか。