フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
次へ

お電話でのご相談も無料で行っております。

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談
    受付時間
    9:00〜20:00
  • 0120-900-530

家電買取・不用品回収の流れ

お引越前のチェックリスト

STEP

まずはスケジュール決め

引越は1ヶ月半前からスケジュールを組んでおけば安心!

STEP

まずはスケジュール決め

引越は1ヶ月半前からスケジュールを組んでおけば安心!

スケジュールの立て方

[引越しを決めてすぐ]

現住居が賃貸の場合、解約連絡をし、引越し会社の見積もりを取る

[引越し1カ月前]

引越し日を決め、引越し会社を決める

[引越し3週間前]

家具・家電のうち、新居に運ぶものを決め、不用品は処分を検討する

[引越し2週間前]

引越し前の手続きと荷造りを始める

[引越し前日]

近隣に挨拶を済ませ、現金や手荷物をまとめる

[引越し当日]

引越し作業に立ち会い、新居での荷解きを始める

[引越し後]

引越し後の手続きをする

[引越し2週間前]

引越し前の手続きと荷造りを始める

STEP

2

手続きリストの作成

手続きによっては、対応の遅れが、無駄な料金や手間を生じさせる原因に。希望日までに準備が終わらない可能性もあるので、早めに動こう!

STEP

2

手続きリストの作成

手続きによっては、対応の遅れが、無駄な料金や手間を生じさせる原因に。希望日までに準備が終わらない可能性もあるので、早めに動こう!

手続きチェックリストの作り方

  • 賃貸住宅の退去連絡

賃貸住宅の場合、賃貸契約の中で、退去申告の期限や方法が決められている。多くの場合は退去の1カ月前が申告期限で、申告期限を過ぎてから連絡した場合、1カ月分の家賃を請求される可能性もあるので注意が必要だ。

  • 子どもの転校手続き
引越しが決まったらすぐに、学校の先生に連絡を入れよう。その後、学校側が「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を準備してくれる。先に役所で転出届を出し、「転学通知書」を入手しないと、書類を発行してもらえないところもあるので、市町村ごとに確認を。書類は転入先の手続きで必要になるので、なくさないように管理しよう。

  • 固定電話の契約変更(NTT各社)
固定電話を新居で使えるようにするには、工事が必要になる。希望日に工事してもらうためにも、早めに連絡したほうがよい。局番なしの「116」に電話するか、ホームページから契約変更を申し込もう。

  • インターネットの契約手続き
現在使っているプロバイダを、新居で引き続き利用する場合でも、別のプロバイダと新規契約する場合でも、開通までに1カ月以上かかるケースもある。それぞれのプロバイダのホームページを確認し、まずは相談してみよう。

STEP

新居レイアウトを決めておこう

新居のレイアウトは引越し後でいいや・・・と甘く見ていると、引越し後の生活が落ち着かず、苦労することに。事前に決めておけば、きっと引越し作業も楽になる!

[1ポイントアドバイス] 再利用・新規購入するものをリストアップしておくと運搬がスムーズになります。

まずは、必要不可欠な家具・家電から配置しよう!洗濯機や冷蔵庫、ベッドなど、自分が必要不可欠だと思うものから配置してみよう。空いたスペースをどう使うかは、収納さえ足りていれば、引越し後でも対応できます。

STEP

4

荷造りスタート!

開かずの間や押し入れの奥のもの

まず手を付けたいのが、あまり立ち入ることのない納戸の中や押し入れの奥にしまいこまれているものだ。よく見れば処分できそうなものも多いはずなので、捨てるものを分けながら、どんどん荷造りしていこう。

季節もの家電・衣類や本・CDなど

季節ものの家電や衣類などは、引越し時期に必要ないものは早めに荷造りしてしまおう。また、本やDVD、CDなどをたくさん持っている場合は、必要最低限を手元に残し、大部分は早めに梱包してしまう手もある。

毎日使うものは一番最後に

そのほか、使用頻度の低いものから荷造りしていけば、「まだいるんだった!」と無駄な捜索をしないで済む可能性が高い。逆に毎日使うものは引越し前日と当日に詰めればよいので、焦らず、優先順位を考えながら進めよう。

 


STEP

5

処分するものを分けていこう!

