なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

第52回(公社)東京都柔道整復師会 柔道大会

注意事項

第52回 柔道大会 連絡事項

第52回柔道大会における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン

 1大会開催について 会場に入館できるのは選手団【選手・監督・コーチ(少年柔道のみ)】・審判員・日整役員・
   委員係員・学生補助員のみとする(無観客開催)。

 

  開閉会式・表彰式等はできる限り簡略化する。

 

  全ての入場者は常時マスクを着用する。

  ※選手も競技中以外はマスクを着用する。

 

2体調管理について 選手団・審判員・日整役員・委員係員・学生補助員などすべての参加予定者は入場時に検温
  等の入場チェックを実施し、事前に配布された2週間前からの健康管理表を、当日入場時に提出する。

 

  ※大会当日、健康記録表の提出がない者の入場を許可しない。また、健康記録表に異常(発熱や有症状)が
     ある場合や以下の場合には入場を断る。

    ア 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)

    イ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合

    ウ 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当                在住者との濃厚接触がある場合

 

     ※発熱の基準は、37.0 度以上とする。ただし、平熱が 37 度前後の場合は、平熱+0.5 度までは参加を
        認める。平熱は直前 2 週間の平均値とする。

 

     選手の試合参加の入場プロトコールは以下のようになります。

 

<選手の試合参加の入場プロトコール>

 

内容

   試合参加

1,健康記録表や誓約書を提出しない     ×(不可)

2,試合や計量当日に発熱(37.0 度以上)や諸症状がある   ×(不可)

3,試合前 2 週間のうち、最初の 1 週間で連続する 3 日以上の発熱(37 度以上)や諸症状があった    ×(不可)

4,試合・計量 3 日前から発熱(37 度以上)や諸症状がある(あった)   ×(不可)

5,試合前 2 週間のうち、最初の 1 週間で連続した 2 日以内の発熱(37.0度以上)や諸症状があった    〇(可)

6,試合前 2 週間のうち、後半の1週間で 4 日前までの 1 日だけに発熱(37.0 度以上)や諸症状があった
    〇(可)

 出場チームにおいては、選手が一人でも有症状のために試合参加不可となった場合、試合出場は原則不可と判断する。 

第52回 東京都柔道整復師会柔道大会に来場される皆様へ

本大会はコロナ禍のなか開催される全国大会です。柔道は3密を避けられない競技です。大会で感染者が発生しないよう以下の注意事項をよくご理解いただき、実行していただくようお願い申し上げます。

 

1.顔を触れる前に必ず手指衛生を

ウイルスは目と鼻、口から体内に侵入します。咳やくしゃみによる 飛沫感染だけでなく、手指を介した接触感染も問題です。人は1時間に20 回以上顔を触るとされています。こまめに流水と石鹼による手洗いやアルコール消毒を心掛けてください。

 

2.「3密」をさける

新型コロナウイルスの潜伏期間(発生するまでの期間)は最長で2週間と言われています。大会2週間前から不要不急の外出は極力自粛し、3密となりやすい飲食店などの利用は控えてください。

 

3.大会の2週間前から体調チェックのお願い

11月8日から毎日の検温をお願いします。体温と健康状態を「健康管理表」にご記入いただき、当日、お持ちください。当日会場で行う検温や「健康管理表」で症状があった場合は入場できないこともあります。

 また、「健康管理表」をご提出いただけない場合も入場をお断りいたします。

 

 

第52回 (公社)東京都柔道整復師会柔道大会 大会会長

少年道場対抗試合へ出場される皆様へ

8:30受け付け (受け付け終了9:00)
*注意:講道館前の混雑を避けるため、集合時間よりも早く来過ぎない様にしてください。
 
1階エントランスにて係員の指示に従い、1道場ごとに入館。階段を使って4階へ移動。
4階にて検温・消毒を済ませ受け付けへ

↓ 4階カウンター前で受付。(プログラムの配布) 健康観察表・同行者体調記録表を提出

○受付後の流れ 4階更衣室で着替え。
★短時間で済ませるために、着替えやすい格好で来ることを推奨する。 
 
↓ 荷物、クツ袋を持って移動。(この日は常に荷物を全て持っての移動となります。)
  
↓ 8階観客席へ。 
荷物を所定の場所へ置き、監督・選手は6階学校道場へ、引率者はそのまま8階で待機。
・アップ会場:6階学校道場。(9:00まで) 
 
