住宅ローンが払えないとき
どうすべきなのか?

すでにマイホームを持っている方は、何らかの原因で住宅ローンが払えない事態を心配していませんか?正しい知識を身につけておけば、万が一のときでも対処できます。どう対処すべきか紹介します。

住宅ローンが払えない原因

・リストラされた

今まで会社員として働いていた方でも、いつリストラされるかわからない時代になってきました。リストラを避けられても、収入減で住宅ローンが払えない方もいるでしょう。また転職による収入減や、病気で働けないなどの理由でも、住宅ローンが払えないリスクがあります。

 

・出費が増えた

住宅ローンを利用している人の中には、子育てや車購入などで新たなローンを組む方もいるでしょう。借金が増えれば、それだけ家計への負担が増します。また出費が増える原因は、物価の上昇も考えられるでしょう。食料品の値段が上がれば、家計の負担が増します。

 

・無計画なローン計画

そもそも住宅ローンを組んだ際に無計画だと、後々苦しむことになります。住宅ローンは収入に対して20%以内が適切だといわれています。所得に対し多くの返済があれば、いつか生活は破綻してしまうでしょう。出費が多くなる時期で返済が滞る方も少なくありません。

住宅ローンを払えないときにやる対策

・金融機関に相談する

一時的な収入減で住宅ローンが支払えないなら、すぐに金融機関へ相談しましょう。1回や2回の返済ができないくらいなら、利息のみの返済に留め待ってくれることがあります。病気などで住宅ローンを返済できない理由がある場合は、金融機関に相談してください。

 

・借り換えを検討する

住宅ローンの金利が高い場合は、借り換えで返済額の負担が軽くなります。低金利時代に入った現代では、借り換えで月々数千円から数万円安くなる方もいるでしょう。借り換えは手数料も必要となってくるため、負担が軽くなるかシミュレーションするのが大切です。

 

・任意売却する

競売にかけられると安い金額で売却されてしまいます。事前に任意売却すれば、競売に比べ高値で売れやすいでしょう。少しでも高く物件を売るために、早めの行動をしてください。物件が高く売れないと、住宅ローンの返済だけが残る場合もあります。

ローン返済を放置するときの流れ

・催促状が届く

住宅ローンの支払いをそのまま放置すると、金融機関から支払いの督促状が届きます。滞納している分を支払ってほしいという内容です。いつまで支払えばいいのか記載されているため、よく確認しておくようにしましょう。

 

・任意売却の案内

督促状が届いても支払いできない場合は、任意売却が勧められるケースが多いようです。金融機関としても少しでも高く売却してもらい、滞納した金額を返済してもらいたいためです。

 

・保証会社に債権回収が移る

住宅ローンを支払わないでいると、債権回収が保証会社に移ります。保証会社に移ると、金融機関は関与しません。この段階で債務を一括で支払うよう督促状が届きます。支払うことができなければ、保証会社が競売にかける手続きを開始します。

次のような方は注意が必要

・フルローンを組んでいる

住宅購入時に頭金を入れず、フルローンにしている方は注意が必要です。フルローンはそれだけ毎月の返済額が大きくなりやすく、生活を圧迫します。少しでも頭金を入れている方の多くは、返済計画をきちんと立てていることが多いようです。

 

・返済が定年後まで続く

住宅ローン返済期間が、定年後まで続く方は注意しましょう。本来、定年後まで住宅ローンの支払いが続くような借り方はできません。しかし何らかの事情で組むことができる場合があります。自営業で仕事を続ける可能性がある方や、住宅販売会社と金融機関が提携し特別に組める場合もあるようです。

支払いが滞る人が確認したいこと

・すぐに退去にはならない

最終的に競売になると、立ち退き命令が出ます。しかし立ち退き命令が出たとしても、すぐに退去しない方もいるようです。次の家が見つからず退去が難しければ、そのまま住み続けることになるでしょう。住人が住む権利は大きく、多少の期間は猶予が認められる場合があります。

 

・金融機関は家を売らない

支払いが滞ったとしても、金融機関が勝手に家を売ることはありません。家を競売にかけるのは、あくまでも債権回収業者です。住宅ローンは保証会社が入っているため、保証会社が競売をかけることになります。

 

・半年が猶予

金融機関の対応によっても異なりますが、半年ほどで返済の猶予が来る場合が多いようです。悪質だと判断されれば、中には3ヶ月くらいで競売という例もあります。早ければ4ヶ月後には退去が必要です。

住宅ローンが払えない方は、下記の情報もご覧ください。

まとめ

多くの方は、住宅ローンは問題なく支払えると思っています。
しかしローンを組んだ当初と事情が変わってしまえば、滞納もあり得るでしょう。
滞納しそうになったら、すぐに金融機関に相談してください。
その後の対処方法も知っておくと、最悪の自体を避けられるでしょう。