すべての荷物をそっくりそのまま新居に持ち込むことは少ないだろう。「これは捨てる!」というものは、とりあえず「捨てる」コーナーに分けていこう。

引越しは不用品を捨てるチャンスと考えて

自分の持っているすべてのものをチェックする機会は、引越し以外にはまず存在しない。新居をすっきりキレイに保っていくためにも、ひとつひとつチェックして、必要ないものはどんどん処分していこう。

最後に荷造りするものも、不用品選別を先に

引越し直前まで使う衣類や、食器類などの生活品などについても、引越しが目前に迫る前に、一度、不要なものはないかチェックしておこう。事前にやっておかないと、バタついてそのまま荷造りすることになりかねない。

荷物は減らしたほうがおトクになることも

多くの場合、引越し料金は荷物の量に左右されるため、処分品を増やして、持っていく荷物を減らせば、費用を抑えることもできそうだ。少しでも安く引越しするためにも、頑張って「処分」を断行しよう。

新居での収納場所が決まっていれば、荷解きがスムーズになる。それぞれのものをどこにしまうのか、細かく考えながら荷造りしよう。

収納場所ごとに箱を準備しよう

「チェスト上段」、「キッチンシンク下」など、収納先ごとに段ボールを準備しよう。そこに収納するものの量を見ながら梱包していけば、新居についてから「入らない!」という事態になることもなさそうだ。

衣装ケースやファイルBOXはそのまま梱包

衣装ケースやファイルBOXなどの収納家具・グッズを使って整理・収納するものもあるだろう。そういう場合は、収納グッズを先に準備し、中身を整理した後で、そのまま梱包してしまえば、荷解きの手間も省ける。

 


STEP

新居レイアウトを決めておこう

新居のレイアウトは引越し後でいいや・・・と甘く見ていると、引越し後の生活が落ち着かず、苦労することに。事前に決めておけば、きっと引越し作業も楽になる!

[1ポイントアドバイス] 再利用・新規購入するものをリストアップしておくと運搬がスムーズになります。

まずは、必要不可欠な家具・家電から配置しよう!洗濯機や冷蔵庫、ベッドなど、自分が必要不可欠だと思うものから配置してみよう。空いたスペースをどう使うかは、収納さえ足りていれば、引越し後でも対応できます。

引越2週間前の手続き

  • 市区町村の役所での手続き

現住居を管轄する市区町村の役場での手続きは、各世帯の状況により、必要な内容が異なる。また、市区町村により、多少内容が異なる場合もあるので、訪問前に一度問い合わせをし、必要な手続きや書類を確認してから出かけよう。

■転出・転居届

まずは「転出届」を提出し、「転出証明書」を発行してもらおう。手続きは引越しの2週間前から可能なところが多い(印鑑が必要)。ちなみに、同じ市区町村内で転居する場合は、「転出届」ではなく、転居後に「転居届」を提出する。「転出証明書」は、いくつかの手続きで使用するので、大切に保管しよう。

■国民年金・国民健康保険の手続き

国民健康保険は、自治体を移動する時点で「資格喪失届」が必要(国民健康保険証を持参)。国民年金は住所変更が必要(国民年金手帳持参)だが、転入後の手続きのみでいい場合もあるので確認を。

■印鑑登録の廃止

印鑑登録をしている場合は、廃止の手続きが必要。印鑑登録証を持参して手続きしよう。自治体によっては、転出届を出せば、自動的に印鑑登録を廃止してくれるところもある。

■その他、福祉・医療・手当関係の手続き

市区町村役所で行う手続きには、上記以外にも、乳児医療費助成や児童手当、介護保険、後期高齢者医療費助成などの福祉医療や手当に関する手続きなどがある。該当する人は、事前に必要書類を確認の上、同じタイミングで手続きを終えられるようにしておこう。