↓ アップ終了後、非常階段を使用して8階観客席に移動。

・トーナメント戦は、各試合場5試合目までの選手が大道場で待機。6試合目以降の選手は、8階観客席から自分の試合場の進行を確認しながら、移動。その際は荷物を全て持ってくる。  
*勝者:内階段を使用し、6階の学校道場または国際道場に移動する。(待機・アップ場所)敗者:内階段を使用して6階に移動。学校引率の場合は顧問の先生の指示に従う。保護者引率または引率者とともに帰宅できる生徒はそのまま4階へ移動し、更衣室で着替えを済ませ、帰宅する。 
・決勝リーグは全ての選手が大道場で待機する。  
→8階には決勝リーグに進出した生徒の保護者引率者と、学校引率で待機している生徒のみとなる。選手は試合中および試合直後やアップ中など、呼気が整っていないとき以外は常時マスクを着用する。監督、外部指導者、保護者および係生徒は原則マスクを着用する

形競技会へ出場される皆様へ

10:00受け付け (受け付け終了10:30)
*注意:講道館前の混雑を避けるため、集合時間よりも早く来過ぎない様にしてください。
 
1階エントランスにて係員の指示に従い、1道場ごとに入館。階段を使って4階へ移動。
4階にて検温・消毒を済ませ受け付けへ

↓ 4階カウンター前で受付。(プログラムの配布) 健康観察表・同行者体調記録表を提出

○受付後の流れ 4階更衣室で着替え。
★短時間で済ませるために、着替えやすい格好で来ることを推奨する。 
 
↓ 荷物、クツ袋を持って移動。(この日は常に荷物を全て持っての移動となります。)
  
↓ 8階観客席へ。 
荷物を所定の場所へ置き、監督・選手は6階学校道場へ、引率者はそのまま8階で待機。
・アップ会場:6階学校道場。(10:30まで) 
 
↓ アップ終了後、非常階段を使用して8階観客席に移動。

・トーナメント戦は、各試合場5試合目までの選手が大道場で待機。6試合目以降の選手は、8階観客席から自分の試合場の進行を確認しながら、移動。その際は荷物を全て持ってくる。  
*勝者:内階段を使用し、6階の学校道場または国際道場に移動する。(待機・アップ場所)敗者:内階段を使用して6階に移動。学校引率の場合は顧問の先生の指示に従う。保護者引率または引率者とともに帰宅できる生徒はそのまま4階へ移動し、更衣室で着替えを済ませ、帰宅する。 
・決勝リーグは全ての選手が大道場で待機する。  
→8階には決勝リーグに進出した生徒の保護者引率者と、学校引率で待機している生徒のみとなる。選手は試合中および試合直後やアップ中など、呼気が整っていないとき以外は常時マスクを着用する。監督、外部指導者、保護者および係生徒は原則マスクを着用する

中学校対抗試合へ出場される皆様へ

10:30受け付け (受け付け終了11:00)
*注意:講道館前の混雑を避けるため、集合時間よりも早く来過ぎない様にしてください。
 
1階エントランスにて係員の指示に従い、1道場ごとに入館。階段を使って4階へ移動。
4階にて検温・消毒を済ませ受け付けへ

↓ 4階カウンター前で受付。(プログラムの配布) 健康観察表・同行者体調記録表を提出

○受付後の流れ 4階更衣室で着替え。
★短時間で済ませるために、着替えやすい格好で来ることを推奨する。 
 
↓ 荷物、クツ袋を持って移動。(この日は常に荷物を全て持っての移動となります。)
  
↓ 8階観客席へ。 
荷物を所定の場所へ置き、監督・選手は6階学校道場へ、引率者はそのまま8階で待機。
・アップ会場:6階学校道場。(11:00まで) 
 
↓ アップ終了後、非常階段を使用して8階観客席に移動。

・トーナメント戦は、各試合場5試合目までの選手が大道場で待機。6試合目以降の選手は、8階観客席から自分の試合場の進行を確認しながら、移動。その際は荷物を全て持ってくる。  
*勝者:内階段を使用し、6階の学校道場または国際道場に移動する。(待機・アップ場所)敗者:内階段を使用して6階に移動。学校引率の場合は顧問の先生の指示に従う。保護者引率または引率者とともに帰宅できる生徒はそのまま4階へ移動し、更衣室で着替えを済ませ、帰宅する。 
・決勝リーグは全ての選手が大道場で待機する。  
→8階には決勝リーグに進出した生徒の保護者引率者と、学校引率で待機している生徒のみとなる。選手は試合中および試合直後やアップ中など、呼気が整っていないとき以外は常時マスクを着用する。監督、外部指導者、保護者および係生徒は原則マスクを着用する

見出し

講道館入場方法について
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
講道館座席表
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

お問い合わせ

(公社)東京都柔道整復師 学術・事業運営部
mail tjsjigyoubu@gmail.com