宇治市の住環境や
おすすめの注文住宅会社

京都は有名な観光地ですが「暮らしやすさ」に不安視する人もいるでしょう。観光客が多いことで治安が悪い、というイメージを持っている人もいるからです。今回は宇治市の住環境やおすすめの注文住宅会社について紹介していきましょう。

宇治市の住環境とは?

宇治市の住環境にはどのようなものがあるのでしょうか? これから宇治市で注文住宅を建てようと考えている人はどのような環境なのかを参考にしてみてください。

 ・閑静な住宅街

京都は観光地なので騒がしいイメージを持つ人もいます。しかし、宇治市は閑静な住宅街が多いのでどちらかと言えば静かな雰囲気の方が強いです。そのため、観光地特有の騒がしさが苦手な人でも安心して暮らすことができます。

 ・買い物施設が多い

宇治市は買い物ができる場所が多くあります。そのため、生活に置いて買い物で不便さを感じることはありません。わざわざ市外に出なくてもほとんどのものを宇治市で揃えられます。

 ・自然が多い

宇治市は自然が多いエリアとして知られています。川などもあり、子育て環境としても良い場所であることが伺えます。閑静な住宅街が広がっていますが、観光地としても評判が良いので場所によっては賑やかさを感じることもできます。

注文住宅で「失敗」と感じた時とは?

すべての注文住宅が「成功」ではありません。注文住宅を建てた人の中には失敗だったと感じる人もいるのです。こちらでは、どのような部分で失敗だったのかを見ていきましょう。

 ・メンテナンスがしにくい

建物の外観にばかりこだわった人は「メンテナンスのしづらさ」で後悔する人が多いです。かっこいい建物というのは誰にとっても憧れではありますが、実用性やメンテナンスのしづらさなどを考えるとあまり実行できないものなのです。

 ・暖房が効かない

リビングを吹き抜けにすることで開放感を出すことができます。しかし、それは冷暖房が効きにくくなるということにも繋がるのです。吹き抜けにすることで一般の冷暖房では聞きにくくなり、業務用を設置する人もいます。ただ、業務用を設置するとコストが高くなるなどのデメリットもあるようです。

 ・希望通りの家が建てられない

京都は景観を守るために自由な家を建てられないエリアがあります。簡単に言えば「京都にそぐわない洋風の家」は建てられない場所があるということです。そういったことを失念して土地を選んだことによって理想の注文住宅にならなかった人もいます。

注文住宅会社の選び方

こちらでは、注文住宅会社の選び方について見ていきましょう。理想の注文住宅にするためにもどんな選び方のポイントがあるのかを知っておいてください。

 ・施工実績

先述したように京都は景観の問題から住宅に関する規制がかかっているところがあります。施工実績が高ければ、規制に関するアドバイスなどもしてくれるのでおすすめです。施工実績が豊富じゃないと、規制などについて失念している業者もあります。

 ・評判

実際に建てた人の評価を参考にするのも有効です。住宅会社によっては「お客様の声」をしっかり公開しているところもあります。実際にお客様から頂いた意見などをそのままアンケート用紙ごと公開しているところもあるので、信頼性は高いでしょう。

 ・自由度

どれだけ理想の注文住宅に近づけられるかどうかも注目してください。会社によっては注文住宅の自由度が異なる場合があります。理想を明確にして、得意とする住宅会社を選ぶようにしましょう。

宇治市でおすすめの注文住宅会社

宇治市にはさまざまな住宅会社があります。こちらでは、実績豊富であること、口コミ標葉が高いなどさまざまなポイントを持つ会社について見ていきましょう。

 ・ツキデ工務店

創業40年を超える会社であり、無垢材の温もりに特化した家を建ててくれます。太陽熱を再利用した健康的な住宅にも定評があり、将来性を見据えた家造りをしてくれるので年月が経っても快適な暮らしがあります。

 ・穂高住販

不動産会社センチュリー21の加盟店であり、土地探しからサポートしてくれる会社です。土地選びから任せることができるだけではなく、省エネ住宅などにも特化しています。

 ・平和住宅建設

一級建築士がライフスタイルに合わせたデザインをしてくれる会社です。ライフスタイルに合わせた提案をしてくれることで、それぞれの暮らしやすさに特化しています。理想のマイホームを実現してくれる会社です。

宇治市の注文住宅会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

宇治市は閑静な住宅街が多いことから子育て世代にも人気があります。
住宅会社も数多くあるのでそれぞれの理想に合わせたマイホームを建てることができます。
住宅会社を選ぶ際はしっかり自分たちの理想とマッチしているかどうかを
比較してから決めるようにしましょう。