■犬の登録変更

旧鑑札、予防注射済票、印鑑を持参して手続きする。市区町村によっては、転出時には特別な手続きが不要のところもあるほか、申請先が管轄の保健所になる場合もあるので、事前確認を。

  • 郵便物の転送届け

ホームページや窓口設置の専用のハガキで申し込めば、現住居に送られてきた郵便物を、希望日から1年間、新居に転送してくれる。申請してから登録反映まで1週間程度かかることがあるので、早めに申請を済ませておこう。

  • 電気・ガス・水道の手続き

電気・ガス・水道に関しては、現住居での停止手続きと新居での開始手続きの両方が必要になる。ホームページから申請できるので、遅くとも引越し1週間前までに。また、オートロックの建物など、ガスの閉栓・開栓時に立ち会いが必要な場合もある。

  • NHK・衛星放送・ケーブルテレビの契約変更

NHKやスカパーなどの衛星放送の契約変更は、ホームページから手続きが可能だ。ケーブルテレビの場合は、現住居での設備撤去や、新居への設備工事の作業が発生する可能性があるので早めに連絡を。

  • 各種配達サービスの手続き

新聞や牛乳など、定期的な配達サービスを利用している場合も、契約変更の手続きが必要になる。引越しの前後で同じ会社の新聞を購読する場合などは、早めに申請しておけば、1日も空くことなく切り替えできる。

STEP

6

いよいよ搬出準備

当日まで使うもの以外は梱包し、数を確認

前日の夜と、当日に使用する身の回りものを除いて、ほかはすべて梱包を終わらせよう。当日まで引きずって引越し作業開始が遅れると、追加料金請求などトラブルにもなりかねない。また、荷造りが終わった段ボールの数も数えておこう。

冷蔵庫や洗濯機は水抜きを

冷蔵庫は中身をすべて出し、コンセントを抜いて、水抜きを。また、洗濯機も、水栓を閉めてから、手動で脱水し、水抜きしておこう。また、機器内に灯油が残っている場合は抜いておく、使わない照明器具は外して掃除しておくなど、最後の準備を進めよう。

必要な現金を準備しておく

引越し料金を当日現金精算する場合や、光熱費の精算をする場合など、まとまった金額の現金が必要になる場合がある。当日慌てて銀行やコンビニに走ることのないよう、あらかじめ確認して、前日までに準備しておこう。

貴重品や手まわり品の管理

引越し当日は家族以外の人が出入りするので、貴重品の管理には気を付けたい。小さなバッグに入れるなどして、常に身につけられるようにしておこう。また、引越しの移動の際に自分で持っていく手荷物も、ほかの荷物と一緒にならないようにまとめておこう。

.

STEP

7

引越前夜〜当日

最後に残った荷物を梱包する

まずは、当日まで使用していたものを梱包していこう。照明器具やカーテンなども、忘れずに梱包を。ただし、トイレや洗面のタオルやペーパー、掃除道具など、引き払い直前まで使用する可能性のあるもののために、「最後のひと箱」を残しておこう。

引越し会社との打ち合わせ確認と精算

引越し会社が到着したら、まずは注意点やダンドリを軽く確認。図面など資料を見ながら、食い違いがないかチェックしよう。別梱包や、気を付けて運んでほしい荷物などがある場合も、現物を見せながら依頼を。また、当日現金精算の場合は作業前に支払いをする場合も多い。

引越し会社への指示出し

打ち合わせが終わったらいよいよ本格作業スタート。あまりウロウロしすぎないようにし、聞かれたことにはスムーズに答えられるようにしておこう。新居に一番に搬入してほしいものなど、要望がある場合は忘れずに指示を。

電気やガスの閉栓や精算

ガスの閉栓に立ち会いが必要な場合は立ち会う。電気は、すべての作業が終わったら、ブレーカーを落としておこう。また、当日精算がある場合はその場で済ませる。そのほか、個別の取り外し工事などが入る場合はその立ち会いも行う。

忘れ物チェック・掃除~鍵の返却

すべての作業が終わったら、積み忘れた荷物がないかチェックして回る。また、軽く掃除もしておこう。賃貸の場合は、不動産会社立ち会いのもと、傷などをチェックして、問題なければ鍵を返却することに。いよいよこの家ともお別れだ。

.

