広報支援型イベント

FUKUSHI×ファッションショー

テーマは介護福祉のイメージアップ

フクシルは学生や地域の方が参加するイベントを

を通して介護福祉のイメージアップに取り組んでいます

フクシルの特徴

福祉ファッションショー

施設の利用者がモデルになり学生がボランティアやインターンでイベントをつくる

きものでごはん

学生が施設の利用者さんと一緒に着物を着てコミュニケーションしながら笑顔になるイベント

ジョブスポ

お堅いイメージの就職フェアではなく、スポーツをしながら介護福祉の就職相談ができるイベント

インターン説明会

介護の仕事=三大介護という学生が多いため施設ごとに福祉の仕事の魅力が伝わるインターンを開発

インターン説明会

介護の仕事=三大介護という学生が多いため施設ごとに福祉の仕事の魅力が伝わるインターンを開発

利用者一人一人の夢を叶える演出

ヒアリングシートでお一人お一人に趣味、夢、過去のエピソードを聞いていただき最高の想い出を施設の職員さんと一緒に創ります

・その方が夢に見ていた衣装

・その方に合った音楽

・人生の軌跡をスクリーンに

施設への学生インターンシップ送客のべ500人以上

関西福祉大学 大阪保健福祉専門学校 神戸医療福祉専門学校 大阪医療福祉専門学校 日本メディカル福祉専門学校 大阪国際福祉専門学校 大阪医療秘書専門学校 姫路福祉保育福祉専門学校 神戸医療福祉大学 大阪保険医療大学

介護人財確保や利用者獲得には、介護の3Kイメージを変えることが大切

介護は本当につらいことばかりなのでしょうか?
利用者さんの「笑顔」「感謝の言葉」。       
介護の魅力を「施設で」肌で感じてもらうことが物凄く大切です

ファッションショー施設への集客実績

2017年  5月 社会福祉法M様ファッションショー→参加人数:22名

2017年  7月 L株式会社様ファッションショー →参加人数:34名

2017年  9月 社会福祉法人K会様ファッションショー  →参加人数:26名

2018年 1月 社会福祉法人W会様ファッションショー →参加人数:20名

2018年 2月 社会福祉法人Y会様ファッションショー →参加人数:12名

2018年 2月 社会福祉法人H会様ファッションショー →参加人数:24名予定

参加者の感想
自分の着てみたい服を着た時、なりたい姿になった時、利用者様はどんな反応を見せてくれるのか知りたいと思いました。また、どのようにして利用者様のニーズを叶えていくのかを知りたいと思い、今回参加しました。ファッションショーを通じて、利用者様の笑顔が見れたので良かったです。今後は利用者様のニーズを見つけ、叶え、寄り添うことをしたいです。
学生
利用者さんの輝いている姿を見ることができ、良かったです。また、メイクをすることで、とても笑顔になっている利用者さんもいらっしゃったので、行って良かったと思います。介護の仕事は大変と思われないように、いろいろな人に楽しさだったりやるがいのある仕事だと伝えていきたいです。
学生
利用者さんの輝いている姿を見ることができ、良かったです。また、メイクをすることで、とても笑顔になっている利用者さんもいらっしゃったので、行って良かったと思います。介護の仕事は大変と思われないように、いろいろな人に楽しさだったりやるがいのある仕事だと伝えていきたいです。
学生
SNS