不動産管理システムの
メリットやデメリットは?
おすすめのソフトについて

不動産業務の手助けをしてくれるもの、それが不動産管理システムです。しかし、不動産管理システムと言ってもさまざまなものがあります。今回はどんな機能を持っているのかを紹介していきます。それと合わせてメリットやデメリットもあわせて見ていきましょう。

不動産管理システムの機能

不動産管理システムにはどんな機能があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。こちらでは、一般的な不動産管理システムの機能について見ていきましょう。

 ・賃貸物件管理

賃貸物件管理と言っても、さまざまなものがあります。すべてをスタッフだけで行っているととてもではありませんが手が足りません。そのため、契約や更新、解約などの事務業務をサポートする機能も搭載されています。

 ・不動産販売管理

不動産販売管理も多くのものがあります。事業計画管理や中古管理、物件管理など戸建てや分譲マンションだけではなく、店舗に関する管理などもしっかりサポートしてくれる機能が搭載されています。

 ・ホームページ管理

不動産会社は自社のホームページを作成しているところがほとんどです。インターネット社会になっている今、企業にとってホームページは欠かせないものとなっています。不動産管理システムにはホームページを管理するものもあります。不動産業界に特化した機能が多く搭載されているのでおすすめです。

不動産管理システムのメリット

こちらでは、不動産管理システムを導入するメリットについて見ていきましょう。どのようなメリットがあるかを知ることで導入のキッカケになるのではないでしょうか。

 紛失がなくなる

不動産管理システムにはデータを安全に保管する機能が搭載されているものもあります。書類やデータは紛失の恐れがあります。不動産に携わる者として書類などの紛失は決してあってはいけません。サーバー上にソフトウェアが存在する管理システムを導入することで、書類やデータ紛失のリスクを失くすことができます。

 ・引継ぎが簡略化できる

不動産会社のスタッフと言っても、ずっと同じ人が担当でいるわけではありません。場合によっては担当がすぐに変更になることもあるでしょう。不動産管理システムを導入することで、次の担当への引継ぎが比較的簡単に行えるようになるのです。

 ・データ管理がやりやすい

繁忙期の場合、データ管理も手間がかかります。多忙であることから些細なミスを起こす可能性もあるのです。しかし、不動産管理システムはデータの一元管理ができるのでデータ管理が行いやすいのです。

不動産管理システムのデメリット

不動産管理システムにはさまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・作業効率が落ちる

不動産管理システムを導入したすぐは不慣れなこともあり、一時的に作業効率が落ちる傾向があります。すべての会社の効率が落ちるわけではありませんが、導入直後は上手く扱えずに時間がかかってしまうという意見も少なくありません。

 ・費用がかかる

当然ながら不動産管理システムを導入するためには費用がかかります。初期費用だけではなく、毎月の使用料などがかかるシステムも珍しくありません。

 ・自社に合わない場合もある

不動産管理システムと言っても、多種多様です。不動産業でも賃貸メインの場合と売買メインの場合では求める機能も異なってきます。そのため、慎重に見極めないと自社に合わないシステムを導入することになりかねません。

おすすめの不動産管理システムとは?

こちらでは、おすすめの不動産管理システムについて見ていきましょう。これから不動産管理システムを導入する企業は候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

 ・マルチユース V3

売買仲介専門のサービス提供システムとして有名です。100種類ほどの機能の中から必要なものだけを選んで実装できるので無駄を省いたシステム導入が可能です。

 ・賃貸革命

名前の通り賃貸物件管理に特化した不動産管理システムです。柔軟対応やデータ入力など細かな気配りのような機能が多く搭載されています。コストパフォーマンスの良さにも定評があるシステムです。

 ・みらいえ

人工知能とオープンデータを併用したシステムです。そのため入力作業の7割をオートで行えると言われています。学習サジェスト機能が搭載されているので顧客の成約率のアップなども見込めるシステムです。

不動産管理システムについて他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

不動産管理システムはさまざまな部門に特化したものがあります。
そのため、安易な選び方をするのではなく
本当に自社に必要なものを選んで導入するようにしてください。
事前にどんな機能を求めているか明確にすることで選びやすくなります。