STEP

6

いよいよ搬出準備

当日まで使うもの以外は梱包し、数を確認

前日の夜と、当日に使用する身の回りものを除いて、ほかはすべて梱包を終わらせよう。当日まで引きずって引越し作業開始が遅れると、追加料金請求などトラブルにもなりかねない。また、荷造りが終わった段ボールの数も数えておこう。

冷蔵庫や洗濯機は水抜きを

冷蔵庫は中身をすべて出し、コンセントを抜いて、水抜きを。また、洗濯機も、水栓を閉めてから、手動で脱水し、水抜きしておこう。また、機器内に灯油が残っている場合は抜いておく、使わない照明器具は外して掃除しておくなど、最後の準備を進めよう。

必要な現金を準備しておく

引越し料金を当日現金精算する場合や、光熱費の精算をする場合など、まとまった金額の現金が必要になる場合がある。当日慌てて銀行やコンビニに走ることのないよう、あらかじめ確認して、前日までに準備しておこう。

貴重品や手まわり品の管理

引越し当日は家族以外の人が出入りするので、貴重品の管理には気を付けたい。小さなバッグに入れるなどして、常に身につけられるようにしておこう。また、引越しの移動の際に自分で持っていく手荷物も、ほかの荷物と一緒にならないようにまとめておこう。

.

引越後の手続き

引越し後の手続きは、忘れていると新生活に支障が出ることも。引越し作業が終わったら、できるだけ早めに終わらせてしまいたい。

  • 運転免許の住所変更

運転免許証の住所変更は、管轄の警察署にて行う。手続きには、運転免許証と印鑑、新住所を確認できるもの(住民票など)、都道府県を越えての引越しの場合は、写真1点が必要。身分証明として使う機会も多いので、早めに住所変更しておきたい。

  • 車庫証明申請と証明書入手

免許の住所変更と合わせ、車庫証明を申請しておくと、手間が1回分省ける。ただし、申請には、車庫の配置図などの申請書類などが必要になるので、準備してから出かけよう。証明書は、申請後数日で発行される。

  • 自動車・自動二輪車の登録変更

自動車の登録変更は、引越し後15日以内に、管轄の陸運局で行う。車検証、住民票、車庫証明、印鑑を準備の上、手数料を添えて申し込む。管轄の陸運局が変わった場合は、ナンバープレートも変更になるので、車で出掛けて取り替えてもらおう。

  • 転校の最終手続き

役所の手続きで「転入学通知書」をもらったら、前住所の役所で発行された、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を、転入先の学校に提出しよう。これでやっと転校に関わる手続きは終了だ。

  • 梱包資材の返却と不用品の処分

すべての荷解きが完了し、新居に荷物をしまい終えたら、引越し会社に、段ボールなどの梱包資材を回収してもらおう。また、転居後に不用品が出てしまった場合は、処分を依頼できないか、引越し会社に聞いてみよう。ただし、料金確認は事前に。

  • 引越しのお知らせハガキを投函する

新生活が落ち着いて、友達に遊びに来てもらっても大丈夫な状態になったら、先に準備しておいた引越しのお知らせハガキを投函しよう。これでやっと、引越しに関わる手続きは完了だ。

記事引用:http://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/manual/
【SUUMO引越し】見積もり比較サイト>引越しお役立ち情報

お電話でのお申し込み

会社概要

会社名/屋号 Regalia/530引越センター
設立日 2014年5月30日
本社所在地 〒114-0023 東京都北区滝野川7丁目6-11笹原ビル 2F
電話番号 0120-900-530
事業種類 一般貨物自動車運送事業
事業内容 一般家庭の引越し
事務所移転等の引越しエアコン取付業務
金庫など重量物の移転自動車
オートバイの陸送
自動車買取
一時預かり斡旋(トランクルーム)
家電買取
不用品買取
粗大ゴミ処理
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
本社所在地 〒114-0023 東京都北区滝野川7丁目6-11笹原ビル 2F