RAPPORT HAIR

女性雇用の創出を実現した社会貢献FC美容室

女性の雇用問題をご存知ですか?

働きたいという思いがありながらも、子育て女性のニーズに答える労働環境を                 提供出来る企業が少ないという現実があります。

女性の継続就業割合

日本の現状では、女性が出産後に就業を継続する割合が低い事がわかります。

これらの理由として、「日数、時間、場所など家庭と両立できる仕事が少ない」「子どもの預け先がない」という理由があります。

では、それらの問題をどう解決したのか?


ラポールへアでは、保育士常駐の無料託児スペースを設けることで、「子供の預け先がない」という問題をクリア!
そして、フレキシブルな雇用形態を取る事で、「日数、時間、等の家庭との両立が出来る仕事がない」という問題をクリアしました!

無料託児スペース

このように、保育士常駐の無料託児スペースが設けられているため、安心して仕事に取り組むことが可能です。

RAPPORT HAIR

CONCEPT

美容室の多くは、若者向け、高価格帯・高付加価値、駅前・都心出店型。 ラポールヘアは全く異なった戦略をとります。 ヘアサロンの売上構成比の約6割を占める40代以上をメインターゲットとし、中規模の商業施設を中心に出店している、「予約なしで、買い物ついでに気軽に行ける」低価格帯の美容室です。


RAPPORT HAIRの優れた事業戦略

差別化されたターゲット戦略
低価格でのサービス提供
出店立地の優位性
託児所併設型の店舗展開
出店立地の優位性

1

差別化されたターゲット戦略

サロンでの年間使用金額は、40代~60代で実に全体の6割を占めている。そして、少子高齢化社会の日本においては今後も40代~60代の層が増えていくことが予想できる。
そう考えると十分にポテンシャルが高いと言える。

2

低価格でのサービス提供

低価格で基本施術を済ませたいという顧客ニーズを捉え、メニューやサービスを簡素化した、一般・シニア層向けの低価格サロンであり、高度な技術提供が不要であるため、スタッフの研修も容易である。そのため、マネジメントがしやすいサロンであり、運営リスクが軽減されている。

3

出店立地の優位性

一般的なサロンは都市部出店型であるため、競合他社との競争が激しく、地代家賃も高い。総じて出店リスクが高い。
しかし、ラポールヘアは地方、ローカルエリア出店型であり、シニアの多い地方都市、ローカルエリアこそが好立地条件となる。
また、地方の商業施設は空き区画が多くテナント出店に苦慮しているため、経済的にも好条件での物件開発が可能。出店立地面での経営上のメリットが大きい。

4

託児所併設型の店舗展開

託児所併設によるママさん美容師の確保が容易であるため、スタッフ確保に困らず、人材雇用の安定化を実現。また、ママさん美容師は基本的にベテラン美容師であるため技術研修が不要であると同時にマネジメントの容易さを実現できる。

また、美容業界では、自分より10歳ほど若い美容師にカットしてもらうのが安心と言われている。そのため、ママさん美容師に最適な労働環境を提供することにより、メインターゲットに合わせた人材配備が可能となり、ターゲットであるシニア層に喜ばれるサービス提供が可能である。

1

差別化されたターゲット戦略

サロンでの年間使用金額は、40代~60代で実に全体の6割を占めている。そして、少子高齢化社会の日本においては今後も40代~60代の層が増えていくことが予想できる。
そう考えると十分にポテンシャルが高いと言える。

ラポールヘアは

共働き世帯がますます増加傾向にある時代に働く女性を支援し

地域の雇用を創出する社会貢献事業です。

「地域社会での雇用を創出したい」

「地域社会の発展に貢献したい」

という思いを持たれている方、是非お問い合わせください。